頭皮ブラシ、シャンプーブラシ

頭皮がかゆい?! それってシャンプーやトリートメントが原因かも?

の中で登場した「シリコン」について少し・・・

 

あくまでも私の個人的な考えです。

私は科学者でも研究者でもありませんので、日々の実体験からの判断です。

 

最近よく「シリコン」って言葉、見たり聞いたりします。

このシリコンは、髪の感触を良くするコーティング剤です。

ノンシリコンシャンプー、ノンシリコントリートメントなどよくシリコンを含まない製品が売り出されるようになってきました。

 

というのも、まだほとんどのシャンプーやトリートメントにはシリコンが入ってるんですが、

このシリコンが悪いのか?

っていうと、まぁ、ないほうがいいのかなってぐらいには思います。

以前の私は「シリコン?」、まぁいいんじゃない?ってぐらいに考えてましたけど。

 

どこで考えが少し変わったのかというと、

 

スタジオ・ココではヘナをメニューとして採用しています。

当店のヘナは天然100%でジアミンを使用しないものですが、この天然のヘナはシリコンをよく落としてからでないと染まりが悪くなります。

天然のヘナカラーって簡単に言うと、葉っぱを細かくすりつぶして塗るだけのものなんですね。

一般的なヘアカラー「剤」みたいに製品化されたものではなくて、素材そのものなんです。

 

製品化されたヘアカラーだと、しっかり染める・染まりやすくするために、いろんなモノを配合して作られています。

天然のヘナはヘナ1種類のみです。

これってヘアカラー剤というには貧弱すぎます。

だから染める力が他の製品に比べるとすごく弱い。

髪に余分なものがひっついてたり残ってたりすると、染まりがすごく悪くなります。

 

はじめはシリコンを落とすシャンプーなどを使用しないで、普通にシャンプーで洗った後にヘナを塗ってましたけど、なかなか染まりが良くなかったんですね。

毎回安定して同じ染まり方をしてくれませんでした。

あれには困りました(汗)

 

いろいろ染まりを良くするために試したんですが、そのなかの1つで、シリコン落としシャンプーしてから染めてみました。

今まで染まりにくかった人も、よく染まるようになったんですね。

スタジオ・ココでノンシリコンシャンプーを取り扱うようになってから、そのシャンプーを使ってる方は、以前よりずっと染まりやすくなってます。

 

この辺からシリコンはシャンプーしても、「洗い落ちてない可能性があるかも?」って考えるようになりました。

(もともとシャンプーの中にも含まれてますし、トリートメントにも、アウトバストリートメントやヘアクリームなどにも含まれています。あっそうそう、ヘアカラー剤にも含まれてますよ)

このヘナの染まりや頭皮のかゆみなどの実体験が、私には非常にわかりやすかったですね。

そういう理由から、シリコンはない方が良いと思うようになりました。

 

今スタジオ・ココでは、パーマの前にもシリコン落としシャンプーを使います。

そうしたほうがパーマをかけやすくなるし、かかりやすくなる分弱めのパーマ液で優しく施術できて、ダメージを抑えることができるようになります。

こういった細かい作業を積み重ねていくと、髪へ与えるダメージを減らすことができて、その結果キレイな髪になっていくんですね。