髪のイメージ画像

 

ダメージヘアにお悩みですか?

 

「髪がもつれるんです…」

「クシでとかすのが大変で…」

「パサつくし、乾燥しちゃって…」

「キシキシ、ゴワゴワで広がるんです…」

 

など、サロンでこれらの会話を毎日しているような気がします。

今はヘアカラーが当たり前になっているし、ダメージの悩みと無縁の人は、あまりいないんじゃないでしょうか。

 

今回はヘアケア必須アイテム「シャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメント」をご紹介します。

ダメージヘアの改善には、状況に合わせて、この3つアイテムを最適なものに変えることが大切です。

 

大原則として「一度傷んだ髪は、もとには戻らない」ということがあります。

「だったらやる意味ないじゃん」「もう適当でいいか」というわけではありません。

  • これ以上ダメージを進めないため
  • 日々のお手入れストレスを減らすため
  • 毎日のヘアスタイルをキレイに仕上げるため
  • ツヤと質感を向上させるために

ダメージヘアには日々のヘアケアで補修・修復効果のあるものを使って、その日一日一日を髪質改善していくことが良い手立てになります。

 

今回ご紹介するアイテムは、一つ一つがとても良い商品を選んでいますので、どれか一つを変更するだけでもそれなりの効果が見込めますが、一番のおすすめはこの3つすべてでヘアケアしていただくと、効果を最大限に引き出せると思います。

この3つは一つ一つを単独で考えるより、一つの「ヘアケアシステム(セットで考える)」と思っていただく方が分かりやすいと思います。

 

美容師を長年していますが、様々な商品を試してきました。

その中で現在発売されている商品の中から、ダメージヘアのケアに最適なアイテムをご提案しています。

ダメージヘアにお悩みの人は、ぜひ試してみてください。

今以上に髪質が改善して、きっと嬉しくなると思いますよ。

目次



ダメージヘアには補修・修復効果+引っかかりを抑えるタイプが髪質改善に必要です。

シャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメントには様々な種類があり、

  • ダメージヘアケア用
  • くせ毛用
  • 硬い、太い、多い髪質用
  • 猫毛、細毛、薄毛などのハリ・コシ用
  • 敏感肌用
  • 子供用
  • 30代、40代、50代などのエイジングケア用
  • 育毛剤などの機能を兼ね備えた頭皮ケア用(スカルプケア)
  • 天然、オーガニック、ボタニカル系
  • 全身ケアができるもの

など、今ざっと考えてみただけでもたくさんの種類があります。

 

これらの種類からさらに細分化され、各メーカーが様々な商品を発売していますので、その数は膨大です。

わたしたち美容師も、とても把握しきれる数じゃありません。

 

なので、今回はテーマを絞って、「ダメージヘアの改善に特化して」おすすめの商品をご紹介します。

「シリコン・ノンシリコン」の善悪について

今の世間の風潮では、「シリコンは悪くて、ノンシリコンが良い」とされていますが、わたしの考えではそうではありません。

  • ダメージのない健康毛の人は、ノンシリコンや天然ボタニカル系などで良いと思いますが、
  • ダメージヘアの場合はダメージを補修・修復した上で、さらに手触りを向上させることで、これ以上のダメージの拡大を抑えることができます。(シリコンなどの感触改良剤が必要)

 

また、シリコン自体は有害なわけではありません

シリコンの役割は被膜を作り、コーティング効果で髪をサラッと指通りの良い髪へ改善させてくれます。

ダメージヘアにはこの効果が必須だと思います。

 

だからどの大手メーカーもダメージケアに対してはシリコンを配合している商品が多い訳です。

シリコンがないと髪質改善効果があまり感じられないからですね。

 

シリコン配合製品などで質感が重くベタついた感じになるようだったら、他の軽い質感のものに変更すればいいですし、ヘアカラーやパーマなどの施術に影響するなら、シリコン落としシャンプーなどで取り除けば良い訳です。

※シリコン落としシャンプーは後ろの方でご紹介します。今すぐチェックしたい人はこちらをクリック。

 

