ヘアカラー、カラーリングのイメージ画像

白髪染めの際に頭皮がしみる、ヒリヒリ痛くって困ってませんか?

  • 敏感肌なのでお肌が弱い。
  • 時々我慢できないぐらい痛い時がある。
  • 染めている時にかゆみを感じる。

 

白髪染めの施術をしていると、こんな症状を感じる人が多いことを実感します。

これが毎度毎度のことになると、白髪染めに不安を感じるのもうなづけます。

でも、白髪染めを止めるわけにもいかないので、「どうにか改善したい」と思いますよね。

 

実はヘアカラーを変更したり塗り方を変えたりすることで、こういった症状をなくす、もしくは軽減することができます。

今回は「白髪染めの際に頭皮がヒリヒリして痛い場合の改善方法」を

  • 市販カラーでセルフカラーするケース
  • 美容院でカラーリングするケース

の2つをご紹介します。

お肌が弱い敏感肌の人はヘアカラーを「頭皮につけないように塗布する」

まず一番簡単に対策できるのは、なるべく「ヘアカラー剤を頭皮につけない」ことです。

この方法だとヘアカラー剤を変更したりする必要がなく、今までと同じもので同じように染めることができます。

(⇒ ヘアカラーを変更することによって、明るくできないなどのデメリットが起こらない。)

 

市販カラーでセルフカラーする際は、なるべくカラー剤が地肌につかないように少し浮かせながら、気をつけてカラーリングします。

泡タイプなどのクシでとかしながら塗れるタイプが便利ですね。

美容院でカラーリングする際は、なるべく頭皮につけないようにオーダーすると良いでしょう。

 

ヘアカラーを頭皮につけないカラーリング方法「ゼロタッチ」で、地肌に優しい白髪染め!(おしゃれ染めも可)

グラデーション入れる塗り方で根元のプリンも気にならない!ヘアカラーの間隔が長持ちする技法「バレイヤージュ」

 

地肌につけないようにする塗布方法の弱点は、頭皮近くの1〜2mmは染められない部分があるということです。

なので白髪が多い場合などは、顔まわりや分け目などの白髪が目立つ部分のみは頭皮につけて対応してもいいと思います。

その辺は好みに合わせて調節してください。

 

それでも頭皮がヒリヒリしみる・痛い場合は「脱色剤なしの白髪染め」を選ぶと地肌への刺激がなくなる

脱色剤を使用しないヘアカラーを選ぶのも一つの方法です。

脱色剤抜きにすると髪を明るく染められませんが、その代わりに髪も頭皮もお肌もダメージすることがありません。

市販カラーでセルフカラーする場合

「カラートリートメント、ヘナカラー、ヘアマニキュア」を使って染めます。

市販のおすすめ白髪染めカラートリートメント★敏感肌やジアミンアレルギー対策に◆使い方/コツ/Q&A/よく染める方法をご紹介

ヘアマニキュアとは?ジアミンアレルギーでも白髪染めOK!市販のおすすめ、セルフの使い方、コツなど

セルフヘナ染めにおすすめの市販・通販ヘナをご紹介。ちょっとした使い方のコツやQ&Aも

美容室でヘアカラーする場合

などのメニューが最適です。

それぞれどんなヘアカラーなのか特徴を見てみましょう。

 

自宅で手軽に染めたいなら「カラートリートメント」

軽くシャンプーしてタオルで水気を拭いてから、白髪が気になる部分にカラートリートメントを塗って、10分〜15分ほど置いてから洗い流すといった使い方をするものです。

お風呂で簡単に染められるので、最近では人気のセルフカラー用白髪染めです。

 

トリートメントなので髪のダメージがないのはもちろん、お肌や頭皮への刺激もなく、カラーリングするたびに指通りの良い髪へ仕上げることができます。

1回でしっかり染めるというよりは、回数を重ねるたびに白髪を徐々に染めていくという感じになります。

詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 敏感肌やジアミンアレルギー対策に「白髪染めカラートリートメント」使い方/コツ/Q&A/よく染める方法をご紹介します。

