PR

メンズの口コミ評判|マイナチュレ白髪染めカラートリートメント◇40代男性の体験談

白髪・白髪染めの悩み

体験談記事のコーナー。

 

購入者の体験ってその商品が欲しい人だけが参考になるのではなく、同じような悩みを抱えている人が解決方法を探す際にも、とても役立つ情報です。

成功体験なら同じように真似すればいいし、失敗体験なら同じような失敗をくり返さないように勉強することができます。

 

また美容師としても色んな人の意見が聞けるので、とてもためになります。

商品購入者にアンケートを取りましたので、その内容をシェアします。

 

この記事を読むことで、

  • 「マイナチュレ カラートリートメント」の体験談&口コミ
  • 白髪染めカラートリートメントの選び方
  • カラートリートメントでしっかり染める方法

が分かります。

肌に優しい&よく染まる カラートリートメント

白髪染めしつつヘアケア、スカルプケア、エイジングケアが行え、「髪や頭皮を育むことができるカラートリートメント」

敏感肌やジアミンアレルギーの方でも安心できる白髪染め。美容院ヘアカラーの妨げにならないから、合間のリタッチ染めに使いやすい。

髪だけでなく頭皮への負担もほとんどないので、地肌が気になり始めた方に最適な白髪染め。 レビュー / 他と比較

白髪染めカラートリートメントでセルフカラーに至るまでの経緯

◆「お名前・年齢・性別」をお願います

40代男性、「みつお」といいます。

 

◆どうして白髪染めしようと思いましたか?

白髪をそのままにしていたのですが、白髪の出方がかなりまばらになり、「ごま塩みたいな頭」で見た目が悪くなったためです。

白髪染めカラートリートメントで白髪を隠そうと思いました。

ただ、あまりに黒くなり過ぎないように注意をして、不自然感をなくしたかったです。

 

マイナチュレ カラートリートメントを使った40代メンズの体験談 ◇口コミ評判

◆今お使いのカラートリートメントは?

「マイナチュレ カラートリートメント」です。

口コミ評判|市販の敏感肌用白髪染めマイナチュレ カラートリートメント
お試しキャンペーン中のマイナチュレ カラートリートメントを髪の専門家がレビュー。市販で人気の白髪染めトリートメント(敏感肌&アレルギーOK)口コミ評判の比較&格安購入先。上手く染めるコツや乾いた髪への使い方も解説。

 

解説を見る他と比較する

 

◆今回マイナチュレ カラートリートメントを選んだポイントは何?

40代という年齢を考えても、あまりに真っ黒にしてしまうと不自然さがあります。

それどころか地毛であるにも関わらず、「かつら」と間違われる可能性もあります。

なので染め上がりの色を注意して、マイナチュレを選びました。

結果、少しブラウン系の良い色になりました。

 

◆実際に商品を使ってみてどうでしたか?「良かった所・気になった所」を教えてください。

最初に、少しずつ使ってみようと思いました。

試してみると思いのほか、明るい茶色になり始めたので焦りました。

  • (美容師 注)
  • たぶん勘違いだと思います。
  • カラートリートメントは脱色剤を使用していないので、暗い色を脱色し、明るく染めることはできません。

しかし、シャンプーで頭を洗った後は、少し黒っぽいダークブラウンになりましたので、一安心となり、全体的に使いました。

 

◆マイナチュレ カラートリートメントの「使用感・感想」を教えてください。

カラートリートメントは人によっては頭が痒くなると聞いていて心配していたのですが、使ってみても全くそんな事はありませんでした。

特に頭皮に優しいカラートリートメントを選んだのが良かったと思います。

これは体質や肌との相性もあるとは思いますが、非常に使いやすかったです。

 

◆マイナチュレ カラートリートメントの「総合的な評価」を教えてください。

思っている感じに染まったので、良かったと思います。

 

白髪染めカラートリートメントの使い方に関して美容師に質問ありますか?

どの様な成分だと私の頭皮に合うのか?

 

(美容師アンサー)

特定の成分にアレルギーがある場合などを除いて、

どの成分が合う合わないということで判断するよりも、使用中や使用後の使用感や頭皮の感じで判断すると良いと思います。

 

カラーリング中に違和感を感じた場合は、我慢せずにすぐ洗い流すことが大切です。

どれだけ口コミや評価が高い商品でも、最終的には自分の体の反応を一番に考えるといいと思いますよ。

 

友達に「白髪染めで良いの教えて」と聞かれたら、どれをおすすめしますか?

