女性のイメージ画像

ヘアカラーで頭皮がしみる、地肌が乾燥するといった頭皮トラブルにお悩みの20歳女性にアンケートを取りました。

 

  • 頭皮トラブルに悩んだ経緯
  • その時どのような対策・改善方法を取ったのか?
  • なぜその方法を選んだのか?
  • それによって状況はどう変化したのか?
  • また同じようなお悩みや問題が出てきたら、次はどう対応するのか?
  • 体験者からのアドバイス

 

などを書いていただきました。

もしあなたが同じようなトラブルにお悩みなら、何かのヒントになれば幸いです。

 

■ ヘアカラートラブルがある場合のセルフカラー(白髪染め)対策には、「カラートリートメント」「ヘナ」「ヘアマニキュア」がおすすめ。

 

ヘアカラートラブルがある際に美容室で染めるなら、こちらのメニュー

髪や頭皮に優しいシャンプー&トリートメント、その他ホームケア まとめ

ヘアカラーに関する他の体験談

生理中にヘアカラーしたい時は美容院で対策 ◇頭皮トラブル「しみる・乾燥」を改善した20代女性の体験談

◆あなたの「お名前・年齢・性別」を教えてください。

 

「環」といいます。25歳女性です。

 

◆頭皮がしみるといったヘアカラートラブル、頭皮が乾燥するなどの頭皮トラブルになってしまった経緯を教えてください。

 

20歳で初めてヘアカラーをしましたが、初めてだったため美容室の方からも「頭皮がしみるかもしれません」と事前にお話ありました。

実際にヘアカラーをして頂いた際は、案の定、頭皮がしみるという状況でした。(笑)

 

ヘアカラーが髪の毛に浸透し、洗い流し終わってからは特にトラブルはなかったですが、3ヶ月に1回カラーリングしていたこともあり、その度に頭皮がしみる状況でした。

それから毎度しみるのを我慢する状況で、なかなか大変でした。

身体にもよくないのか、ヘアカラーの頻度を下げるべきなのか、悩む日々が続きました。

 

また、冬になると別問題が発生します。

それは「頭皮の乾燥」です。

頭皮は意外とケアを怠りがちですが、当の本人も頭皮ケアを全くしていなかったため、ヘアカラーをする際にいつもよりかなりしみやすく、こちらも苦労しました。

 

ヘアカラー後は特にフケがひどい状態になりますし、シャンプーをしても特に改善なく、さらに抜け毛も多かったため、髪の量が減らないかとても不安な日々を送ってました。

 

(参考)頭皮に優しい美容室のヘアカラーメニューをお探しならこちら

頭皮がしみるけどヘアカラーしたい時は、どんな対策や工夫をしましたか?

◆頭皮がしみる時のヘアカラー対策を教えてください。どんな工夫をしましたか?

 

どうすれば頭皮がしみる状態を解消できるのだろうと考え美容室の方にもご相談したところ、「生理周期にもよってしみやすかったりする」とのことでした。

私も始めは知らずお願いしていたのですが、確かに生理中にヘアカラーをすると、いつもよりしみやすいことが分かりました。

 

また頭皮にカラー剤をつけないようにカラーリングすればしみることはないとも教えていただいたので、それから生理中でもヘアカラーしたい場合は頭皮につけないようにお願いするようになりました。

そうしたところ、頭皮がしみることはなくなりました。

 

⇒ ヘアカラーを頭皮につけないカラーリング方法「ゼロタッチ/ゼロテク」

「ゼロタッチ/ゼロテク」ヘアカラーを頭皮につけないカラーリング方法

⇒ おしゃれ染めの場合は「バレイヤージュ」というグラデーション入れる染め方で、根元がプリンが気にならならいカラーリング方法もあります。

【バレイヤージュ】グラデーション入れる染め方で根元がプリンにならならいカラーリング方法

 

また頭皮の乾燥については、その美容師さんによれば、「化粧水を頭皮に塗る」ということでした。

私がそれを当初聞いた時は「まさか・・・」と思ってましたが、普段フェイスには「化粧水→乳液」としっかりケアをするのですが、頭皮は全くノータッチでした。

その状態をしばらく続けると当然頭皮は砂漠状態になりますし、抜け毛も激しくなることが理屈でも理解できました。

そのため、毎日頭皮も化粧水でケアをするように取り組みました。

ただ頭皮ケア用のローションだと割高だったため、私は薬局でも手に入る安い化粧水をチョイスして使ってました。

 

(参考)お手軽な頭皮ケア、頭皮の保湿には以下の2つもおすすめです。

⇒ ホホバオイルは頭皮の保湿、クレンジング、トリートメントに使えて超便利

インカオイル社のオーガニック・ホホバオイル

⇒ お手頃価格で安心して使い続けられる育毛剤「ザクローペリ」

女性ホルモン配合の薬用育毛剤「ザクローペリ」

 