カラートリートメントのメリット

  • 髪が痛まない。
  • 頭皮につけて染めることができる。
  • 地肌につけて染めても頭皮がヒリヒリしみる・痛いといった刺激を感じない。
  • 髪へのトリートメント効果がある。
  • ジアミンアレルギーでも染めることができる。
  • お風呂場ついでに染められる手軽さ。

カラートリートメントのデメリット

 

ダメージ毛の髪質改善、薄毛にハリ・コシUPできる天然植物染め「ヘナカラー」

ヘナカラーは植物から出てくる天然色素利用して染められる、化学物質を一切使用しないヘアカラーです。

髪や頭皮へのトリートメントに優れ、くり返し使用していくことで、弱った髪を改善しハリ・コシUPできるので、自然派志向の人だけでなく、薄毛にお悩みの人へも人気があるヘアカラーです。

⇒ セルフヘナ染めにおすすめの市販・通販ヘナをご紹介。ちょっとした使い方のコツやQ&Aも

ヘナカラーのメリット

  • 化学物質を一切使用しない天然100%のヘアカラー。
  • 頭皮やお肌への刺激ゼロ。
  • 髪のダメージゼロ。
  • 髪へのトリートメント効果がある。
  • 髪をハリ・コシ・ボリュームアップできる。
  • ジアミンアレルギーでも染められる。

ヘナカラーのデメリット

  • 髪を明るく染められない。
  • 髪の色をほとんど選べない。(基本はオレンジ色)
  • 塗り終わった後の放置時間が長い。(1時間~2時間)
  • カラーリングしにくい。塗りにくい。
  • ヘナ特有の草っぽい匂いがある。
  • パーマがかからないようになる。
  • 染めた色のチェンジが難しい。

 

短時間で染められツヤも出る「ヘアマニキュア」

爪のマニキュアと同じようにヘアマニキュアも、髪の表面をコーティングしながら染めるヘアカラーです。

コーティング効果で髪がツヤツヤ&指通りの良い仕上がりになります。

放置時間が短時間で良いので待ち時間の負担がありません。

 

一点だけ気をつけたいのは、塗布する際に頭皮につくと取れにくいので、地肌につけないように塗布する必要があります。

⇒ ヘアマニキュアとは?ジアミンアレルギーでも白髪染めOK!市販のおすすめ、セルフの使い方、コツなど

ヘアマニキュアのメリット

  • カラーリングで髪が痛まない。
  • 頭皮やお肌への負担ゼロ。
  • 髪の表面をコーティングするのでツヤが出る。
  • ジアミンアレルギーがある人でも染められる。
  • カラーリングの所要時間が短時間で手軽。

ヘアマニキュアのデメリット

  • 頭皮に直接塗布することができない。
  • 地肌から浮かして染めるので、根元の1〜2mmぐらい染められない部分がある。
  • 髪を明るく染められない。
  • シャンプーのたびに少しずつ色落ちする。

 

以上の3つが「脱色剤なしの市販カラー」になります。

 

もしこの3つの市販カラーを試すなら、最初は手軽に染められてトリートメント効果があるカラートリートメントが良いのではないでしょうか。

その理由としては、

◆ヘナは天然100%で頭皮にも優しくて良いのですが、

  • 塗布しにくい
  • 放置時間が長い
  • オレンジになりやすい

といった理由から、セルフカラーするには割と上級者向けのヘアカラーになります。

 

◆ヘアマニキュアは色も選べて放置時間も短くて良いのですが、

  • 塗布する際に頭皮につけて染れない
  • 地肌につくと色が落ちにくい

といったところに難しさを感じる人も多いようです。

 

◆カラートリートメントは

  • 頭皮につけても良い
  • 髪の指通りが良くなる
  • お風呂で染められる

といったところがお手軽で、最近使用する人が増えています。

 

⇒ 敏感肌・お肌の弱い方にも安心して使用できるカラートリートメントはこちらです。

 

美容室で染める場合はこれらの市販カラーに加えて、「香草カラーMD」や「香草カラー色葉」といったメニューも選ぶことができます。

 

