• 「カラーリングの頻度はどのぐらいが良いの?」
  • 「パーマの後は最低どれぐらい期間をあけたら、カラーリングしてもいいの?」
  • 「縮毛矯正(ストレートパーマ)後のカラーリングは、どれぐらい間隔をあければいいですか?」
  • 「セルフカラーで失敗したんですが、すぐにやり直しても大丈夫ですか?」

など「カラーリングの頻度・間隔・期間に関すること」で、一度は悩んだ経験がありませんか。

人によって、

  • 髪の伸びる早さが違ったり
  • 白髪のあるなし
  • プリン状態が気になるスピード
  • ヘアカラーの種類
  • サロンカラーなのかセルフカラーなのか
  • パーマや縮毛矯正など、その他の施術との兼ね合わせ
  • カラーリング方法

などによって、再び髪の毛を染める間隔は様々です。

 

今回は「他のみんなはどの様にしてるのか?」平均的な傾向を参考にしながら、 目安となる頻度や対策について考えてみましょう。

統計はスタジオ・ココのお客様の傾向からですが、

  • だいたいどこの美容室でも
  • どこの地域でも

同じような感じになると思います。

目次

髪型で迷ったらこの記事をチェック

男性女性 それぞれのヘアカタログ

他のみんなはどうしてる? 「カラーリングの平均的な間隔・頻度」と「理想的な目安期間」

おしゃれ染めの場合の頻度と目安期間

根元のプリン状態が気になるの早い人

根元のプリン状態が気になるのが早い人は、だいたい3週間ぐらいの頻度で染めています。

髪のダメージが蓄積していくので、気になるのが早い場合でも理想的には月1回ぐらいがおすすめです。

3週間ペースで染めたい場合は、気になる「分け目、顔周り、つむじ」などの部分的なリタッチ染めを合間に挟むと、ダメージを減らせるのでいいですね。

 

プリン状態があまり気にならない人

根元のプリン状態があまり気にならない人は、大体3~4ヶ月ぐらいの期間で染め直す方が多いと思います。

白髪がないおしゃれ染めの場合は、これぐらいの間隔が理想的だと思います。

根元に少し黒い部分があった方が、髪型に奥行きが出て立体感のあるヘアスタイルになるからです。

その際はプリン状態が気にならない塗り方「バレイヤージュ」という方法もありますので、そういった塗り方をするのも、伸びてきた時の髪が馴染むのでいいですね。(サロンカラーの場合)

 

ブリーチ金髪毛や茶髪など、髪が明るい人

ブリーチしている金髪毛や茶髪ぐらいの明るい色だと、根元のプリン状態が気になりやすい傾向があります。

おしゃれ染めの場合でも、だいたい1ヶ月ぐらいの頻度でカラーリングされる方が多いです。

ブリーチや明るいカラー剤は髪の毛の痛みが大きい施術になりますので、理想的な目安としては、2ヶ月~3ヶ月ぐらいの期間を空けられるとベストです。

しかし、どうしても気になりやすい場合は、1ヶ月間隔ぐらいで根元のみのリタッチ染めをしておいて、毛先は退色して色褪せていると思うので、

  • カラーバター
  • カラートリートメント
  • カラーシャンプー
  • 紫シャンプー

などを使って、セルフで全体染めをするといいですよ。

これらのヘアカラーは髪が痛まないので、全体染めや退色防止に使用するには最適です。

⇒ 退色時の髪の黄ばみを落とす「紫シャンプー」が超簡単で、セルフケアにピッタリです。

 

髪の色が暗いおしゃれ染めの人

髪の色が暗いとプリン状態が目立ちにくくなりますので、平均的なカラーリング頻度は2~3ヶ月ぐらいの方が多いです。

理想的な目安もだいたいそれぐらいです。

もし気にならないのなら、おしゃれ染めの場合だったら3ヶ月~4ヶ月間隔でも大丈夫ですよ。

 

白髪染めの場合の間隔と目安期間

白髪が出始めた「初期の白髪」の場合(0~10%)

白髪が出始めた初期の頃は、まだおしゃれ染めをしていると思います。

白髪が少し気になりつつも、2~3ヶ月ぐらいの頻度が平均的だと思います。

カラーリングの理想的な目安もそれぐらいですので、そのままを維持すると良いでしょう。

 

白髪がチラホラ増えてきた場合(20~40%)

少しカラーリングの頻度が増えて、1ヶ月半~2ヶ月ぐらいが平均的です。

理想的な目安もそれぐらいで大丈夫ですので、そのままを維持すると良いでしょう。

 

白髪が多くある場合(50%以上)