シリコンを上手に使いこなすことが、ダメージヘアをコントロールするためにも大切です。

では、今から早速、3つのヘアケアアイテムのご紹介をしていきます。

ダメージヘアに最適、とにかくすごい!シルクPPT洗浄成分を使ったアミノ酸系サロンシャンプー

ではまずは、シャンプーからご紹介します。

とにかく、この「ハホニコ ディスデモカ ヘアクレンジング」を初めて使った時は、その質感に感動しました。

シルクPPT洗浄成分がなんと30%も占める、超贅沢で高価格原料を存分に使用している補修シャンプーです。(※PPTとは天然由来の加水分解物、ポリペプチドの略称です。補修成分の一つ。)

 

 

シャンプーしている時から髪の手触りが良くなっているのが分かります。

洗い流す前に泡を2~3分置いて、泡パックしてから流すとさらに修復効果がアップします。

 

補修成分がたっぷり配合されているので、洗ってすぐに流すのはもったいない

ほんの少しでいいので、泡パックをしてあげてください。

(価格も高価ですし)

 

乾かす時の質感はなんていうんでしょう、ツルっとした、ふわふわだけど、ハリ・コシ感もあるし、なんとも表現し難い感じです。

全体的にふんわりとした軽い質感に仕上がります。

 

補修効果が高くハリ・コシが出るので、くせ毛、髪が多い、広がりやすい髪質、太い髪質など、しっとり重めに仕上げたい人は、このあとに紹介する、洗い流さないトリートメントを少し多めに使用して質感を調整してください

 

猫毛・細毛・薄毛の人には、ベタつかずふんわり軽くてハリ・コシが感じられる良い仕上がりになると思います。

ショートヘアでダメージが少なくて、ボリュームが欲しいこのタイプの髪質の人は、このシャンプーの泡パックをするだけでも良いかもしれません。

ハホニコ「ディスデモカ ヘアクレンジング」の特徴

  • とにかく高級なシルクPPT洗浄成分づくしのシャンプー。
  • 補修成分たっぷり。
  • ふんわりとした軽い質感に仕上がる。
  • 弱った髪を補修成分で強化し、ハリ・コシを与える。
  • 低刺激のアミノ酸系サロンシャンプー。
  • グリチルリチン酸ジカリウム配合でスカルプケアにも配慮。頭皮環境を整える。

 

全成分

水、ラウロイル加水分解シルクNa、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドメチルMEA、ベタイン、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、加水分解ケラチン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、セイヨウオトギリソウエキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ローマカミツレ花エキス、水添レシチン、リゾレシチン、ラベンダー油、ポリクオタニウム-10、PEG-12、エタノール、PG、DPG、BG、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

Amazonでの口コミ評価

Amazonで他の人から評価が高い口コミをご紹介します。

★★★★★ サラサラに

ホハニコの中では高い方ですが、良いです。香りはグレープフルーツが強いけど、乾かすころには香りは飛びます。これを使ってから、フケも小さくなったし、髪もサラサラで気持ちいいです。市販の大きいシャンプーよりも更に大容量で、中々無くならないです。美容師さんから「どこのシャンプー使って居ますか?」と訊かれました。

★★★★★ さすが!これでもかっ!

今まで色んなシャンプーを試しましたが ダントツですね。むしろこちらのシャンプーだけで済ます方もいらっしゃるのでは?泡立ち、泡のきめ細やかさ、修復力共にこのシャンプーに勝るシャンプーには未だ出会いません。

Amazonより

ヘアカラー毛にも最適!残留物質を取り除いて髪を強化するサロントリートメント

 

この「ナプラ ケアテクト HB カラートリートメント」は、ヘマチンを高濃度で配合しているサロントリートメントです。

ヘマチンはヘアカラーやパーマするとどうしても残留してしまう物質を取り除く役割があります。

この残留物質は放っておいてもだいたい1週間ほどで抜けていくものですが、その間隔が短いほうが髪に与える影響を減らすことができます。

 

またヘマチンは最近では育毛剤にも配合されていて、頭皮の環境を整える大切な働きをしてくれます。

ヘマチンを使用すると髪が強化されるので、ハリ・コシが得られます。

  • 細毛・薄毛などの髪のボリュームでお悩みの人
  • ダメージヘアで髪が弱っている人
  • ダメージから髪が広がるような人

にピッタリのトリートメントです。

 