白髪染めにピッタリ。髪が痛まないハーブカラー「香草カラー MD」

香草カラーはヘナと同じように髪を痛めずに、地肌にも優しい「漢方&ハーブの毛染め」です。

頭皮がヒリヒリしみる・痛いといったトラブルがある人でも、安心して使用できる脱色剤抜きのヘアカラーです。

ヘナよりも色が豊富で、また短時間で染まり、白髪が多い人でもしっかり染められます。

 

⇒ 髪が傷まず頭皮にも優しい白髪染め「香草カラーMD」の詳細

香草カラーMDのメリット

  • 白髪が多い人でもしっかり染まる。
  • 色が豊富で色持ちが良い。
  • カラーリングで髪が痛まない。
  • 頭皮につけて染められる。
  • 頭皮への刺激がない。
  • 無香料。

香草カラーMDのデメリット

  • 明るく染められない。
  • ジアミンアレルギーの人はカラーリングできない。

 

ヘナの弱点を補ったハイブリッド・ヘナ「香草カラー色葉(いろは)」

香草カラー色葉はカラートリートメントに配合されている化粧品染料を使用したハイブリッドタイプのヘナカラーです。

天然ヘナカラーのデメリットであった、

  • 染まるのに時間がかかる。
  • 染まりが弱い。
  • 色が選べない。色が少ない。

などを解消し、使い勝手の良いヘアカラーに仕上がっています。

 

⇒ 香草カラー色葉とは化粧品染料配合のヘナカラー 詳細ページへ

香草カラー色葉のメリット

  • 天然ヘナカラーよりも早く染まる。
  • 色数が増えた。
  • 髪・頭皮・お肌へのダメージゼロ。
  • 髪へのトリートメント効果がある。
  • 髪にハリ・コシ・ボリュームアップを作る。
  • ジアミンアレルギーでも染められる。

香草カラー色葉のデメリット

  • 髪を明るく染められない。
  • ヘナ特有の草っぽい匂いがある。
  • 染めた色のチェンジがしにくい。
  • パーマがかかりにくくなる。

 

お肌が弱い、頭皮が痛い・しみる場合の対処方法「まとめ」

1番手短にできることとしては、なるべく「ヘアカラー剤を頭皮につけない」ことです。

この方法だと今まで使用しているヘアカラー剤を特に変更する必要がなく、塗り方を変えるだけで今までと同じように染めることができます。

白髪を染めながら髪を明るくも染めたい場合には、現状はこの方法がベストになります。

 

明るくしなくても良い場合は、髪・頭皮・お肌へのダメージをゼロにして白髪染めができます。

市販カラーでセルフカラーする場合は、

などがあります。

 

⇒ お肌が弱い敏感肌の人へは、こちらのカラートリートメントがおすすめです。

 

美容室でカラーリングする場合は、これらの市販カラーに加えて、

などのメニューを選ぶこともできます。

 

いろいろ方法あげてみましたが、頭皮の刺激が気になる場合は、いつもと違う方法を試してみることをおすすめします。

きっとどれかフィットする方法があると思いますよ。

 

白髪とは長いお付き合いになります。

「白髪が出始めの少ない頃〜ほとんどが白髪」になるまで、時々ヘアカラーを見直すことが大切です

 

まだまだ白髪が少ない頃は髪も明るく染めたいと思いますし、そういった場合は「脱色剤を使用する明るい白髪染め」が必要になります。

しかし、半分以上が白髪の場合は「脱色剤抜きの白髪染め」で、髪・頭皮・お肌を痛めずに染める方が良いケースが多くあります。

年齢とともに髪が細くなって、抜け毛や薄毛といった悩みがでてきたりするので、白髪染めもそれに合わせて見直してあげることが、きれいな髪を維持するために必要になります。

最近はヘアカラーの種類もたくさん増えてきているので、これらをうまく使い分けて白髪と上手に付き合っていけるようになるといいですね。

 

以上、白髪染めで、

  • 頭皮がヒリヒリしみる・痛い
  • お肌が弱い・荒れる

場合の解決方法についてでした。