「最近、白髪が出始めてきたので、どっちをしようか迷ってます・・・」
「白髪染めっていう響きが嫌!おしゃれ染めで白髪を染めることはできるの?」

など、どのヘアカラーを選択すればよいのか、迷ってしまうこともありますよね。

  • 白髪が出始めた場合
  • 白髪が増えてきた場合
  • 髪をダメージさせずに白髪のみ染めたい場合

など、ケースに応じた対処法をお教えします。



「白髪染め」と「おしゃれ染め」の違い

白髪染めは「グレイカラー」と呼ばれることもあります。主に白髪のある髪へ、それを隠す目的で使用されます。

おしゃれ染めは「ファッションカラー」と呼ばれることもあります。主に白髪のない髪を明るく染める目的で使用されます。

「白髪染め」も「おしゃれ染め」も基本的な構造は同じ

今回は一般的によく使用される「アルカリカラー剤(脱色ができるカラー剤)」のケースでご説明します。(ヘアマニキュア、カラートリートメント、ヘナなどは、これには該当しません。)

白髪染めもおしゃれ染めも「脱色剤」で髪を明るくしながら、「染料」で希望色に着色するという「基本的な仕組みは同じ」です。

この2つの大きな違いは「脱色剤の強さ」と「染料の濃さ」になります。

「脱色剤の強さ」と「染料の濃さ」の違いについて

おしゃれ染めでしたら15レベルぐらいまで明るくできますが、白髪染めでしたら、白髪が染まる限界の9レベルぐらいが一番明るい色になります(4レベルが黒髪、15レベルが金髪ほどの一番明るい色です。)

おしゃれ染めは求める仕上りにもよりますが、基本的には染料を薄めに配合してあります。(ブラウン色が少なめ)

おしゃれ染めは白髪に関係なく明るく染めることを前提にしているので、ブラウン色を使わない、もしくは少なめの配合で、鮮やかな色彩を感じやすいように作られています

 

一方白髪染めは、薄い色だと白髪が染まらないので、染料を濃いめに配合してあります。

白髪染めは白髪を染めることを前提に使用されるので、ブラウン色でまずは白髪を目立たなくさせてから、他の色を足して様々な色を表現するといった感じです。

ブラウン色が入っているので、たとえばオレンジ色にするのでも「オレンジブラウン」といった落ち着いた色になります。

そのため茶髪ぐらいにはできますが、金髪の白髪染めはありません。

「白髪染め」「おしゃれ染め」どっちが痛むの?

白髪染めとおしゃれ染めを同じ明るさで比べてみると、白髪染めの方が髪のダメージが大きくなります。

これは「染料の濃さ」に関係してくるのですが、おしゃれ染めは染料が薄いため、着色の際に暗くなりにくいからです。

一方白髪染めは染料が濃いため、明るくしていてもブラウン色といった暗い色を着色するため、もともとの明るさよりも暗く仕上ります。

そのため白髪染めは、暗い色を着色しても暗くなりすぎないように、仕上りの明るさよりも少し余分に明るめにしてあります。

同じ明るさをするにしても、白髪染めの方が「着色する前の下地の髪が明るい=痛む」ということになります。

「白髪染め」や「おしゃれ染め」する際の注意点

明るくなるほど、髪のダメージが大きくなる(=色落ちが早い)

明るくなればなるほど脱色作用が大きくなり、それにつれて髪のダメージも増加します。

ダメージしている髪は退色が早いので、黄色っぽく痛んで見えやすくなります。

カラーリングしたその時だけキレイに仕上げるのではなく、長期間キレイな状態を保ちたい場合は、後々色落ちして髪が痛んで見えやすくなることも考慮して、仕上りの明るさを決めることも大切です。

退色がすすむと明るく見えるので、気持ち暗めのカラー剤選択でも良いかもしれません。

明るい色ほど白髪の染まりが悪くなる

白髪染めは、明るくなるほどに白髪を「染める」というよりは、「ぼかす」感じになります

黒髪が茶髪ぐらいになると、白髪の染まりが薄くても、目立ちにくくなります。しかし白髪の染まりが薄いので退色が早く、しばらくすると白髪が浮いた感じになることには注意が必要です。