その人に合うものは私とは違うと思うので、「あなたにあったものを選ぶと良いですよ」と伝えます。

 

(美容師 注)

最初はどうやって選んだら良いのか分からないと思うので、はじめはネットの口コミや評価を見て、自分が気になったものを試してみるといいと思います。

  • 頭皮に優しい
  • 早染めタイプ
  • 育毛成分入り

などいろいろあります。

 

⇒ カラートリートメントのおすすめ、使い方、Q&Aはこちらをご覧ください。

 

市販の肌に優しい白髪染めヘアカラートリートメント☆敏感肌&アレルギー対応◇おすすめ厳選
敏感肌やアレルギーに対応できる市販の肌に優しい白髪染めヘアカラートリートメント◆低刺激&無添加で頭皮に優しい白髪染めのおすすめを厳選◆上手な使い方&一回で染まるコツ

 

上にも書きましたが、自分の体の反応が大丈夫なら、後は個人の好みの問題です。

どの白髪染めカラートリートメントも

  • たっぷり塗布する
  • ラップをして保温する。
  • 髪が浮かないように押さえつける。
  • 長めの置き時間を意識する

としっかり染めることができます。

最初から一発成功しようと気負わずに、気になったものを気楽に試してみるといいと思いますよ。

 

こちらの記事も参考ください。

⇒ 白髪染めカラートリートメントが染まらない? たった一回で必ず染まる上手な使い方!

白髪染めカラートリートメントが染まらない?上手く染めるコツ/使い方/一回で染まる白髪染めトリートメント
白髪染めカラートリートメントが染まらない場合に「一回で上手く染めるコツや使い方」などのテクニックをご紹介します。またその際に役立つ「一回で染まる白髪染めトリートメント」も合わせてご紹介します。

 

40代男性で白髪染めで困ってる人に一番伝えたいことは何ですか?

白髪染めの仕上がりの色がちょうど良い感じになるのは最初は難しと思います。

その人の頭皮にあった白髪染めを見つけるのも、まずはいろいろ使ってみる事も大事です。

もし合わない場合だったら、潔くその商品とはおさらばすべきです。

 

以上、40代男性のマイナチュレ 白髪染めカラートリートメントの体験談でした。

 

⇒ 白髪染め 他の体験談はこちら

⇒ ヘアカラー いろんな体験談

 

 

白髪染めカラーリング中にかゆみ、ヘアカラー翌日に頭皮がかゆい。これってジアミンアレルギー?

 市販でかぶれない白髪染めはどれ?ジアミンアレルギーでも使えるカラー剤と美容院の対応ヘアカラー

 白髪染めで頭皮がヒリヒリしみる・痛いなど地肌弱い場合のヘアカラー対策方法

 

 ヘアカラートラブルがある際のセルフカラーには「ノンジアミンカラー」、白髪染めなら「カラートリートメント、ヘナ、ヘアマニキュア」がおすすめ

 

 【市販カラーや美容室の白髪染めを長持ちさせる方法】「すぐ落ちる…」と諦める前にヘアカラー用シャンプー、紫シャンプー、洗い流さないトリートメント、紫外線ケアオイルで対策!

 ヘアカラーの理想的な間隔・頻度・最低期間の目安は?疑問に一挙回答⇒セルフカラー/白髪染め/おしゃれ染め/ブリーチ/黒染め/リタッチ期間/パーマ/縮毛矯正など

 髪や頭皮に優しいシャンプー&トリートメント、その他ホームケア まとめ

肌に優しい&よく染まる 白髪染めカラートリートメント

DayRalColor(デイラルカラー)

美容室でよく使う補修効果が高い&持続性のある成分を配合。またエイジングケアとして話題の「幹細胞」を4種も配合してある「サロン品質のカラートリートメント」。しっかり染まるのに肌にも優しい。髪と頭皮を大切にしたい方にピッタリです。レビューをチェック

濃いめは「ブラック、ダークブラウン」、明るめは「ブラウン」、白髪ぼかし、きれいなグレイヘアにするなら「アッシュグレー」を。

>> 70%オフ 送料無料 <<

 

白髪染めヘアカラートリートメント「ベルタ」

最短5分の早染め! ダブルのカラー因子が外側と内側の両方からしっかり染毛。トップクラスの美容成分数(65種類)とナノ化成分が毛髪内部に高浸透、髪だけでなく頭皮も癒やす「美容液カラートリートメント

「ダークブラウン」「ソフトブラック」がありますが、大半のケースはダークブラウンでOK。

>> 40%オフ 送料無料 <<

 

ハーバニエンス ヘアカラートリートメント

天然由来成分99% 豊富なボタニカル成分(72種類)でスカルプケアしながら白髪ケアができる。いつまでも若々しい髪でいたい方に。明るい髪に合わせて染めたい場合におすすめ。

基本は「ナチュラルブラウン」でOK。かなり明るい髪色なら「ベージュブラウン」

>> 35%オフ 送料無料 <<

Studio CoCo
~ 髪と体に優しい姫路市美容院 ~

ネット予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター