ヘアカラー

白髪染め失敗!暗い色を落としたいので、落とし方教えて!

白髪染めの失敗 ⇒ 白髪染め落としへ

「黒染めした後だけど明るく染めたい!」と同じような悩みですね。

白髪染めも黒染めと同じく、濃い色で染まりすぎると真っ黒になってしまいます。地毛と同じ色に仕上げたい場合などは別ですが、失敗して暗くなってしまった時は白髪染めを落としたいと思いますよね。

白髪染めの落とし方としては、「黒染めした後だけど明るく染めたい!」の記事に書いてある3つの方法と同じやり方です。詳しい白髪染め落としのやり方はそちらのページを参考いただくとして、ここでは簡単にだけ説明しておきます。

あわせて読みたい
アルカリカラー剤、ヘアカラー剤
黒染め後に明るくするには? 自分でできる「黒染め落とし」の方法を3つご紹介 就活の時期になると「黒染めしたけど黒髪を維持する必要がなくなったので、黒染め落としてまた明るくしたい」というニーズが増えてきます。無...

 

白髪染め落としの原理

白髪染めした後にもう一度明るくしたい場合は、髪に定着している白髪染めの染料を先に取り除く必要があります。染料を取り除いてからでしたら、いつもの明るい白髪染めでまた染めることができます。

 

白髪染めの落とし方

  • 1日で早く落としたい場合は、ブリーチを使用します。髪の痛みが大きくムラにもなりやすいですが、すぐに明るくできます。(痛みが大きいのであまりおすすめできません。)
  • 1~2ヶ月で徐々に明るくするので良い場合は、アルカリカラー剤を使用します。(明るい白髪染めではなく、おしゃれ染めの明るい色)髪の痛みはブリーチよりは減らすことができ、ムラにもなりにくいです。(まあまあおすすめ)
  • 2~3ヶ月でゆっくりと明るくする場合は、石けんシャンプーを使用します。髪の痛みはほとんどありませんが、思ったよりも明るく仕上がってこないこともあります。どれぐらい明るくなるかは、白髪染めで暗くなる以前の髪の明るさによります。明るい状態でしたら戻るケースも多くあります。(この方法が一番おすすめ)

 

ブリーチで不要な染料を取り除いてから、明るい白髪染めでもう一度染める白髪染め落としの方法は、髪の痛みが大きいのであまりおすすめしていません

白髪染めが失敗してしまった時に髪を直そうとして、アレコレしていると余計にひどくなるケースがままあります。

それよりかはシャンプーの回数を増やして、そのまま自然と退色するのを待っていると、案外想像してたよりも早く白髪染めが落ちてくることがあります。

待っている間は伸びてきた根元のリタッチ染めだけをしておいて、毛先にはカラー剤をつけないようにしておきます。そうすると余計なダメージを与えることなく明るい状態に戻すことができます。

どうしても今すぐに白髪染めを落としたいという人だけ、 ブリーチを使用するようにしてください。

 

関連記事
黒染めした後、茶髪に染まらない?明るく染める(戻す)方法をご紹介! 黒染めに関するよくある質問です。 就活などで黒染めした髪を、もう1度明るくする(茶髪に戻したい)場合はどうすればいいですか? おしゃれ染めや白髪染めなどのヘアカラー(これらのことをアルカリカラー剤と呼びます)では、黒染めした髪を明るくできません。 明るくしたい場合は、先に黒染めの染料を取り...
【Q&A】 白髪染めで黒くなった色を明るくするには? 「【Q&A】 黒染めした後にもう1度明るく染めるには?」の記事と同じような悩みですね。白髪染めで暗くなりすぎてしまった場合も、黒染めと同じ方法で明るくすることができます。 白髪染めの落とし方 白髪染めで暗くなりすぎてしまった場合の対処法としては、基本的にはブリーチで一度不要な染料を取り除...
黒染め後に明るくするには? 自分でできる「黒染め落とし」の方法を3つご紹介 就活の時期になると「黒染めしたけど黒髪を維持する必要がなくなったので、黒染め落としてまた明るくしたい」というニーズが増えてきます。無事に内定が決まり、面接や就活活動を終えて最後の茶髪ライフを楽しもうということですね(笑) そこで「黒染め落とし」の方法をご紹介します。 髪のダメージやどれくらい...
カラーの頻度や理想的な間隔の目安は?パーマ後、リタッチ、白髪染め、最低期間などの質問にお答えします!... 「カラーリングの頻度はどのぐらいが良いの?」 「パーマの後は最低どれぐらい期間をあけたら、カラーリングしてもいいですか?」 「縮毛矯正(ストレートパーマ)の後のカラーリングは、どれぐらい間隔をあければいいですか?」 「ヘアカラーを失敗したのですが、すぐにやり直しても大丈夫ですか...
ホームカラーとサロンカラーの違いとは? 上手に使い分けるコツ! ホームカラーとサロンカラーの違いって分かりますか? その違いが 分からないと、「値段」や「手軽さ」といったポイントだけで決めてしまいがちになります。 それぞれのカラーの特徴とメリット・デメリットを理解することで、 「どういった使い分けをすれば良いのか?」が分かるので、より良いヘアカラーライフ...