現在発売されている白髪染めの平均値をとると、大体7レベルぐらいまでなら、白髪がしっかり染まっていると感じると思います。8~9レベルの白髪染めは「ぼかす」ように染めていると知っておくと良いでしょう。

アレルギーやカブレに注意

どのカラー剤も薬品を使用するものなので、正しく使用することが必要です。

自分でカラーリングを行う場合は、誤った使用方法をしていても、だれも注意してくれないので、トラブルを起こしてしまうことがあります。

カラーリングの際は、以下の点に注意すると良いでしょう。

用法を守る

所定の放置時間を守ってカラーリングを行いましょう。

TV番組を見ながらとか、用事をしながらとか、カラーリングしている人も多いのではないでしょうか。

「この番組を見終わったら、シャンプーしよう。」
「この用事をしてしまった後に、シャンプーしよう。」

ではなく、カラーリングの放置時間に合わせることが大切です。

カラーのアレルギーを引き起こしたり、カブレたり、ダメージが広がるので、長めの放置時間は良いことがありません。

また少しでも白髪が伸びてくると気になって、1週間に1回のペースで染めている人も、めずらしくありません。

こういった使用方法もアレルギーを引き起こしたり、カブレたり、ダメージが広がるので、頻繁なカラーリングには気をつけましょう。

もし週一回ぐらいの頻度で染めたい場合は、「カラートリートメント」「ヘアマニキュア」などで気になる部分のリタッチ染めを行い、月一回ぐらいのペースでアルカリカラー剤を使用するようにしましょう。

違和感を感じたら中止する

カラー剤を塗布している最中でも、違和感を感じたらカラーリングを中止し、すぐにシャンプーしましょう。

「今シャンプーしたら染まらないので、もったいない。」
「白髪が染められないのは困るので、かゆい/しみるけど、我慢して染めよう。」

といった行為はカラーアレルギーや頭皮トラブルを引き起こします。

カラー剤は薬品で、誤った使用方法をすると良くないということを再認識してください。

一度でもアルカリカラー剤でアレルギーやカブレを起こしたら、今後の使用は諦める!

アルカリカラー剤には「ジアミン」という染料が使われています。このジアミン染料はアレルギー反応がある人には重篤な症状を引き起こすことがあります。

一度アレルギー反応を起こしてしまうと、しばらく期間をあけていても次の使用の際に同じような、もしくは悪化して症状が起こることになりますので、ジアミン染料を配合しているアルカリカラー剤は控えるようにしましょう。(ほとんどのアルカリカラー剤はジアミン染料を配合しています。)

こういったことにならないためにも、アルカリカラー剤を使って週一回ぐらいの頻度でカラーリングすることは、やめるようにしましょう。

妊娠中や授乳中のヘアカラーについて

妊娠中(妊娠初期~妊娠後期まで)は体調の変化が激しく、また敏感になっています。アレルギーやカブレを引き起こしやすいので、ヘアカラーの使用は控えるようにしましょう。

同じ理由から産後直後もヘアカラーを避ける方が良いでしょう。

授乳中の場合は、体調の良い時を選んでカラーリングを行なうことができます。



「白髪染め」や「おしゃれ染め」選びのポイント

白髪をしっかり染めたいのか?それとも明るさを優先して染めるのか?

どちらを優先させるのかで選ぶと良いでしょう。

  • しっかり染めたい場合は、7レベルぐらいまでの明るさがおすすめです。
  • 明るくしたい場合ですと、8~9レベルは白髪が染まっていると感じる人も多いです。

それ以上の明るさは、白髪を目立たなくさせているという感じの仕上りになります。

白髪だけ染まればいい!髪の痛みが気になる・・・

そういった場合は、「カラートリートメント、ヘアマニキュア、ヘナ」で染めるのでも良いと思います。

これらのヘアカラーは脱色剤を使用していないので、髪を明るく染められない分、髪の毛を痛めることがありません。白髪のみ染めたい場合は、まずはこれらから試すことをおすすめします。