このトリートメントはノンシリコンです。

トリートメントしている時の手触りはそこまでサラサラではないですが、髪を乾かす時に想像以上に感触が良くなるのが実感できると思います。

サラサラではなく、ハリ・コシがあるせいか「ツルッとした質感」に仕上がります。

ノンシリコンでここまでの感触に仕上がるのは優れた一品です。

 

種類はハリ・コシ用と、しっとり用の2種類ありますが、しっとり用でも十分ハリ・コシ感が得られるので、保水力もあるしっとり用がおすすめです。

ナプラ「ケアテクト HB カラートリートメント」の特徴

  • ヘアカラー用トリートメント(パーマ、縮毛矯正、ダメージヘアとも相性◎)
  • 補修・修復・髪質改善に優れる。
  • ヘマチン高配合。(残留物質や活性酸素の除去、消臭効果、白髪の予防、育毛促進など)
  • 天然ハーブエキス配合。
  • ノンシリコン処方。

 

全成分

水、セテアリルアルコール、BG、ベヘントリモニウムクロリド、オレイルアルコール、ツバキ油、サザンカ油、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸グリセリル、ヘマチン、加水分解ヒアルロン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、トレハロース、ポリクオタニウム-61、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)イソアルキシ(C10-40)ミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、(水添えヒマシ油/サバシン酸)コポリマー、ミリスチン酸PPG-3ペンジルエーテル、PCA-Na、インステアリン酸フィトステリル、ベタイン、ココイルアルギニンエチルPCA、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラミン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、オトギリソウエキス、カミツレエキス、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、セタノール、ベヘントリモニウムメトサルフェート、グリセリン、ラノリン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ポリクオタニウムー10、BHT、イソプロパノール、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、プチルパラベン、香料

Amazonでの口コミ評価

Amazonで他の人から評価が高い口コミをご紹介します。

★★★★★ 髪の指どおりがいいです。

量は少なめですぐに使い切ってしまうかと思いましたが、半年くらい使ってます。しっとり落ち着いた感じになり、とても満足です。ボトル式は初めてでしたが、チューブと違い、最後まで指ですくって取り出せるのでいいかもしれません。

★★★★★ ヘアカラーの髪に最適です

香りはアジアンなフローラルと言った感じでしょうか。苦手な香りですが、そんなのどうでもよくなるくらい効果抜群です。これだけだと手触りがよくないので、デミのコンポジオを合わせて使ってます。かずのすけさんのサイトで読んだ通りの効果で、その素晴らしさに感動です!ヘアカラーでスカスカになってしまった髪にしっかり成分が入ります。カラーの色の出方も今までと違う…。美容院でのトリートメントやその他のトリートメント、ヘアケアを考えると、効果とコスパがとっても良いと思います。

★★★★★ 使える
シャンプーと一緒に購入しました。洗髪時に髪になじませるようにつけ、2から3分ほどおくと、いつもより髪にツヤがでました。値段もそれほど高くなく、意外と量もあったので半年くらいは使えるなと思いました。(個人差あると思います)継続して使ってみます。

Amazonより

ミルクタイプ・クリームタイプの洗い流さないトリートメントでシャンプー&トリートメント後の質感を調整しよう!

ここまでシャンプー&トリートメントとヘアケアしてきました。

最後の仕上げに洗い流さないトリートメントでどれぐらいしっとり仕上げたいのか、「重さの質感」を調整しましょう。

 

今回ご紹介する洗い流さないトリートメントはミルクタイプ、もしくはクリームタイプです。

オイルタイプとの違いは、オイルは軽い質感でサラサラとした手触りを求める時に使用しますが、ミルクタイプ・クリームタイプは保湿性能が向上し、水分量をアップさせることができます。

 

今回は、シャンプーもトリートメントも軽くてふんわりとした仕上がりになるものを選択しています。

すでに軽い質感に仕上がっていると思いますので、オイルタイプの軽い質感よりかは、ミルクタイプ、クリームタイプのしっとり仕上がる質感で重さを調整しましょう。

 

