髪の悩み

髪型で迷ったらこの記事をチェック

男性女性 それぞれのヘアカタログ

就活などで黒染めした髪を、もう1度明るくする(茶髪に戻したい)場合はどうすればいいですか?

黒染めに関するよくある質問です。

おしゃれ染めや白髪染めなどのヘアカラーこれらのことをアルカリカラー剤と呼びます)では、黒染めした髪を明るくできません。

明るくしたい場合は、先に黒染めの染料を取り除く必要があります。

黒染めのように真っ黒、もしくはそれに近いぐらいの暗さに染めた場合は、髪に濃い染料が残ります。これは白髪染めで暗くなってしまった場合も同じです。

この濃くて暗い染料はなかなかとれないんですね。(美容師泣かせです 笑)

茶髪など明るく染めるには「ブリーチ」や「脱染剤」などを使って「除染・脱染」を先に行う

黒染めの濃い染料を取り除くためには、「ブリーチ」か「脱染剤」を使う必要があります。

染料を取り除くことを「除染」もしくは「脱染」といいますが、この作業を行わなずにアルカリカラー剤でカラーリングしても、黒染めの方が勝ってしまって変化なしです。

カラーリングのダメージで髪が傷むだけになります。

アルカリカラー剤には染料を取り除く力がない

アルカリカラー剤でいつも髪を明るく染められるのは、「脱色」しているからです。髪の毛にもともとある「メラニン色素を分解している」から明るくなります。

アルカリカラー剤には化学染料を分解する力がありません。

 

黒染め後明るく戻す際に間違いやすいポイント

  • 「黒染め後」アルカリカラー剤を使っても髪は明るくならない。
  • 「黒染めしていない」髪を明るくするのは、アルカリカラー剤でOK。

茶髪に戻すためのステップ

  1. 「ブリーチ」か「脱染剤」で黒染め落としをする
  2. アルカリカラー剤で髪のムラや色を調整する(必要に応じて)

という流れになります。

 

こちらで黒染め落としの詳細をご説明しています。

⇒ 黒染め後に明るくするには? 自分でできる「黒染め落とし」の方法を4つご紹介

カラーリングの準備

カラーリングの際のトラブルを避けるためにも、できるだけ準備しておいた方がいいものをまとめました。

必要なものを忘れていないかチェックしてみてください。

脱染剤を使って染料を落とす

ブリーチは髪のダメージが激しいのでおすすめしていません。ここでは「脱染剤」を使った方法をご紹介します。

ヘアカラーの染料を取り除くことが主目的の商品です。髪が傷まないというわけでないですが、ブリーチするよりもダメージを減らすことができます。

脱染剤の使用方法 (レブロン レブロニッシモ カラーリムーバーの場合)

脱染剤の使用方法は、従来のヘアカラーを塗るのと同じです。

1剤・2剤を1対1で混ぜて、塗布し、所定時間を置いてシャンプーするという流れです。

使用する際のポイントをご説明します。

 

チェックはこまめに行う

  • 黒染め以前はどれぐらい明るかったのか?
  • 今回はどれぐらい明るくしたいのか?
  • 明るくなりやすい/明るくなりにくい髪質

などによって放置時間を適切に調節する必要があります。

どれぐらい明るくなってきているか、度々チェックしてシャンプーするタイミングを見計らってください。(説明書の放置時間はあくまで目安程度に)

 

暗髪への色戻りがある場合も

この脱染剤は製品の特性上、ブリーチと違って、明るくなっても1~3日ぐらいで暗く戻ることがあります

再び真っ黒になるわけではないですが、希望している明るさよりも暗い場合は、もう一度脱染剤を使用すると更に明るくできます。(2回目の放置時間は短めを意識する)

2度の脱染剤の使用でも、1度のブリーチよりダメージは少なくできるので、やはり脱染剤を使って黒染め落としをするほうがおすすめです。

 

色戻りを防止するために

脱染剤使用直後や数日間は、しっかり目にシャンプーを行います。(2シャンプー以上がおすすめ)

その際は洗浄力の強い石油系シャンプー(市販の安いシャンプーですね)を使用すると良いでしょう。

 

アルカリカラー剤の使用は数日経ってから

脱染剤を使用して明るくなっても、また少し色が戻って暗くなるケースがありますので、数日経過して髪の状態を確認することをおすすめします。

その後にアルカリカラー剤を使用する方が、希望色に近づけやすいですね。

 

脱染剤使用直後のアルカリカラー剤は少し明るめを選ぶ

脱染剤使用直後に(日にちを空けずに)アルカリカラー剤を使用する場合は、明るくなりにくい状態ですので、希望色より少し明るめの色を選ぶと良いでしょう。

 

