悩み、Q&Aのイメージ画像

いつも美容室で白髪染めしてもらってるんですけど、それだけじゃ次までの間に白髪が気になるので、市販のカラートリートメントを買って自宅でセルフカラーしてます。

白髪染めとカラートリートメントを併用しても大丈夫ですか?

髪型で迷ったらこの記事をチェック

男性女性 それぞれのヘアカタログ

「美容室の白髪染め」と「市販カラートリートメント」の併用はOK

うんうん、分かります。

これは白髪染めしているほとんどの人が、同じような思いをしていると思います。

美容室に行く直前の1週間など、気になりつつも我慢している人がほとんどなのではないでしょうか。

 

美容室での白髪染めと市販カラートリートメントの併用は全く問題ないので、使用していただいて大丈夫です。

コスパがいいので本当は市販カラーだけにしたいけど…

正直、白髪染めって、市販カラー買ってセルフカラーした方が安く上がりますよね。

しかし、自分で染めるだけじゃムラになるし、髪がボロボロになってしまうので、やっぱり美容室で染めるんだと思います。

 

白髪が少ないうちはいいのですが、だんだん多くなってくると、どうしてもカラーリングの間隔が短くなってきます。

今までの間隔で染めたいけど、それじゃあ、どうしても根元の白髪が目立ってブサイクになってしまいます。

しかし、カラーリングの間隔を短くすると出費がかさみます。

ジレンマになりますよね。

美容室で染めつつも、合間にセルフカラーを挟むことで解決!

白髪が目立っているのはあまり印象がよろしくありません。

第一印象で損してしまいます。

せっかく美容室できれいに染めてもらっているので、やっぱりそれを保ちたいじゃないですか。

 

そんな時は美容室と美容室の合間に自分で染める方が、白髪が目立ちにくくてキレイな状態を保てます。

 

私もお客様には、

「自分で染めて大丈夫ですよ。」

「セルフカラーが面倒でなければ、その方が白髪が目立たないのでいいですよ。」

ってお伝えしています。

カラートリートメントを使って自宅でセルフカラーする際のポイント

セルフカラーをする際のポイントですが、できれば髪が痛まないものを使用するといいですね。

今回の質問ケースでいうと、カラートリートメントがそれにあたります。

 

脱色剤を使用する一般的な白髪染めは髪が痛むので、なるべくなら使用したくありません。

こういったものは美容室でプロに染めてもらう方が、ダメージを抑えつつキレイに仕上げてもらえます。

自分で染める場合は髪のダメージがないヘアカラーで染める方が、失敗の心配せずに使用することができます。

 

カラートリートメントはシャンプーついでに手軽に使用できます。

もともと連続使用を想定しているヘアカラーなので、

  • 白髪が気になった時
  • 染まりが弱かった時
  • 急な用事で染めたい場合

など、続けて染めても問題ありません。

 

カラートリートメントは使用後の質感もいい感じに仕上がります。

そういった意味でセルフカラーにはぴったりのヘアカラーです。

 

このカラートリートメントで白髪が気になる部分、

  • 顔まわり
  • 分け目
  • つむじ辺り

などを染めてあげるだけで、見かけ上、白髪がない状態を保つことができます。

だれもあなたの髪をめくったりしないので、美容室の合間の間に合わせならこれで十分です。

 

自分でリタッチ染めができるようになると…

  • 外出も白髪を気にせず出れるようになります。
  • 急な用事で白髪を染めたい場合も、自分で対処できるようになります。
  • 「あの人、いつもキレイね。」と思われるようになります。
  • 毛先の退色が抑えられ、髪にツヤが出てきます。(⇒ シャンプー前にコームスルー、毛先に薬剤を付ける)

 

カラートリートメントでセルフカラーできるようになるといいことたくさんありますので、ぜひトライしてみてくださいね。

カラートリートメントは徐々に染まっていくタイプのヘアカラーですが、1回でしっかり染めることもできます。

その染め方をしたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

 

以上、「美容室の白髪染め」と「市販カラートリートメントでのセルフカラー」の併用についてでした。

 

関連記事