悩み、Q&Aのイメージ画像

いつも美容院で白髪染めしてもらってるんですけど、それだけじゃ次までの間に白髪が気になるので、市販のカラートリートメントを買って自宅でセルフカラーしてます。

白髪染めとカラートリートメントを併用しても大丈夫ですか?

「美容院の白髪染め」と「市販カラートリートメント」の併用はOK

うんうん、分かります。

これは白髪染めしているほとんどの人が、同じような思いをしていると思います。

美容院に行く1週間前の状態では、白髪が気になりつつも我慢している人がほとんどなのではないでしょうか。

 

美容院での白髪染めと市販カラートリートメントの併用は全く問題ないので、使用していただいて大丈夫です。

コスパがいいので本当は美容院で染めずに市販カラーだけにしたいけど…

正直、白髪染めって、市販カラー買って自分で染めた方が安く上がりますよね。

(これはカラートリートメントではなくて、従来の白髪染めの話です。カラートリートメントは明るく染められないので、通常の市販カラーを使用される人が多いので。)

しかし、自分で染めるだけじゃムラムラになるし、白髪もきれいに染まらないし、髪がボロボロになってしまうので、やっぱり美容院で染めるんだと思います。

知り合いや友人がきれいに染めているのに、自分だけがそんな状態じゃ目も当てられないですからね。

 

しかし、たとえ美容院で染めていたとしても、白髪が少ない最初のうちはいいのですがだんだん白髪の本数が増えてくると、どうしてもカラーリングの間隔が短くなってきます。

そうなってくると今までの間隔で染めていたのでは、どうしても根元の白髪が目立ってブサイクになってしまいます。

しかし、カラーリングの間隔を短くすると出費がかさみます。

ジレンマになりますよね。

 

そこで、、、カラートリートメントの登場です。

次の美容室までの間にカラートリートメントを使って自宅で自分で染めることで解決!

白髪が逆プリン状態で目立っているのはあまり印象がよろしくありません。

第一印象で損してしまいます。

せっかく美容院できれいに染めてもらっているので、やっぱりその状態を保ちたいじゃないですか。

 

そんな時は美容院と美容院の合間に自分で染める方が、白髪が目立ちにくくてキレイな状態を保てます。

(その時は髪が傷まないようにカラートリートメントを使ってくださいね。)

 

私もお客様には、

「自分で染めて大丈夫ですよ。」

「セルフカラーが面倒でなければ、その方が白髪が目立たないのでいいですよ。」

ってお伝えしています。

 

カラートリートメントだったら美容院でカラーリングするときに、それが邪魔することはありません。

しかも何度染めても髪が傷まないし、お肌がかぶれたりアレルギーになる心配がほとんどありません。

セルフカラーにはぴったりのヘアカラーです。

美容院までの間に自分で染めるには最適なヘアカラーですので、心おきなく染めてくださいね。

 

カラートリートメントが染まりづらい場合は、こちらの記事が参考になります。

⇒ 白髪染めカラートリートメントが染まらない? 一回で上手く染めるコツ・使い方&一回でよく染まる白髪染めトリートメントをご紹介

カラートリートメントを使って自宅でセルフカラーする際のポイント

セルフカラーをする際のポイントですが、できれば髪が傷まないものを使用するといいですね。

今回の質問ケースでいうと、カラートリートメントがそれにあたります。

 

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

マイナチュレより

 

⇒ 敏感肌やジアミンアレルギー対策には白髪染めカラートリートメント ◆ 使い方/コツ/Q&A/よく染まる方法をご紹介

 

脱色剤を使用する一般的な白髪染め(市販カラー)は髪が傷むので、なるべくなら使用したくありません。

こういったものは美容院でプロに染めてもらう方が、ダメージを抑えつつキレイに仕上げてもらえます。

自分で染める場合は髪のダメージがないヘアカラー(=カラートリートメント)で染める方が、失敗の心配せずに使用することができます。

 

カラートリートメントはシャンプーついでに手軽に使用できるヘアカラーです。

慣れるまでは染まりが弱く感じて使いづらい場合もありますが、コツを掴んでしまえば簡単です。

もし染まりが弱かったとしても、もともと毎日続けて染めることを想定しているヘアカラーなので、続けて染めても問題ありません。

一回で上手に染めようと思うと難しい場合もありますが、続けて染めて大丈夫なら少し前もって染めていけば、当日きれいな状態に仕上げることも容易にできます。

  • 白髪が気になった時
  • 染まりが弱かった時
  • 上手に染まらなかった時
  • 急な用事で白髪を目立たなくしたい場合

など、遠慮なしに染めることができますよ。

 

カラートリートメントはトリートメントなので、使用後の質感もいい感じに仕上がります。

そういった意味でセルフカラーにはぴったりのヘアカラーです。

 

このカラートリートメントで染める際は、「白髪が目立つ部分だけ染める」のがおすすめです。

  • 顔まわり
  • 分け目
  • つむじ辺り

などを染めてあげるだけで、見た目は白髪がない状態を保つことができます。

全体を染めるなんて面倒なので、必要ありません。

全体染めは美容院におまかせしておいたら大丈夫です。

 

これだったら自分で染める際も手間がかかりませんし、手間がかからないとセルフカラーが面倒に感じて「もういいや」と諦めてしまうこともありません。

お手軽に染められるようにしておいて、上手に白髪と付き合っていくことが大切です。

自分でリタッチ染めができるようになると…

  • 外出も白髪を気にせず出れるようになります。
  • 急な用事で白髪を染めたい場合も、自分で対処できるようになります。
  • 「あの人、いつもキレイね。」と思われるようになります。
  • へカラーの退色が抑えられ、髪にツヤが出てきます。(⇒ シャンプー前にコームスルーし、毛先にカラートリートメントを伸ばして付ける)

 

カラートリートメントでセルフカラーできるようになるといいことたくさんありますので、ぜひトライしてみてくださいね。

 

カラートリートメントは徐々に染まっていくタイプのヘアカラーですが、1回でしっかり染めることもできます。

⇒ 白髪染めカラートリートメントが染まらない? たった一回で必ず染まる上手な使い方!

 

以上、「美容院の白髪染め」と「市販カラートリートメントでのセルフカラー」の併用についてでした。

 

 

⇒ ヘアカラーに関するいろんな体験談

 

白髪染めカラーリング中にかゆみ、ヘアカラー翌日に頭皮がかゆい。これってジアミンアレルギー?

市販でかぶれない白髪染めはどれ?ジアミンアレルギーでも使えるカラー剤と美容院の対応ヘアカラー

白髪染めで頭皮がヒリヒリしみる・痛いなど地肌弱い場合のヘアカラー対策方法

ヘアカラーを頭皮につけないカラーリング方法「ゼロタッチ」で、地肌に優しい白髪染め!(おしゃれ染めも)

■ ヘアカラートラブルがある場合のセルフカラー(白髪染め)対策には、「カラートリートメント」「ヘナ」「ヘアマニキュア」がおすすめ。

 

髪や頭皮に優しいシャンプー&トリートメント、その他ホームケア まとめ

ヘアカラートラブルがある際に美容室で染めるなら、こちらのメニュー

Studio CoCo
~ 髪と体に優しい姫路市美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター