疑問、質問、Q&Aのイメージ画像

白髪染めの最中にかゆみを感じることがあります。」

「ヘアカラーしている時じゃなくて、翌日にかゆくなることがあるんですが、どうしてですか?」

 

カラーリングの度にかゆいのは不快だし、毎回そうなってたら不安ですよね。

「頭皮がヒリヒリ痛い・しみる」といった症状と違って、かゆみはアレルギーの可能性があるので注意が必要です。

特に以前は大丈夫だったけど次第にかゆみが続くようになったり、かゆみの程度が大きくなったりする場合には要注意です。

症状が悪化して治療が困難になる前に、何かしらの対策することをおすすめします。

 

ということで、この記事では頭皮がかゆい原因と、それらへの対処法を考えてみます。

肌に優しい&よく染まる カラートリートメント

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

<マイナチュレより>

市販の白髪染めカラートリートメントで一番のおすすめ

「安全性、よく染まる、頭皮ケア」すべて兼ね備えたカラートリートメント。

  • 安心安全へのこだわり=3つもの皮膚刺激テストを実施
  • 他のカラートリートメントと比較しても「よく染まる」
  • 同時に頭皮のケアもできる

同じ染めるならよく染まって色が長持ちする方がいいですよね。それでいてお肌に優しくて頭皮のケアも一緒にできたらいうことないですね。

【実質1本無料】お肌に優しい白髪染めはこちら

白髪染め「最中のかゆみ」とカラーリング「翌日に頭皮がかゆい」その原因は?

これらかゆみの症状が起こる原因には、

  • 脱色剤の刺激
  • 頭皮にカラー剤が残っている
  • アレルギーの可能性

大抵はこの3つのうちのどれかに当てはまると思います。

それでは一つずつ原因と対処法を見ていきます。

3つのケースとそれぞれの対処法

脱色剤の刺激が原因で頭皮がかゆいケース

脱色剤配合のヘアカラーは頭皮に刺激があります。

そういった刺激が元となってかゆみが出ることもあります。

そういった際には「カラー剤を頭皮につけないようにする」ことで対応できます。

カラー剤を頭皮につけないように塗る方法

ゼロタッチ ・・・ カラー剤を頭皮になるべくつけないように根元から少しだけ浮かして塗る方法です。おしゃれ染めでも白髪染めでも可能。

カラー剤と頭皮につけないカラーリング方法「ゼロタッチ/ゼロテク」

美容院で染めてもらう場合はもちろん、市販カラーで染める場合にもなるべく地肌につけないようにすると、頭皮への刺激やかゆみを緩和することができます。

もし地肌につけないようにした後症状が出ないようでしたら、かゆみの原因は脱色剤の刺激だったと判断することができます。

白髪染めの場合は頭皮につけないように塗布すると、根元1~2mmの白髪が染められない部分が残ります。

もし白髪を残さず根元からきっちりと染めたい際は、これは完全な対処法ではありませんが、使用するヘアカラーを一度変えてみて様子をみるのもいいかもしれません。

カラー剤によっては同じ明るさをしていても頭皮への刺激がマイルドなものもあります。

1つ注意しておきたいのは、ジアミンアレルギーだと分かっている場合はこの「頭皮につけない塗り方」をしても、やっぱりかゆみが出たりアレルギーになったりするのでカラーリングすることは避けましょう。

(ジアミンアレルギーの場合は地肌にちょっとでも付くとダメなので、この塗布方法でもNGです。その場合はノンジアミンカラーを使用しましょう。下記参照

シャンプーやすすぎが十分でなく、地肌にカラー剤が残っている可能性があることも

カラーリング後のシャンプーできちんと洗えてなくて、カラー剤が頭皮に残っているケースがよくあります。(特に耳周り、耳後ろ、えり足部分など)

それら残留しているヘアカラー剤が刺激となってかゆみを引き起こしている場合もあります。

 