軽くてふんわり質感が好きな人は少なめに使用して、最後の一発でさらにツヤと手触りを追求し、最高の状態に仕上げます。

もう少ししっとりまとまった質感がほしい時は、少ししっかり目につけて、ドライヤーで乾かします。

 

軽くてふんわり広がりすぎてしまう時、またはしっとり感がもの足りない時は、乾いた後にもう一回洗い流さないトリートメントを足してください

  1. シャンプー
  2. トリートメント
  3. 洗い流さないトリートメント

この3段階のヘアケアを行うことで、ダメージヘアへ自宅でできるセルフトリートメントの完成です。

毎日のヘアケアはこれで十分です。

 

最後の洗い流さないトリートメントで重い・軽いの質感を調整できるので、自分の好みに合った仕上がりを作ることができます。

あまりないと思いますが、もし重くなりすぎた場合や、毎日続けていると重くなってきた場合は、

  • トリートメントを使用せずに、シャンプーと洗い流さないトリートメントのみで仕上げる。
  • シャンプーのみで仕上げる
  • クレンジングシャンプーを使用して、一度髪をすっぴんの状態にリセットする。

などの調節を入れてください。

髪をリセットする専用のクレンジングシャンプーがありますので、それは後の方でご紹介します。(今すぐチェックしたい人はこちら)

 

今回ご紹介する洗い流さないトリートメントは2つあります。

まずは1つ目。

 

デミ「ヒトヨニ リラクシング クリームケア」の特徴

ノンシリコン天然系の洗い流さないトリートメントです。

しっとりと保湿をしながらも重くなりすぎず、欲しい質感を調整しやすい使い勝手の良いクリームです。

なんと、ボディクリームとしても使用することができます。

 

ということは、たとえ使用する際に頭皮に洗い流さないトリートメントがついてしまっても、心配する必要はないということです。

あまりベタつかず軽い質感なので、ハンドクリームに好んで使っている人もいます。

 

個人の感想になりますが、このリラクシング クリームケアのあまり主張しすぎない、ほのかな香りはとてもお気に入りです。

  • ノンシリコン天然オイル系。
  • 高保湿なしっとりタイプ。だけど重くなりすぎない。
  • ボディクリームなどお肌にも使用可。(肌への優しさ◎)
  • シアバターで紫外線吸収効果も。

 

全成分

水、BG、グリセリン、セタノール、ホホバ種子油、マカデミアナッツ油、ベタイン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ラベンダー油、メリアアザジラクタ葉エキス、加水分解卵殻膜、メドウフォーム-δ-ラクトン、シア脂、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、イソヘキサデカン、ポリソルベート80、ポリソルベート60、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、香料、カラメル

Amazonでの口コミ評価

Amazonで他の人から評価が高い口コミをご紹介します。

★★★★★ とても良いです

髪にコシがないので、重いクリームを付けてしまうとベッタリしてしまいますが、こちらのクリームは軽い付け心地で乾燥を抑えてくれるので毎日使っています。職場にも1本置いて、乾燥が気になる時は毛先に付けて落ち着かせます。硬い髪質の方やしっかりセットしたい方には向いていないと思います。付けたてはほのかな香りがしますが、時間と共に薄れてきます。ハンドクリーム替わりになるのも重宝します。髪に付けた後で手を洗わなくて済みます。常備しておきたいアウトバストリートメントです。

★★★★☆ いいと思います

昔から頭皮はベタつくのに髪はパサパサで、シリコン系アウトバスはベタつきにつながるし、きちんと落とそうとシャンプーすれば髪をますます痛めているようで苦心していました。久しく天然の油脂を使っていましたが抗酸化力があると言うことでオススメのこちらを。主成分の天然ホホバオイル以外にも色々と配合物はありますが香りもいいし、以前の天然100%油脂より潤います。

Amazonより

 

ミルボン「ディーセス エルジューダ エマルジョン+」の特徴

 

ミルクタイプで軽い感が得られる、軽サラ系洗い流さないトリートメントです。

デミの「ヒトヨニ リラクシング クリームケア」よりも、さらに質感向上させたい時に使用すると良いでしょう。

ふんわり軽い質感と使い勝手が良いという理由から、メーカーヒット商品で売れまくっています。

 