白髪が多くなればなるほど気になりやすいので、カラーリングの頻度が高くなって、3週間~1ヶ月が平均的になります。

月1回ぐらいのペースがおすすめですが、3週間に1回間隔で染めたい場合は、

美容室の間隔を少し長めに設定して、その合間にセルフカラーで気になる「分け目、顔周り、つむじ」などの部分的なリタッチ染めをすると、髪やお肌のダメージを減らせるのでいいですね。

セルフカラーには、

などが髪をダメージさせないのでおすすめです。

またサロンカラーの場合でしたら、髪を痛めずに白髪もしっかりカバーできる「香草カラーMD」というメニューがあります

 

白髪染めの場合はおしゃれ染めの場合と違って、カラーリングの頻度・間隔が早くなる傾向にあります。

サロンカラーの合間にセルフカラーを行ったり、部分のリタッチ染めを行ったり、ワンポイント工夫を入れると、髪のダメージを減らしつつキレイな状態を保てる様になります。

どういうふうに工夫すれば良いか分からない場合は、いつも行っている美容室の担当美容師さんに聞くといいですよ。

きっと良いアドバイスをしてくれると思います。

 

それぞれのケースで理想的なカラーリングとの付き合い方を考えてみる

第一印象が大事!見かけを最優先する場合

気になるのが早い人は、月1回の頻度でサロンカラーを行なう。

セルフカラーの場合は月1回の部分リタッチ染めを行い、3ヶ月に1度は美容室のカラーリングで全体をキレイに整える。

そこまで気にならない人は、3ヶ月に1度のサロンカラーのみでOK。

 

カラーリングのダメージを抑えたい場合

◆美容室でおしゃれ染めする場合は3ヶ月に1度でOK。その場合もリタッチ染めを行い、毛先の退色が見られた場合のみ全体染めを行なう。

◆セルフカラーでおしゃれ染めする場合は、基本的にはカラーリング間隔をあけ気味にしておいて、リタッチ染めを行いましょう。毛先の退色がある場合は「カラーバター、カラートリートメント、カラーシャンプー、紫シャンプー」で全体染めを行います。

◆美容室で白髪染めする場合だと「ヘナ、ヘアマニキュア、香草カラーMD」といった髪が痛まないメニューにする。

◆白髪染めセルフカラーの場合は「ヘナ、ヘアマニキュア、カラートリートメント」を使用する。

 

【スタジオ・ココの痛まない白髪染めメニュー】

■天然100% ヘナ&ハーブカラー ・・・ ハーブからの天然色素で染める化学的なものを一切使用しないヘアカラー。

■香草カラー 色葉(いろは) ・・・ 天然100%ヘナタイプよりも早く染まって、ジアミンアレルギーの人でも染められる「化粧品染料配合のヘナ」

■香草カラーMD ・・・ ジアミン染料を使用して、しっかり早く染まって色も長持ちする、痛まない白髪染めメニュー。

ヘアカラーの頻度・間隔・最低期間について「よくある質問」

美容室の合間に市販カラーでセルフリタッチ染めしています。おすすめの間隔ってありますか?

市販カラーといっても美容室で使用しているヘアカラーと仕組みは同じです。(ヘアカラー剤の優しさ、素材のこだわりが違う)

泡カラーなど色落ちしやすいヘアカラーもありますが、基本的には、上記の『他のみんなはどうしてる? 「カラーリングの平均的な頻度・間隔」と「髪の毛の状態に合わせた理想的な目安期間」』を参考にするといいですよ。

染め直ししたい間隔は人それぞれの状況、

  • 髪の明るさ
  • 白髪の有り無し
  • 個人個人の気になるスピードの違い

など様々です。

染める間隔が短くなればなるほどお肌や髪のトラブルにもなりやすいので、上記の注意事項・アドバイスを参考にセルフカラーするようにしてください。

ヘアマニキュアで染める間隔はどれぐらいを目安にすればいいですか?

ヘアマニキュアは白髪染めに使用することがほどんどだと思いますので、「白髪染めケース」でお答えします。

市販のヘアマニキュアと美容室でのヘアマニキュアを比較すると、市販の方が早く色落ちしやすい傾向があります。

セルフカラーする際はその分目安期間を差し引いて考えてください。

  • 初期の白髪:3ヶ月前後
  • 白髪が増えてきた状態:1ヶ月半~2ヶ月を目安に
  • 白髪が多くある場合:3週間~1ヶ月ぐらいを目安に

 

ヘアマニキュアのメリットとして「髪が痛まない」ということがあります。

なので、白髪が多くなって気になるスピードが早くなっても、お好きなタイミングで染めても特に問題はありません。

その辺は市販カラー(アルカリカラー剤)と比べて使用しやすいと思います。

⇒ 市販ヘアマニキュアのおすすめ、使い方・コツ等についてはこちらをご覧ください。

カラートリートメントでリタッチ染めする頻度はどれぐらいがいいですか?

カラートリートメントは2通りの染め方があります。

  • シャンプー後にお風呂で染めるやり方
  • お風呂に入る前の乾いた髪に染めるやり方

 

シャンプー後にお風呂で染めるやり方は、置き時間が短く、簡単手軽ということが特徴です。

その分染まりが弱いのでカラーリング頻度を高めに、多くの回数を染めるようになります。

染める1回1回の労力は少ないが、カラーリング回数の負担が高くなります。(使用回数が多くなるので、コストの負担も大きくなる)

 

逆に、お風呂に入る前の乾いた髪に染めるやり方は、染める時間を長く置いて、1回でしっかり染めようという方法です。

放置時間が長いため1回の労力は増えますが、カラーリング頻度とコストを減らせます。

 

⇒ 白髪染めカラートリートメントたった一回でしっかり染める上手な使用方法・コツ

どちらの方法がいいのかは人それぞれだと思います。

それぞれの場合のおすすめの頻度と目安を書いておきますので、お好きな方で試してみてください。

 

シャンプー後に使用する方法

初期の白髪~白髪が多くある場合まで、使用頻度はほとんど同じです。

⇒ 最初3回は毎日、もしくは間隔を詰めてカラーリングを行い、その後は週一間隔で染め続けるという方法がベストです。

 

乾いた髪に塗布する方法

(※放置時間の長さによって染まり具合や色持ちが大きく変わるので、ここでは2時間の放置時間で染めた場合をご説明します。)

  • 初期の白髪~そこそこ白髪ある状態まで:1ヶ月~1ヶ月半ぐらいを目安に
  • 白髪が多くある場合:3週間~1ヶ月ぐらいを目安に

カラートリートメントもヘアマニキュアと同じ様に「髪が痛まない」というメリットがあります。

もし白髪が気になるようでしたら、週一間隔で染めても特に問題はありません。

染める手間が面倒でなければ、お好きなタイミングで染めることができます。

 

⇒ 市販通販の中からおすすめできる白髪染めカラートリートメントをご紹介します。

ヘナ染めをどれぐらいの頻度で染めればいいのか目安を教えてください。

ヘナの一番多い使用パターン「白髪染めケース」でお答えします。

ヘナもカラートリートメントの様に放置時間をどれぐらい置くかで「染まりの良さ」「色持ちの良さ」が変わってきます。

ここでは2時間の放置時間で染めた場合でお答えします。

  • 初期の白髪:3ヶ月前後を目安に
  • 白髪が増えてきた状態:1ヶ月半~2ヶ月を目安に
  • 白髪が多くある場合:3週間~1ヶ月ぐらいを目安に

ヘナも「髪が痛まない」というメリットがありますので、白髪が多くなって気になるスピードが早くなった場合も、お好きなタイミングで染めても特に問題はありません。

⇒ どんなヘナを使えば良いのか分からない場合は、こちらの記事が参考になります。

 

白髪が気になるので週一間隔で染めてます・・・大丈夫ですか?

「ヘナ、ヘアマニキュア、カラートリートメント」でカラーリングをしている場合は特に問題はありませんが、もしアルカリカラー剤で1週間間隔で白髪染めをしている場合は、アレルギー、カブレ、ダメージなどの問題が起こりやすくなるのでおすすめしません。

「ヘナ、ヘアマニキュア、カラートリートメント」で週一リタッチ染めを行い、月一ぐらいでアルカリカラー剤を使用する方が良いと思います。

男性(メンズヘア)の場合/女性ショートカットの場合は、染める頻度はどれぐらいがいいですか?

  • 男性の髪型
  • 女性のベリーショート、ショートカット

どちらも髪が短いので、少し早い間隔でカラーリングしてもいいかもしれません。(既染毛との対比の問題)

すでに染めてある既染毛部分が多いほど(髪が長いほど)、根元のプリン状態が気になりにくいと思います。

髪が短いということは、髪が伸びてきたときの黒髪部分(白髪部分)が目立ちやすいということです。

 

メンズヘアや女性ショートでのカラーリング間隔の目安

ブリーチ後のカラーはどれぐらい期間をあければいいですか?