ヘアカラー剤の洗い残し対策

■ カラーリングの後は特に、いつものシャンプーよりも丁寧にしっかり洗うことを意識しましょう。

  • 普段の1.5倍丁寧にシャンプーする
  • シャンプーの時間を普段より長めに取る

 

■ 「耳後ろ」や「首元」などが洗い残しやすいポイントです。

その部分を特に意識してシャンプーするようにしてください。

 

■ シャンプーを流す際にも「耳後ろ」や「首元」はすすぎ残しが起こりやすいポイントです。

洗う時だけでなく、流す際にもそのポイントは意識して行うようにしましょう。

 

■ ヘアカラーの際は、2回シャンプーしてしっかり洗うのもいい方法です。

■ カラーリングした日は少し面倒でも、お風呂に入った時にもう一度シャンプーするようにしましょう。

(ヘアカラーの色落ちは少しありますが、頭皮やお肌を守り、ジアミンアレルギーを予防するという観点からは良い方法です。)

ジアミンアレルギーの可能性

ヘアカラーのアレルギー反応にはすぐに症状が出てくる「早発型」と、少し遅れてから症状が出る「遅延型」があります。

カラーリング中に頭皮がかゆい場合は「早発型」で、翌日以降にかゆみが出てくる場合は「遅延型」のアレルギーの可能性があります。

こういった症状には要注意!

  • カラーリングの度にかゆみの症状が大きくなる。
  • カラーリングの度にかゆみが続く日数が長くなっていく。

これらの場合は「ジアミンアレルギーの可能性が大」です。

ヘアカラーのアレルギーは皆さんが思っているよりも怖いものなので、パッチテストをしたり、皮膚科で検査して原因をはっきりさせることをおすすめします。

 

もしジアミンアレルギーと判明した場合には、ジアミン染料を使用するすべてのカラー剤を使うことができなくなります。

その際には今からご紹介する「ノンジアミンカラー」を使うようにしてください。

かぶれ・かゆみ・アレルギー諸症状を起こしにくい「ジアミン染料不使用」のヘアカラーはどれ?

市販カラーでノンジアミンのものはどれ?(おしゃれ染め&白髪染め)

脱色剤入りの市販カラー剤はほとんどが「ジアミン染料入り」です。

(脱色剤入りのカラー剤とは髪を明るく染められるヘアカラーです。おしゃれ染め&白髪染め両方ともそう。)

したがって市販カラーで「おしゃれ染め」する場合は選べるヘアカラーがほとんどないに等しいですが、たった一つだけあります。

それは「ブリーチ」です。

 

すき好みは様々ですが、ほとんどの方は「髪が傷むしブリーチは嫌だな~」って思うのではないでしょうか。

そういった場合は、美容院でノンジアミンのヘアカラーをしてもらうのが一番の方法です。(下記参照

 

市販カラーで「ノンジアミンの白髪染め」する際は選択できるものが複数あります。

カラートリートメントヘナヘアマニキュア」などがそれにあたります。(これらは脱色剤不使用なので明るく染められません)

【ジアミン不使用】肌に優しい&傷まない白髪染め

【白髪染めカラートリートメント】・・・ 安全性の高い化粧品染料を使用するトリートメントタイプの白髪染め。肌に優しくジアミンアレルギーでも毛染めでき、髪が傷まない白髪染め。

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

【実質1本無料】お肌に優しい白髪染めカラートリートメント(詳細)

レビューはこちら

市販の肌に優しい白髪染めヘアカラートリートメント おすすめ TOP3 ◇敏感肌&アレルギー対応

 

【ヘナ】・・・ 植物からの天然色素を利用し、100%天然成分だけで白髪染めできるヘアカラー。髪へのトリートメント効果があり、細毛にはハリ・コシ・ボリュームアップも。

ヘナカラーする際のおすすめはどれ? ◇高品質ヘナ/使い方/コツ/Q&A

 

【ヘアマニキュア】・・・ 爪のマニキュアのように髪をコーティングしながら染める酸性タイプの白髪染め。短時間で染まり、ツヤのある仕上がりが特徴。

塗りやすい&色持ち良い市販のヘアマニキュアはどれ? ◇おすすめ3つ/セルフカラーのやり方&コツ

こういったものでしたらジアミンアレルギーがあっても、白髪染めすることができます。

詳細については各リンクをご覧ください。

美容院ヘアカラーでノンジアミンのものはどれ?

ノンジアミンの「おしゃれ染め」

クリアカラー ・・・ 染料を使用しない脱色剤のみのカラー剤。髪を明るくすることだけに特化したヘアカラーです。カラートリートメントや草木染めと組み合わせて使用することで色を付けることもできます。(おしゃれ染めOK、白髪染め不可)

トリートメントカラー ・・・ 安全性の高い化粧品染料(カラートリートメント)とクリアカラーを組み合わせて使用するヘアカラー。従来のおしゃれ染めと同じように幅広いカラーリングが楽しめます。(白髪染めは不可)

草木染め ・・・ 草木からの天然色素を利用して染めるヘアカラー。これ単品ではトリートメントにしかなりませんが、クリアカラーと組み合わせることでおしゃれ染めが楽しめます。(白髪染め不可)

クリアカラートリートメントカラー草木染め 「ボタニカルカラー」

 

ノンジアミンの「白髪染め」

天然100% ヘナ&ハーブカラー ・・・ 植物からの天然色素を利用し、100%天然成分だけでカラーリングできるヘアカラー。トリートメント効果も高くハリ・コシ・ボリュームアップにもつながる。(白髪染めOK、おしゃれ染めNG)

香草カラー 色葉 ・・・ 化粧品染料(カラートリートメント)を使用するハイブリットタイプのヘナカラー。天然ヘナよりしっかり染まり、ふんわり柔らかい質感が特徴。(白髪染めOK、おしゃれ染めNG)

ヘアマニキュア ・・・ 爪のマニキュアのように髪をコーティングしながら染める酸性タイプのヘアカラー。ツヤのある仕上がりが特徴。(白髪染めOK、おしゃれ染めNG)

天然100% ヘナ&ハーブカラー香草カラー 色葉ヘアマニキュア

 

かぶれ・かゆみ・アレルギーの諸症状が出ている場合には、ヘアカラー剤をノンジアミンカラーに変えることが安全のために必須です。

ヘアカラーは市販もされていてドラッグストアなどで簡単に購入することができるので忘れがちになりますが、医薬部外品の「薬剤」です。

用法を誤ると頭皮やお肌のトラブルを招くことになります。

 

上記に挙げたノンジアミンカラーで対処すると、カラーリング最中やカラーリング後の不快感を取り除くことができます。

ヘアカラーはたった一度して「ハイ終わり」というものではなく、特に白髪染めの場合は定期的に続けていくので、こういった不快感を取り除くことは大切です。(かぶれたりアレルギーの諸症状が出ている場合は特に)

そうすることで「お肌のかぶれ抜け毛薄毛」といった負のスパイラルを避けることができます。

市販でセルフカラーするならノンジアミンの「白髪染めヘアカラートリートメント」がおすすめ

ジアミンアレルギーの人がセルフカラーをするのに人気なのが「白髪染めヘアカラートリートメント」です。

  • 髪へのダメージがなく、染めた後の質感も良い
  • ジアミンアレルギーの人でも使用できる高い安全性
  • ヘアマニキュアと違って頭皮に付けて塗布しても大丈夫
  • お風呂場で手軽に染められたり、放置タイムを調整しつつしっかり染められたりなどの使い勝手の良さ

などの理由からです。

白髪染めヘアカラートリートメントにもたくさんの種類がありますが、今回はおすすめを3つに絞ってご紹介します。

◆【敏感肌やアレルギーの方におすすめ】よく染まるのにお肌への安全性も高い「マイナチュレ カラートリートメント」

マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレより

低刺激性に徹底したこだわりで頭皮に優しい。

敏感肌やアレルギーの方でも安心できるように3種類ものテストを実施しています。

◆「パッチテスト」とは、単回使用による皮膚の炎症反応を確認するテストを言います。カラートリートメントをガーゼ等に浸み込ませて皮膚に貼り、24時間後、貼布部位の赤みや腫れなどの反応を観察し判定します。

◆「アレルギーテスト済み」に関しては、「RIPT試験(累積刺激及び感作試験)」を行い、その結果を表示しています。RIPT試験とは連続使用によるアレルギー症状を確認するテストを言います。カラートリートメントを一定期間連続塗布し、それを数回くり返し、皮膚の反応を検査することで、カラートリートメントを継続使用した時に、アレルギーの症状が出るかどうかを判断します。評価・判定については、日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医が行っています。

◆「スティンギングテスト済み」に関しては、「スティンギングテスト」を行い、その結果を表示しています。スティンギングテストとは敏感肌の方を対象にした感覚的な刺激を確認するテストを言います。対象者(敏感肌の方)の皮膚にカラートリートメントを塗布し、一過性のかゆみ・ほてり・痛みなどの不快となる感覚刺激を評価します。評価・判定については日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医が行っています。

※ すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないということではございません。

<マイナチュレ ホームページより抜粋>

他のメーカーは「パッチテスト」「アレルギーテスト」の2つの検査のみですが、マイナチュレはそれに加えてもう一つ「スティンギングテスト」をしています。

これは敏感肌の方への皮膚刺激テストですが、肌が敏感な方でもより安心安全に使用してほしいという想いからです。

こういった所にまで配慮がされているのはとても好感が持てますよね。

 

数ある白髪染めヘアカラートリートメントの中でも、頭皮やお肌への優しさはピカイチです。

お肌トラブルがある人には嬉しいカラー剤となっています。

 

お肌に優しいのに「よく染まる」

これは一度使えばよく分かります。

美容院で仕事している時に度々ヘアカラートリートメントの話になることがありますが、その中で「染まりが悪い」という不満をよく聞きます。

その際にこのマイナチュレを紹介すると、今までのヘアカラートリートメントでは満足いかなかった人も納得される人が多いですよ。

美容師としても「お肌に優しくてよく染まるタイプ」はおすすめしやすいです。

【追記】マイナチュレがどれぐらい「よく染まる」のか、他のヘアカラートリートメントと比較してみました

左から順に「マイナチュレ」、真ん中「DHC」、右が「ビゲン」です。

マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0110DHC Q10 プレミアム カラートリートメント 色見本 0105ビゲン カラートリートメント 色見本 0105

(※染色条件:説明書の放置時間、1回染め)

最初のマイナチュレが、やっぱり一番よく染まっていますよね。

 

おすすめの染め方としては、乾いた髪に塗ってから30分放置時間を取る方法です。

そのやり方でも実験してみました。

左から順に「マイナチュレ」、真ん中「DHC」、右が「ビゲン」です。

マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0130DHC Q10 プレミアム カラートリートメント 色見本 0130ビゲン カラートリートメント 色見本 0130

(※染色条件:放置時間30分、1回染め)

明確に差が出ましたね。

やはり「よく染まる」のはマイナチュレです。

合わせやすい色

赤みが出にくい自然なブラウン色で、いろんなヘアカラー毛にも合わせやすい色となっています。

ヘアカラートリートメントによくありがちなのは赤みが強く出たり、紫っぽい色に染まったり、緑色が出てきたりと「既染部分との馴染みが悪い」ことです。

このマイナチュレはきれいなブラウン色に染まり、色あせていく際も他の色が突出して現れるわけではないので、使いやすく仕上がっています。

もちろん美容院で染める際にも邪魔しないので、次の美容院までの間に自分でリタッチ染めするのにも最適なヘアカラートリートメントです。

 

年齢と共に出てくる悩みも一緒にケアできる

「ヘアケア」「白髪ケア」「スカルプケア」「エイジングケア」ができる。

1本で4役兼ねたヘアカラートリートメントなので、加齢と共に大きな悩みになりやすい

  • 薄毛で頭皮が気になる
  • 地肌に優しい白髪染めがしたい
  • ハリ・コシが欲しい

といったことも染めるついでに一緒にケアできます。

スカルプケアできるヘアカラートリートメントならカラーリングの時間が「地肌をケアするための時間」に変わります。

地肌ケアに有効な天然成分

◆ゴボウ根、ロースマリー葉、セイヨウキズタ葉、アルテア根、スギナ、ボタン、ガゴメ

◆アルニカ花、オドリコソウ花、セイヨウオトギリソウ、カミツレ花、セージ葉

年齢を重ねて衰えた頭皮や毛髪の環境を整えて、気になる髪の「うねり」「ぱさつき」「へたり」や頭皮のダメージ、ニオイなどに働きかけます。

多くの方に安心してご愛用いただけるように、髪や頭皮にダメージを与えることのない成分を厳選しています。

(マイナチュレ ホームページより抜粋)

以上の4つがマイナチュレをおすすめする大きなポイントです。

トータルバランスに優れたヘアカラートリートメントなので、多くの人が満足できると思いますよ。

 

最安値 購入先

色は2種類発売されていますが、染まりを重視する人は「ダークブラウン」、明るめなら「ブラウン」がおすすめです。

 

◆【新色 染まりUP】無添加処方&美容成分94% 地肌に優しいのに染まる「ルプルプ」

白髪染めヘアカラートリートメント「ルプルプ」

ルプルプより

ルプルプはガゴメ昆布「フコイダン」が有名ですね。

ネバネバ成分が髪と頭皮に潤いを与えることはもちろん、カラーリングの際は地肌を保護する働きがあります。

またフコイダンの育毛効果(毛乳頭の促進で毛髪を育む力)にも最近は注目が集まっています。(頭皮ケアできるヘアカラートリートメント)

 

少し前に商品がリニューアルし、新しい色がラインナップしています。染まりも以前と比べて120%UP

新色「モカブラウン」は赤みを抑え深みがかった色でしっかり染まり、「ベージュブラウン」は明るめ希望の方に最適な色合いです。

両方とも既染部分とも合わせやすい色味で、美容師的には使いやすくていい色合いだと思います。

ルプルプ使う場合はこの2色⇒ 「モカブラウン/ベージュブラウン」

また頭皮への優しさにもこだわっていて「無添加処方」美容成分が94%と、地肌に優しいのに染まるのが「ルプルプ」です。

 

最安値 購入先

濃いめなら「モカブラウン」明るめなら「ベージュブラウン」。新色の方が自然な色合いに染まるのでおすすめです。

 

◆【ハリコシ・頭皮ケアがすごい!】独自の育毛成分を配合した「POLA グローイングショット」

POLAより

独自に開発した育毛に役立つ成分を配合しているのと、スキンケアメーカーならではの美容&ダメージケア成分を配合していることが大きなポイント。

エイジングケア色の強いヘアカラートリートメントとなっています。

スキンケアメーカーなのでお肌に優しいのはもちろんのこと、年齢と共に髪の衰えが気になる人には嬉しい処方です。

⇒ 細毛でハリコシがほしい、「髪痩せ」が気になる場合におすすめの白髪染めカラートリートメントが「POLA グローイングショット」

 

放置時間が5分でいい早染めタイプとなっています。(なるべくならもう少し長めに置いた方が、もっとよく染まります。)

少し残念なのは、染まり方はやや赤みを感じる色の入り方で(ブラウン色の場合)、既染部分とリタッチ部分との違いが目立ちやすいことです。

赤っぽいブラウン色に染まるのに抵抗がない人であれば、育毛ケア成分を配合しつつカラーリングできて、しかも染まりも良い方なのでおすすめです。

 

最安値 購入先

色は「ブラック」と「ブラウン」の2色がありますが、なぜか暗い色のブラックの方が染まりが悪いので、ポーラのグローイングショットを使うなら「ブラウン」がおすすめです。

白髪染め最中のかゆみや翌日にかゆい場合の対処法「まとめ」

カラーリング中やカラーリング後に何かしらの不快感を感じている際は、それを放置しないことが大切です。

美容師、皮膚科の医師、メーカーに問い合わせるなど「詳しい人に意見を聞いてみる」ことをおすすめします。

特にかゆみが大きくなってきている場合、かゆみが長く続くようになってきている場合は、かぶれやジアミンアレルギーの可能性が大いにあります。

早急に検査する、もしくはヘアカラー剤を変更するなどの対応を取ってくださいね。

 

ノンジアミンのヘアカラーは以下の通りです

■ 市販カラーでは「カラートリートメントヘナヘアマニキュア」があります。

この3つの中ではカラートリートメントが最近よく流行っています。

「塗りやすく、使い勝手が良い」などの理由からです。

 

▼ 肌に優しい&よく染まる 白髪染めカラートリートメント

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

<マイナチュレより>

【実質1本無料】お肌に優しい白髪染め(詳細)

 

■ 美容院のヘアカラー(おしゃれ染め)では「草木染めトリートメントカラー / クリアカラー」があります。

■ 美容院のヘアカラー(白髪染め)では「天然100% ヘナ&ハーブカラー / 香草カラー 色葉 / ヘアマニキュア」などがあります。

自分に合った方法で対策を取るようにしてみてください。

 

以上、

  • 白髪染めなどのカラーリング最中にかゆみ出てくる場合
  • ヘアカラーの翌日以降に頭皮がかゆい場合

の原因と対処法についてでした。

 

⇒ ヘアカラーに関するいろんな体験談

 

白髪染めカラーリング中にかゆみ、ヘアカラー翌日に頭皮がかゆい。これってジアミンアレルギー?

市販でかぶれない白髪染めはどれ?ジアミンアレルギーでも使えるカラー剤と美容院の対応ヘアカラー

白髪染めで頭皮がヒリヒリしみる・痛いなど地肌弱い場合のヘアカラー対策方法

ヘアカラーを頭皮につけないカラーリング方法「ゼロタッチ」で、地肌に優しい白髪染め!(おしゃれ染めも可)

 

■ ヘアカラートラブルがある場合のセルフカラー(白髪染め)対策には、「カラートリートメント」「ヘナ」「ヘアマニキュア」がおすすめ。

 

髪や頭皮に優しいシャンプー&トリートメント、他ホームケア【まとめ】

ヘアカラートラブルがある際に美容室で染めるなら【こちらのメニュー】

【肌に優しい&よく染まる】白髪染めカラートリートメント

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

安全性が高くしっかり染まり、頭皮ケアもできて、トータルバランスに優れている「マイナチュレ カラートリートメント」

濃いめなら「ダークブラウン」明るめなら「ブラウン」

【64%オフ&実質1本無料】マイナチュレを最安値で購入する

⇒ レビューはこちら

ヘアカラートリートメント「ルプルプ」

無添加処方&美容成分94%で、地肌に優しいのに染まる「ルプルプ」

濃いめなら「モカブラウン」明るめなら「ベージュブラウン」

【34%オフ】ルプルプ 最安値購入先

細毛でハリコシ欲しい、薄毛が気になる場合には育毛成分入りの「POLA グローイングショット」

色は「ブラウン」の一択。ブラックはNG(※ブラウンはやや赤み有)

【送料無料】ポーラ 公式サイトで購入する(最安値)

市販の肌に優しい白髪染めヘアカラートリートメント おすすめ TOP3 ◇敏感肌&アレルギー対応