独特の匂いがある

製品特有の匂いがあります。無臭ではないので、匂いに敏感な人は注意が必要です。

  • 気になる人はブリーチの方が匂いがマシです(その代わりにダメージは大きい。)
  • ダメージを減らすために、脱染剤の匂いを我慢する

どちらかの選択になります。

ちょっと待って! 少し明るくしたいぐらいなら石鹸シャンプーでいいかも

ケースによりけりですが、「黒染め前の髪が金髪、もしくは明るい茶髪」だった場合は、色落ちが早く、思ったよりも早めに明るくなることがあります。

このケースの場合、茶髪に近いぐらいまでなら、2~3ヶ月後ぐらいには戻るかと思います。

早く色落ちさせたい場合は、「石鹸シャンプー」で毎日2回シャンプーすると退色のスピードが早まります。

 

石鹸シャンプーで色落ちを促進させる方法が、髪への負担が一番少ないのでおすすめです。

今すぐ明るくしたいというわけでない場合は、こういった方法をまず試してみることをおすすめします。

もし次に黒染めすることがあるのなら・・・

⇒ 市販の黒染めで上手にセルフカラーするコツ&おすすめヘアカラー

髪をダメージから守るためにも、これらの方法を検討してみてもいいと思いますよ。

黒染めほど真っ黒に染めなくても、今より暗めに染めるぐらいでよい場合

1、白髪染め用カラートリートメントを使う

こういった商品の濃い色を選び、2時間以上置いてしっかり染めることで、かなり暗い色にまで染めることができます。

マイナチュレはカラートリートメントの中でも染まりがとても良い商品ですし、頭皮ケアにも配慮してあるので長時間置く場合は、こういったものの方が安心して使用できますよ。

(Amazonでも購入できますが割引なしなので、公式サイトの方がお得です。)

 

⇒ 「カラートリートメント」で長めに放置時間をおいてしっかり染める方法はこちらをチェック!

 

2、ヘアマニキュアを使う

白髪染め用ヘアマニキュアを使って黒染めや髪色戻しを行います。色はダークブラウンやブラックなどの濃いめの色がおすすめ。

ポイントは所定時間よりも少し長めに放置時間を取る、たっぷり塗布するを意識すると良いでしょう。

ヘアマニキュアはサロンドプロとブローネが2大有名ブランドですが、髪色戻しする場合はサロンドプロの方がしっかり染められるのでおすすめ。

放置時間が5分とありますが、黒髪近くまで暗い色に染めたい場合は15分~20分と少し長めに置く方がいいですよ。

二度染めならもっと濃く染められます。(やり方はこちらを参照

同じサロンドプロのメンズ用ヘアマニキュア。

ダークブラウンで髪色戻しする場合は少し柔らかい色になりますが、ブラックは本当に黒々とした色に染まります。

個人的にはダークブラウンで十分かなと思いますが、必要に応じてブラックを使い分けてみてください。

 

⇒ ヘアマニキュアとは? 特徴、使い方、コツなどをご説明します。

 

カラートリートメントやヘアマニキュアで黒染めする「メリット」は?

  • カラーリングの際に髪が傷まない
  • シャンプーのたびに少しずつ退色するので、一時的に黒染めしたい場合に便利。

 

カラートリートメントやヘアマニキュアで黒染めする「デメリット」は?

  • 真っ黒に染めるには手間がかかる(2回染めるなど)
  • 暗く染めた後に、またすぐに明るくすることはできないので注意が必要。
  • 色が残りやすいので、髪色チェンジがしにくくなる。

これらのものはアルカリカラー剤で黒染めをするよりも色落ちが早いので、なるべく早く明るくしたい場合は、毎日2回シャンプーすると良いでしょう。(石鹸シャンプーならなお良し)

その日1日だけ黒染めしたい場合は

一時的な「黒染めヘアスプレー」を使用するのがおすすめです。

シャンプーするだけで落とせるので便利です。

美容室で黒染めをするなら

髪が傷まない「香草カラーMD」で黒染めするのがおすすめです。

しっかりと染めることができて、色落ちもしにくく、なにより髪のダメージを気にしないで染められることがメリットです。

 

「市販のアルカリカラー剤の黒染めは一番最後の選択肢」としてとっておいてください。

もし、どういうふうに黒染めするといいのか分からない場合は、行きつけ美容室の担当美容師に聞いてみるのがいいと思います。

きっと丁寧なアドバイスをくれると思いますよ。

 

PS. スタジオ・ココでは「黒染めを落として、明るく染め直す施術」を現在していません。

この施術は終わり時間が読みにくいからです。一人営業スタイルには厳しい・・・あしからず。