美容室で染める場合でしたら、「香草カラーMD」といって髪を痛めずに、しっかりと白髪を染められるカラー剤もあります。

「サロンカラー」と「ホームカラー」を上手に使い分ける

メインは美容室でカラーリングをしてもらい、その合間にホームカラーで伸びてきた部分の「リタッチ染め」を行なっても良いでしょう。

セルフカラーする場合のポイントは、リタッチ部分のみ染めるということです。何度も全体を染めれば髪のダメージがどんどん大きくなるので、必要な部分のみ染めることがダメージ予防する意味で大切です。

ホームカラーをする場合は・・・

  • 黒髪から初めて明るくする場合
  • 全体をもう少し明るくしたい場合

のみアルカリカラー剤で全体カラーをする。

それ以外はリタッチ染めを行い、髪全体の色を変えたい場合は「おしゃれ染め用カラートリートメント」を使って着色する方が、髪のダメージを防げるので良いでしょう。

色落ちして退色した場合も、髪へのトリートメントついでに補色もできるので一石二鳥です。

おしゃれ染め用カラートリートメントとは、このようなものです。

 

 

毛先の退色を抑えたい場合は、「白髪染め用カラートリートメント」がおすすめです。

暗くなりすぎるようでしたら、「シャンプー後に使用する通常トリートメントと混ぜて希釈する」と良いでしょう。(最初は1対1ぐらいから。お好みで希釈倍率を変化させてください。)

 

よくある質問

「おしゃれ染め」で白髪は染まりますか?

白髪は染まりません。しかし明るく染めると、髪全体が明るくなるので、白髪をぼかす効果はあります

白髪が出始めの時などは、おしゃれ染めを続けていても大丈夫です。白髪が増えて目立ち始めた時に、明るめの白髪染めに移行すると良いでしょう。

「白髪染め」と「おしゃれ染め」を混ぜるとどうなりますか?

市販のヘアカラー剤では、メーカーは推奨していないと思いますが・・・

美容師が使用するプロ用ヘアカラー剤は、混ぜて使用しても良いように作られていますので、白髪染めとおしゃれ染めを混ぜて中間ぐらいの色を作ることもあります。

「白髪染め」と「おしゃれ染め」を併用してもいいですか?

交互に使用しても、ヘアカラーの構造は一緒なので、特に問題はありません。

もし白髪染めで暗くなりすぎてしまって、おしゃれ染めでまた明るくしたいと思っているとしたら、注意が必要です。そういう場合は「除染・脱染」といって、先に暗い染料を取り除く作業が必要です。

白髪染めとおしゃれ染めを部分部分で塗り分けることも大丈夫です。

どちらかというと、「白髪染めとカラートリートメント」の組み合わせの方がおすすめです。

白髪の気になるリタッチ部分は白髪染めで、毛先の退色しているところへはカラートリートメントを使用すると、カラーリングのダメージを最小限にとどめつつ、髪全体をキレイに染めることができます。

「白髪染め」と「おしゃれ染め」どちらの方が髪をダメージさせますか?

上記の方でご説明しましたが、もう一度おさらいしておきます。

同じ明るさにする場合でしたら、白髪染めの方が痛みます。しかし白髪染めで明るくできる色は9レベルぐらいが限界です。もしおしゃれ染めでそれ以上の明るさにする場合でしたら、おしゃれ染めの方が髪を痛めるということになります。

 

 

関連記事です。

ホームカラーとサロンカラーの違いとは? 上手に使い分けるコツ!

明るい白髪染めは染まらない?市販のカラー剤で明るく染める方法を解説!

カラーの頻度や理想的な間隔の目安は?パーマ後、リタッチ、白髪染め、最低期間などの質問にお答えします!

白髪染め失敗!暗い色を落としたいので、落とし方教えて!

カラーリング頻度と髪の毛の痛みは比例する(ダメージを減らす方法)

 

関連記事
【Q&A】縮毛矯正とストレートパーマの違いについて 縮毛矯正とストレートパーマって何が違うの?   って質問を、ときどき仕事中にされることがあります。 なので、簡単に説明してみます。   ストレートパーマは薬剤の力のみで、クセ毛をまっすぐに伸ばそうとする方法です。 1剤で髪のクセを伸ばしやすい状態にし...
黒染めした後にもう1度明るく染めるには? 「スタジオ・ココ 施術編」 前回の記事『黒染めした後にもう1度明るく染めるには?』を、スタジオ・ココで施術するやり方をご紹介します。   前回の記事で黒染めした髪をもう1度明るく染めるには、髪の毛の痛みが大きくなると書きました。 ブリーチした後に、もう1度カラーリングするので合計2回のカラーリングを行います。 ...
ヘナ&ハーブカラーとクリアカラーのビフォーアフター 2 ヘナ&ハーブカラーとクリアカラーのビフォーアフターです。   ヘナ&ハーブカラーとは... ヘナやその他のハーブだけを使用する植物性ヘアカラーです。天然100%にこだわり、化学薬品使用していません。その時々でいろんなヘアカラーが発売されますが、究極的にはこのヘナ&ハーブカラーが一番体...
カラーリング頻度と髪の毛の痛みは比例する(ダメージを減らす方法) カラーリング頻度が高いと髪の毛の痛みが大きくなる 髪の毛の痛みとカラーリングは切り離せない問題です。 カラーリング頻度が高くなるほどに髪の毛の痛みが大きくなり、パサついたり、もつれがひどくなったり、枝毛が発生することもあります。また敏感な人は頭皮へのダメージも心配です。 痛みが大きくなるに連れ...
草木染め(ボタニカルカラー)とは? ・・・化学染料を使用しない「ノンジアミンカラー」... 草木染め(ボタニカルカラー)とは? 1000年以上も続く、日本古来の草木による染色技術をヘアカラーに応用した、植物生まれのノンジアミンカラーです。 もともと草木に備わる色彩を生かして染めていきます。天然素材100%です。 草木染めは、合成染料では表せない、透明感のある優しい色が特徴です。一般ヘ...

 



 

「とにかく時短でオールマイティーにケアしたい」という人へおすすめ! 100%天然由来からできているオールインワン・オーガニックシャンプー。

シャンプーするだけでヘアケア、頭皮ケア、薄毛予防、白髪予防までをカバーできてしまうトリートメント不要のシャンプー。100%天然由来、10の無添加など品質へのこだわりはもちろん、育毛成分ミノキシジルの3倍の効果があるといわれるキャピキシル配合、その他ヘマチン、欧州ホップエキス、リンゴ果実培養細胞エキスなど挙げたらキリがないぐらいたくさんの有効成分を配合。頭皮の荒れやフケ・かゆみ、薄毛にハリ・コシ・ボリュームアップ、抜け毛・白髪の予防まで、とにかく髪で悩んだら一度は試してみたいシャンプーです。この品質でこの価格はサロンシャンプーではあり得ない。公式サイトをチェックharu 黒髪スカルプシャンプーレビュー記事はこちら

【半額キャンペーン中!】100%天然由来、いろんな用途に使える高品質オーガニック・コンディショナー。1本あれば大活躍間違いなし!

インバスコンディショナーとしてだけでなく、ヘッドマッサージ用クリームや頭皮の保湿、UVケア、洗い流さないトリートメント、ヘアクリーム、ブローローション、寝癖直しウォーターなど多機能に活躍する無添加コンディショナー。ノンシリコンなのにサラサラ、ふんわり柔らかい質感が気持ちイイ。これ1本あれば他のヘアケアアイテムをぐっと減らせます。コスパ最高!用途別使用方法はこちらで解説><公式サイトをチェック

マイナチュレ カラートリートメント

よく染まる白髪染めカラートリートメント! 染めるだけでヘアケア、白髪ケア、頭皮ケア、エイジングケア、4つの効果!

数あるカラートリートメントの中でもよく染まる一品。お手軽に白髪をカバーすることができ、色も長持ち。染めるだけで手間いらず、4つのケアを同時に行えます。白髪を染める、髪へのトリートメント、頭皮ケアで環境を整える、エイジングケアで年齢の衰えに備えられる、今までにないカラートリートメントです。赤味が出にくいナチュラルなブラウン色に仕上がるので、髪色問わず合わせやすい。公式サイトをチェックおすすめ使用方法はこちら