美容師の道具 『ヘアクリップ』

たかがヘアクリップ、されどヘアクリップです。

(ダッカールともいいます。)

なんの変哲もないヘアクリップに見えますが、いろいろと工夫が凝らされてあります。

仕事を快適にするために必要な美容師道具の一つです。

美容師こだわりの仕事道具 「ヘアクリップ(ダッカール)」お気に入り&おすすめポイント

◆髪の引っかかりを防止

ブロッキングをとっている時にヘアクリップの根元部分に髪が引っかかったり、絡んだりすることがありません。

以前のヘアクリップは髪が引っかかりやすく、気をつけていないとお客様の髪を引っ張ってしまい痛い思いをさせてしまうこともありました。

そういったことがほとんどなくなったので、それに気を使っていた分のストレスがなくなりました。

 

◆ブロッキングがやりやすい

ヘアクリップの先端がブロッキングしやすい形状になっているので、カットコームとかでブロッキングしなくても大丈夫。

カット中の作業がスムーズになります。

 

◆滑り止め加工

これを気に入った一番のポイントは、滑りにくいことです。

使用時に「手が濡れていても滑りにくい」です。

今まで使用していたヘアクリップだと、

  • ヘアクリップのバネが硬過ぎて滑りやすいものや
  • クリップの柄の角度が急すぎて滑りやすいものや
  • 滑り止めがなくツルツルしたものなど

使いにくいものが多かったですが、これは使った時に手にフィットして使いやすかったです。

 

◆自分にピッタリのサイズを探せる

長さが「10.4cm、12.1cm、13.8cm」と選べるので、自分にピッタリのサイズを探せます。

私は真ん中の12.1cmのものを使用しています。(Lサイズ)

 

◆クリアな色がキレイ

クリアな色味がキレイで気に入ってます。

あまりゴツゴツしてないのも、スマートでいいですね。

 

 

ヘアクリップもハサミやカットコームと同じように、美容師の仕事では出番の多い道具です。

少しの不便さを改善することが仕事中の集中力を上げ、良い成果が生まれます。

言うなれば「小さな改善、大きな成果」ですね。

それにこだわりのお気に入りの道具を持つことで、ますます仕事が楽しくなりますよね。

 

以上が美容師こだわり道具、髪が絡まなくて濡れた手でも使いやすい「ヘアクリップ/ダッカール」についてでした。

 

⇒ 他の「美容師の道具」についてはこちらご覧ください。

ハサミ(ヒカリシザー) / セニングシザー / 特殊なセニングシザー(FORCE) / カットコーム01 / カットコーム02 / ヘアクリップ・ダッカール / シザーケース

 

 

関連記事です。

美容室でもバンバン使ってる「ヘアカラー用準備グッズ&おすすめ道具」

美容師に関するいろんな体験談(正社員、パート、フリーランス、転職したケースなど色々)