◆これらの頭皮トラブル対策をした感想を教えて下さい。

 

生理中にヘアカラーしたい場合は頭皮につけないようにお願いしましたので、頭皮がしみることはなくなりました。

 

頭皮の乾燥に対しては化粧水を購入し、頭皮に十分に行き渡るようにたっぷり使用しながらケアしました。

頭皮は意外と面積がありフェイスより化粧水を使うため、心置きなく使える安いものをチョイスしました。

 

また頭皮に塗る際に必ず頭皮マッサージも心がけてました。

私は普段からPCでの作業も多かったため、頭も凝りやすいです。

化粧水を塗ってから頭皮マッサージをすると指の滑りもよくなりますし、何より血行もよくなるので一石二鳥です。

 

ただ化粧水で水分を行き渡らせることはできても、保湿はどうするかと少し気になったところはありました。

もしかすると保湿クリームも塗るとより乾燥は防げそうですが、それを行うことでかえって頭皮がベタつかないか気になり、私は化粧水のみにしました。

結果こちらを継続的に行ったことで現在はフケや抜け毛・頭皮の乾燥がなくなり、そして普段の際でもヘアカラーで頭皮がしみることもなくなりました。

毎日のケアが本当に重要なのだとその時感じました。

頭皮トラブル改善後は日々のケアしてますか?ヘアカラーはどうですか?

上記でもあげた通り、生理中にヘアカラーしたい場合は頭皮につけないようにお願いしています。

普段の場合は根元が気になるので、地肌からカラーリングしてもらってます。

そして頭皮に化粧水を塗ってマッサージをすることを、日々のケアとして心がけてます。

 

ただセルフで頭皮マッサージをするケアのデメリットとして、サボってしまうというところがあるため、ヘアブラシを頭皮マッサージ用の物を買い、髪を梳かすようにしてます。

これだけでもかなり血行がよくなり、乾燥も少し治りました。

 

もう一点、頭皮の乾燥対策としてしていることは、髪を洗い過ぎないという点です。

日本人の多くの方が毎日髪を洗っているというデータが出てますが、実際海外から見てみると毎日髪を洗うこと自体、地肌にとって良くないと言われています。

その事実を知ってから、2日に1回シャンプーすることで頭皮の乾燥やフケもより減ったと思います。

 

現在のケアが一番自分には合っていると感じているため、それをこれからも続けていきます。

 

◆同じようにヘアカラーで頭皮がしみる・頭皮が乾燥するといった症状がある人にアドバイスをお願いします。

 

一番は頭皮ケアを怠らないようにしてほしいということです。

フェイス含め肌はとても乾燥しやすく、常に保湿しなければ砂漠状態になってしまい、せっかくの健康な髪の毛も綺麗に保てなくなり、フケやかゆみ、最悪抜け毛にも繋がります。

さらに、ヘアカラーしたくても頭皮の問題で断念せざるを得なくなります。

そのため、価格の低い化粧水でも良いので、毎日の頭皮ケアをおすすめします。

 

ヘアカラーは私のように頭皮につけないようにカラーリングしてもらうか、生理といった体調も考慮するといいかもしれません。

 

また、髪を毎日洗いすぎることも頭皮に影響を与えやすくなるため、シャンプーの頻度を少し控えてみるだけでも頭皮の乾燥やフケは抑えられます。

一度こういったケアを試してみるのもいいかと思います。

 

以上が生理中にヘアカラーしたい時は美容院で頭皮つけないように対策しつつ、セルフケアで頭皮の乾燥からくる諸症状を改善した20代女性の体験談でした。

⇒ ヘアケアに関する他の体験談はこちら

 

⇒ ヘアカラーに関するいろんな体験談

 

白髪染めカラーリング中にかゆみ、ヘアカラー翌日に頭皮がかゆい。これってジアミンアレルギー?

市販でかぶれない白髪染めはどれ?ジアミンアレルギーでも使えるカラー剤と美容院の対応ヘアカラー

白髪染めで頭皮がヒリヒリしみる・痛いなど地肌弱い場合のヘアカラー対策方法

ヘアカラーを頭皮につけないカラーリング方法「ゼロタッチ」で、地肌に優しい白髪染め!(おしゃれ染めも可)

 

■ ヘアカラートラブルがある場合のセルフカラー(白髪染め)対策には、「カラートリートメント」「ヘナ」「ヘアマニキュア」がおすすめ。

 

髪や頭皮に優しいシャンプー&トリートメント、他ホームケア【まとめ】

ヘアカラートラブルがある際に美容室で染めるなら【こちらのメニュー】

Studio CoCo
~ 髪と体に優しい姫路市美容院 ~

メール予約 予約の空き状況
サロン案内 メニューと料金
クーポン ビフォーアフター