  • 「柔らかい、ふわふわ」がコンセプトの洗い流さないトリートメント
  • CMADKというケラチン補修成分を使用。ほかのケラチンと比べて、髪に留まりやすい。
  • アフリカ・サバンナのバオバブの木から採れる「バオバブエキス」を使用。(保湿性アップ)
  • グラデーションのように香りが変化していく。(トップ~ベースノートまで3段階の香り)

 

全成分

水、シクロメチコン、ジメチコン、DPG、安息香酸アルキル(C12-15)、セテス-150、タマリンドガム、ラウレス-2、ラウレス-9、ステアルトリモニウムクロリド、加水分解バオバブエキス、カルボキシメチルジスルフィドケラチン(羊毛)、ポリクオタニウム-65、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、加水分解コラーゲン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ヒドロキシエチルセルロース、ラウリルベタイン、クオタニウム-80、PEG-11メチルエーテルジメチコン、アミノプロピルジメチコン、アモジメチコン、ジメチコノール、PG、BG、エタノール、AMP、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、香料

Amazonでの口コミ評価

Amazonで他の人から評価が高い口コミをご紹介します。

★★★★★ 甘めの香りと、しっとり感

ミディアム・ダメージ強です。髪にやや縮れがあり、トリートメントが浸透しにくい髪と美容師の方に言われる硬毛質です。ミルボンの洗い流さないトリートメントは、エルジューダMOも使用していましたが、こちらの方がより保湿力が強く、ワンプッシュで十分にしっとり感を得ることができます。エルジューダMOは多く使ってもサラサラするので、減りが早かったのですが、こちらのエマルジョン+は少量で効果を得ることができました。

★★★★★ ミルボンの2本目

前回グリーンのオイルを購入しました。毛先のしっとりさが少し物足りないと思っていたので、今回は評判のよいこちらに変えてみました。私は断然こちらのがよかったです!毛先までしっとりします。ミルクタイプのは初めて使用しましたがべたつきません。あごぐらいのボブで入浴後ドライヤーをかける前にワンプッシュ使用。

Amazonより

髪質やダメージに合わせた効果的な使い方

ここまでダメージヘアに特化したシャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメントをご紹介してきました。

髪質やダメージに合わせた効果的な使い方をご説明します。

「ダメージが大きい髪」「毛量が多い髪質」「くせ毛や広がりやすい髪質」に効果的な使い方

  1. シャンプー&トリートメントした後に、
  2. タオルドライ後に洗い流さないトリートメントを多めにつけてブローし、
  3. 乾いた状態で質感を確認します。
  4. もし、まだしっとり感がもの足りないようでしたら、洗い流さないトリートメントを足します

 

「ダメージが少ない髪」「毛量が少ない」「細い髪質」に効果的な使い方

■パターン1

シャンプーした後の泡パックを長めに置いて、洗い流して終了。

トリートメントも洗い流さないトリートメントもなしです。

簡単でコストもかからずにいいですね。(笑)

 

■パターン2

シャンプーした後は泡パックのみで、トリートメントはしない。

乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけて乾かす。

 

■パターン3

シャンプーとトリートメントをしてから、髪を乾かす。

(洗い流さないトリートメントなしのパターン)

 

■パターン4

シャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメントを全て行う。

(シャンプー以外は軽く使用することを意識する)

 

これらの方法をお試しください。

もし、使い続けるうちに少しベタつきを感じる、重くなってきた時は・・・

基本軽いものを選んでいるのでほとんどないと思いますが、

もし、これらの方法行っていて髪質が重たくなったりベタついたりするようなら、トリートメントやミルボンの洗い流さないトリートメントをしばらく中止してみる。

シャンプーだけにするか、シャンプーとヒトヨニの洗い流さないトリートメントでヘアケアを行い様子を見てみましょう。

 

これで重い質感が改善するようなら、これらの適度なバランスを自分の髪質に合わせて調整してあげてください。

もしくは、低刺激なクレンジングシャンプーを使って、髪質をいったんリセットしてあげるのも良いと思います。

 