2パターンあります。

1つ目は、日にちをあけずにブリーチ後すぐにカラーリングします。

これは、たとえば、ブリーチしてキレイに色を抜いておいてから、他のカラー剤で色を入れたい場合です。(二度染めケース)

(髪への負担を減らすためにも、2回目のカラーリングには、「おしゃれ染め用のカラートリートメント」を使用することをおすすめします。)

また黒染めをブリーチで除染・脱染した場合、たぶんムラが残っていると思いますので、アルカリカラー剤でもう一度カラーリングを行いムラを調整するケース。

どちらの場合でもブリーチ後は毛髪が過敏に反応するので、説明書の所要時間に頼らないでこまめなチェックを行い、希望通りに染まったら、置き時間が短くても早めのシャンプーすることを心がけてください。

 

2つ目は、最低1週間以上あけて~お好きな間隔で染めるケース。

ブリーチで希望の状態に仕上がった場合は、次のブリーチは1ヶ月半~3ヶ月ぐらいを目安に染め直しするのがおすすめです。(カラーバター、カラートリートメント、カラーシャンプー、紫シャンプーは除外します。これらはブリーチ直後に使用しても大丈夫です。)

これは、あまり間隔を詰めてカラーリングを行なうと、髪やお肌へのダメージが大きくなるという理由が一つ。

もう一つは、カラーリングの間隔をあけすぎてしまうと、ブリーチの場合はムラムラになりやすいので、3ヶ月ぐらいをメドに染め直しましょうということです。

ブリーチはリタッチ染めを中心に行い、全体へのカラーリングには髪をダメージから保護するためにも、

  • カラーバター
  • おしゃれ染め用のカラートリートメント
  • カラーシャンプー
  • 紫シャンプー

を使用することをおすすめします。

黒染めをしました。どれぐらいの期間をあければカラーリングできますか?

黒染めの後の場合は「髪の状態」や「ご希望内容」によって大きく変わってくるので、こちらの記事をご覧ください。

  • 黒染め後に明るく染め直ししたいのか?
  • それとも黒染め後の状態(明るくしないで)白髪染めだけしたいのか?
  • すぐに明るくしたい?すこし待ってもいい?
  • どれぐらい明るくしたい?(金髪/茶髪/地毛より少し明るいぐらいなど)

髪のダメージを考えるならゆっくり明るくする方法がいいけど、待てないなら今すぐに明るくする方法もあります。

詳しくは、記事をご覧ください。

カラーリング失敗したのですが、すぐにやり直ししても大丈夫ですか?

カラーリングしたけどムラになってしまった場合などは、あまりおすすめできませんが、当日にもう一度カラーリングを行なうこともできます。

髪のダメージやお肌の負担が大きいので、

ように心がけてください。

⇒ ヘアカラー剤の残留を減らしてくれるハーブシャンプーはこちらです。

 

当日二度染めの場合は、2回目のヘアカラーが通常よりも染まりやすい状態になっていますので、

  • 説明書の所要時間に頼らないでこまめなチェックを行い、
  • 希望通りに染まったら、置き時間が短くても早めのシャンプーを心がける

ことが大切です。

縮毛矯正やパーマ直後は、最低どれぐらい期間をあけたらカラーリングしてもいいですか?

縮毛矯正やパーマをした後のカラーリングには、最低1週間あけていただくようにお店ではお伝えしています。

その理由としては、施術の影響が落ち着くのに約1週間かかるからです。

1週間もたたずに、たとえば同日に「縮毛矯正とヘアカラー」、もしくは「パーマとヘアカラー」の施術をした場合は、先に施術をした方に影響があります。

(例)

  • 最初に縮毛矯正、後にヘアカラーした場合⇒ 最初の縮毛矯正のかかりや持ちが弱くなるかもしれません。
  • 最初にヘアカラー、後に縮毛矯正した場合⇒ 最初のヘアカラーの色落ちがあります。
  • 最初にパーマ、後にヘアカラーした場合⇒ パーマのかかりや持ちが弱くなるかもしれません。
  • 最初にヘアカラー、後にパーマをした場合⇒ ヘアカラーの色落ちがあります。

エアウェーブやデジタルパーマの後のカラーリングには、どれぐらい期間をあければいいですか?

エアウェーブやデジタルパーマ後のカラーリングも上記の縮毛矯正&パーマ例と同じで、最低1週間あけていただくようにお伝えしています。

理由は同じ様に、エアウェーブやデジタルパーマの影響が落ち着くのに約1週間かかるからです。

まとめ

ヘアカラーの頻度や理想的な間隔の目安は、

  • 髪の長さ
  • 白髪のあるなし
  • 直前の状態
  • ヘアカラーの種類
  • カラーリング方法

などによって様々です。

今回は考えられる様々パターンや、よくある質問をケースにご説明してみました。

カラーリングの間隔で悩んだ時は、ここに書いてあるいずれかのケースに該当する場合が多いと思います。

ご参考になりましたら幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事