授乳中のイメージ画像

「授乳中だけどヘアカラーしても大丈夫?」

「経皮毒が心配。母乳にヘアカラーの影響はないの?」

「妊娠中はヘアカラーできなかったけど、産後はどうなのかな? 」

 

妊娠中だけじゃなくて授乳中も、母乳で赤ちゃんと繋がっているので、いろいろ心配になりますよね。

 

ヘアカラーの体への影響、経皮毒については

妊娠中の白髪染め、市販でセルフカラーする場合のおすすめ

妊娠とヘアカラー

などに書きましたが、

ヘアカラーが赤ちゃんに悪影響を及ぼすということはないので、ひとまずご安心ください。

 

出産後は家事や育児に忙しいので、「たまには美容院に行ってゆっくり染めてもらいたい」と思うけど、

  • なかなかそんな時間が取れない。
  • 義理の両親はもちろん、自分の両親にも頼めない。
  • 両親も仕事しているので頼めない。
  • 夫は育児に慣れてないし、子供を任せるのはまだ不安。

といった理由から美容院に行くことができないママさんも多いと思います。

 

そういった場合、家事や育児の合間に「市販のヘアカラーで済ませたい」って思うこともありますよね。

 

産後のママさんは体調もまだまだ完全に回復している状態ではないので、ヘアカラーでカユミやカブレ、アレルギーといった症状を引き起こしやすい状態です。

そこには気をつけないといけないですが、どうしてもセルフカラーで済ませたい場合、

  • 市販カラーはどういったものを使えばいいのか?
  • またカラーリングする際はどういう風にすればいいのか?

といったことを今回ご紹介します。



ヘアカラーの体への影響、経皮毒などについて

カラーリングしている人なら誰もが一度は抱く疑問、「ヘアカラーって体への影響は大丈夫なの?」ということについてです。

最近では健康に敏感な方も多くなりましたので、「経皮毒」で「体への影響があるのでは?」と心配される方もあるかもしれません。

 

経皮毒という言葉は造語ですが、その言葉から連想されるイメージは、

経皮吸収された毒が徐々に体に蓄積していき、ある程度の年数が経ってから、体に悪い影響が出てくるといったことではないでしょうか。

こういった蓄積性の因果関係を証明するのは、他の要因を排除することができないので大変難しく、なかなか立証できません。

 

経皮毒とともに噂されるヘアカラーの薬害の話の大半は、科学的根拠がなく、あくまでも不安や心配といった思いから発信されている言葉がほとんどです。

もしくは、ヘナやノンジアミンのヘアカラー、その他の体に優しい系のヘアカラーメーカーが、そして販売者が、

自社の商品を売りたいがために今あるヘアカラーを悪者にし、「だから当社のヘアカラーがいいですよ」的な販売戦略によってイメージづけられたものも多くあります。

 

ヘアカラーを使用していてカユミやカブレが出たり、違和感があったり、何かの症状抱えている場合は別ですが、

現在何もトラブルがない場合は、体への影響、経皮毒については過剰に心配する必要はありません。

 

授乳中のママさんもカラーリングしたからといって赤ちゃんに悪い影響があることはないので、その点はご安心ください。

当店のスタンス

出産後のママさん、授乳中のママさんにかかわらず、「ヘアカラーの薬害」「経皮毒」など体への影響を心配される方への当店のスタンスとしては、

  • ジアミン染料配合のヘアカラーをしないようにするか、
  • ヘアカラーするにしても、なるべく頭皮につけないようにカラーリングすることをおすすめしています。

 

その理由としては、こういった風評に関しては科学的根拠がないにしても、「体に悪い」と思いつつヘアカラーするのが精神衛生上あまり良くないからです。

ヘアカラーをすることで、その心配をし続けることになるからです。

 

頭皮につけないカラーリング方法

「ヘアカラーの薬害も気になるけど、カラーリングをやめるわけにはいかない。」という人も多いと思います。

そういった場合はなるべく「頭皮につけないようにカラーリングする」ことで、そういった心配を減らすことができます。

参考⇒ 頭皮につけないカラーリング方法

 

またノンジアミンのヘアカラーを選ぶというのも、良い方法の一つです。

【おしゃれ染め】ノンジアミンのヘアカラー

  • オーダーメイドカラー ・・・ お客様のご要望に合わせて最適なヘアカラーを組み合わせてカラーリングを行います。
  • 草木染め ・・・ 草木からの天然色素を利用して染めるカラー。透明感のある色合いが特徴。クリアカラーと組み合わせて使用します。
  • ノンジアミンカラー ・・・ アレルギー要因であるジアミン染料を使用しないノンジアミンのカラー。明るい白髪染めも可。
  • トリートメントカラー ・・・ 安全性の高い化粧品染料を使用するヘアカラー。カラートリートメントとクリアカラーを組み合わせて使用します。ノンジアミンのカラー。
  • クリアカラー ・・・ 同じくノンジアミンのカラー。染料を使用しない脱色剤のみのカラー。

 

【白髪染め】ノンジアミンのヘアカラー

  • ノンジアミンカラー ・・・ アレルギー要因であるジアミン染料を使用しないノンジアミンのカラー。明るい白髪染めも可。
  • 天然100% ヘナ&ハーブカラー ・・・ 天然100%の植物染め。とにかく天然にこだわりたい人へ。
  • 香草カラー 色葉 ・・・ 化粧品染料を使用するハイブリットタイプのヘナ&ハーブカラー。天然ヘナより染まる。
  • ヘアマニキュア ・・・ 爪のマニキュアみたいに髪をコーティングしながら染めるヘアカラー。頭皮につけないように塗布することが特徴。

出産後や授乳中に美容院でヘアカラーする際には、こういったメニューを選んでおくと、より安心できますね。

産後のママさん、授乳中のママさんは、どのヘアカラーをしても大丈夫

ヘアカラーの薬害が気になる場合は上記のようなヘアカラーを選んだり、方法を取ったりすることで、安心してカラーリングすることができます。

では「他のヘアカラーをしてはダメなのか?」というとそうではなく、一般的なおしゃれ染めや白髪染めなど、どのヘアカラーでも使用することができます。

ヘアカラーの説明書には、妊婦へのカラーリングを控えるようにとの記述がありますが、 出産後や授乳中のママさんには、特に触れられていません。

 

妊婦さんはいつもより体調が敏感です。

またつわりの時期はニオイにも敏感になります。

体調崩したり、お肌がカブレたりしやすい状態なので、特に気をつける必要があります。

産後のママさんはまだ完全に体力が回復している状態ではないですが、妊娠中よりも体調の変化が安定してきていますので、体調やお肌の状態が良い時を選んでカラーリングすれば、特に問題はありません。

何かおすすめの白髪染めはありますか? おすすめのやり方はありますか?

本当にやさしい白髪染めを探しているなら「ヘナ、ヘアマニキュア、カラートリートメント」などが髪や頭皮のダメージもなくて良いですが、

これらのヘアカラーは髪を明るくできない、染めるのに時間がかかる、色落ちが早いといったデメリットもあります。

このタイプでは満足いかない人の方が多いでしょうから、今まで使用していた白髪染めを使ってカラーリングするので良いのではないでしょうか。

 

その際は少し工夫して、塗るときは頭皮につけないように塗布します。

頭皮にカラー剤をつけないことで、しみたり、カユミが出たり、カブレたり、といったトラブルを避けることができます。

クシタイプのカラー剤は頭皮につけないように塗布しやすい

  • クシの間からカラー剤が出てくるタイプ
  • クシにカラー剤をのせて塗るタイプ

などが頭皮につかないように塗りやすいと思います。

 

 

顔周り、耳周り、耳後、襟足などの部分はカラー剤がつきやすい部分です。

クリームを塗って保護したり、イヤーキャップを付けてカラー剤がつかないようにしましょう。

ヘアカラーの際にあると便利なアイテムや道具はこちらをご覧ください。

まとめ

基本的に産後授乳中のママさんは、どのヘアカラーしても大丈夫です。

ヘアカラーの体のへの影響や経皮毒については、噂話の大半は科学的根拠がなく、あくまでも不安や心配といった思いから発信されている言葉がほとんどです。

体に優しい系のヘアカラーを販売している人たちのセールストークなども大きな要因です。

 

ヘアカラーをしたからといって、母乳から赤ちゃんに悪い影響が及ぶことはないので、過剰な心配は不要です。

 

市販カラーを使ってセルフカラーする場合は、 クシタイプのカラー剤が頭皮にカラー剤をつけないように塗布しやすいですね。

  • クシの間からカラー剤が出てくるタイプ
  • クシにカラー剤をのせて塗るタイプ

などがおすすめです。

 

カラーリングする際は顔周り、見回り、耳後、襟足などの皮膚が弱い部分へ、クリームを塗って保護しましょう。

耳にはイヤーキャップをかぶせると便利です。

この辺を意識しながらセルフカラーすると、ヘアカラーのトラブルを未然に予防することができます。

 

美容院に行ってヘアカラーしてもらう方がより安全に、きれいに、楽して、染めてもらうことができますが、家事や育児でどうしても時間が取れない場合は、こういったやり方を参考にカラーリングしてみてください。

 

合わせて読みたい