敏感肌やアトピー体質の人へもお勧めできるクレンジング効果のあるシャンプーはこちらです。

低刺激で敏感肌やアトピー体質でも大丈夫な「ディアテック デザイニング カウンセリング プレシャンプー」でヘアクレンジング&シリコン落とし

 

ダメージヘアにあまりお悩みの人でない場合は、こちらの低刺激シャンプーで毎日シャンプーしても良いと思います。

特筆すべき補修成分や修復効果、髪質改善効果などはないですが、

その代わりにあまりごちゃごちゃ余分な成分を添加していないので、敏感肌やアトピー体質の人でも使えるぐらい、とてもシンプルに低刺激で洗うことに特化したシャンプーです

(もちろんシリコン落としヘアクレンジングもできます。)

 

この低刺激シャンプーで洗ったあとに、トリートメントや洗い流さないトリートメントで質感調整するぐらいで済んでしまう髪の状況の人は、シャンプーをこちらに替えるものいいですね。

ヘアカラーやパーマなどの施術後は、それ専用のシャンプー&トリートメントで残留物質を取り除くことも、ダメージケアには大切!

今回の記事の主旨からは少しそれますが、

ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正などの施術を行った後は、残留物質を取り除く効果のあるシャンプーやトリートメントを1週間ほど続けて使用することが、これ以上ダメージを広げないためにも大切です。

 

今回はすでに髪のダメージがだいぶん進んでしまっている状況を、改善することを第一優先に考えたヘアケア方法をご紹介しました。

トリートメントは上でもご紹介しましたが、このシャンプー&トリートメントは、補修・修復効果やヘマチンの残留物質除去効果、消臭効果、頭皮の環境整えるエイジングケア効果など眼を見張るものがあります。

ヘアカラーやパーマなどの施術の間隔が短い場合などは、このシャンプー&トリートメントに、上でご紹介した洗い流さないトリートメントのトリプルペアで使用するのもいいかもしれません。

その辺りは自分の状況に合わせて調節してみてください。

ナプラ ケアテクト HB カラーシャンプーS

ナプラ ケアテクト HB カラートリートメントS

 

どちらもヘアカラー用になっていますが、パーマや縮毛矯正後にもおすすめです。

(普段使いとしても)

 

まとめ

以上、ダメージヘアにお困りの人がシャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメントの3つのヘアケアで髪質改善できる方法についてご紹介してみました。

 

現在はヘアカラーをする人がほとんどで、ダメージと上手に付き合っていくことが大切です。

それに合わせるように様々な商品が発売されていますが、たくさんありすぎて逆にどれを使ったら良いのか分かりにくくなっています。

今回は「ダメージヘアのケアに特化して」一番良いと思う方法をご紹介してみました。

お伝えした内容が、お悩み解決に役立つことがあれば幸いです。

 

ここで紹介した方法は執筆時の状況で一番良いと思う方法を紹介しています。

新しい商品で今回のテーマに合った良いものが出たり、新しいヘアケア方法が見つかれば、ここに書いている内容をバージンアップさせていく予定です。

また気が向いたらチェックしてみてください。

新しい内容に変わっているかもしれません。

⇒ 一度更新しました。

 

ダメージヘアの悩みが改善し「自分本来の髪質を取り戻す」ことができればいいですね。

大丈夫きっと、お気に入りの髪を手に入れることができますよ。

 

 

関連記事です。

広がる「くせ毛の悩み」を解決!おすすめなスタイリング方法、ヘアケア対策、アイテムをご紹介します。

カラーリング頻度と髪の毛の痛みは比例する。ダメージを減らす方法を考えてみるよ。

カラーの頻度や理想的な間隔の目安は?パーマ後、リタッチ、白髪染め、最低期間などの質問にお答えします!

育毛、抜け毛、フケ・カユミには「ザクロー精炭酸シャンプー」がおすすめ

薬用育毛剤「ザクローペリ」の効果は「抜け毛・白髪」予防に最適!

オーガニック・ホホバオイルはいろいろ使えて超便利!ヘアケアスキンケア頭皮ケア・クレンジング手作りトリートメント

 

関連記事