Q&A

黒染めした後、茶髪に染まらない?明るく染める(戻す)方法をご紹介!

黒染めに関するよくある質問

Q. 就活などで黒染めした髪を、もう1度明るくする(茶髪に戻したい)場合はどうすればいいですか?

A. 黒染めする前までに使用していた今までのカラー剤(アルカリカラー剤)では、黒染めした髪を明るくできません。明るくしたい場合は、除染といって先に黒い染料を取り除くことが必要です。

一般的にはブリーチなどで黒染め落としをしてから、アルカリカラー剤で髪を染めるという流れになります。(自分でできる黒染め落としの方法はこちらを参照ください。

黒染めのように真っ黒、もしくはそれに近い色に暗く染めた場合は、髪に濃い染料が残ります。これは白髪染めで暗くなってしまった場合も同じです。この濃い染料はなかなかとれないんですね。(美容師泣かせです 笑)

 

【プチ情報】

黒染めする前の髪の明るさが金髪ほど明るかった場合は、退色して早く色落ちすることがあります。この場合は少し暗めの茶髪ぐらいまでなら、2~3ヶ月後ぐらいには戻るかと思います。

早く落としたい場合は毎日2回シャンプーすると、退色のスピードを早めることができます。もっと早くシャンプーで色を落としたい場合は、「石けんシャンプー」で毎日2回シャンプーするとよいでしょう。

またその日1日だけ黒染めしたい場合などでしたら、『一時的な黒染めヘアスプレー』を使用する方法がいいと思います。シャンプーするだけで落とすことができるので便利です。

 

黒染めのなどの濃い染料を取り除くためには、『ブリーチ』をする必要があります。

染料を取り除くことを『除染』、もしくは『脱染』といいますが、ブリーチしていったん黒染めの染料を取り除いてからでないと、明るくなりません

市販されている一般的なヘアカラー剤(アルカリカラー剤)でそのままカラーリングしてもダメなんですね。明るい色のカラー剤を選んで黒染め後の髪にしたとしても茶髪にはなりません。黒染めの方が勝ってしまって、黒っぽいままで変化なしです。カラーリングのダメージで髪が傷むだけになります。

よく使用されている一般的なヘアカラー剤をアルカリカラーと呼びますが、このアルカリカラー剤では、化学染料を分解する力がありません。アルカリカラー剤で髪が明るくなるのは、髪を脱色しているからです。髪の毛にもともとあるメラニン色素を分解しているから明るくなります。

少しややこしいですが、黒染めをしていない髪を明るくするには、このアルカリカラーでOKです。なぜなら黒髪にあるのはメラニン色素であって化学的な染料ではないからです。化学染料を取り除く場合は、アルカリカラーではなくブリーチが必要になります。

要点をまとめますと

黒染め後は髪を明るく染めたい(茶髪にしたい)と思っても、今までのカラー剤(アルカリカラー剤)では髪を明るくできません。明るくしたい場合は、まずはブリーチなどで黒染め落としをして、アルカリカラー剤などでカラーリングという流れですね。先に黒染めの染料を取り除く作業が必要になります。

ブリーチを使用すると黒染め落として明るくできますが、髪のダメージが大きくなります。アルカリカラー剤では黒染め落としができませんが、ブリーチよりも髪のダメージを減らしてカラーリングできます。

 

【プチ情報】

ヘアカラーでアレルギー反応を起こすのはアルカリカラー剤に配合されている染料に対してです。ブリーチには染料が入っていないため、カラーアレルギーが出た人でも使用できます。

ブリーチには染料を取り除く作用があるため、ブリーチを使用して色を変えること(赤とかアッシュとか)ができませんが、暗いのを明るくすることはできます。

白髪のない人でおしゃれ染めを楽しみたい場合は、このブリーチを使用して染めるとカラーアレルギーがある人でもカラーリングを楽しむことができます。(ブリーチは刺激が強いので頭皮には薬剤をつけないように塗布しましょう。)

 

黒染め落としに関して

ブリーチをしてから更にもう一度カラーリングをする。2度染めと聞くだけでなんとな~く『髪が傷みそう』と思いますよね。そう、2度もカラーリングするので、やっぱり髪への負担は大きいです。

ここからはスタジオ・ココの話し。興味のない人は飛ばして...(笑)

当店ではこのブリーチのパワーを調節して、最小限のダメージで『除染』『脱染』することができます。またブリーチ後のカラーリングにも香草カラーがあるのでおすすめです。傷んだ髪を漢方やハーブでいたわりながらカラーリングできるので最適です。(スタジオ・ココの施術方法はこちらを参照ください。

 

現在は黒染め落としのメニューをスタジオ・ココでは採用していません。一人で営業するスタイルに変更したためです。黒染め落としは2度のカラーリングなどで施術の時間がかかり、終了が読めないので、次のお客様とかぶって待たせてしまうことがあるからです。

スタジオ・ココでは黒染め落としをしなくなりましたが、その代りに「自分でできる黒染め落としの方法」を詳しくご紹介しましたので、黒染め落としたい人はご参考ください。

 

黒染め後に明るくするには? 自分でできる「黒染め落とし」の方法を3つご紹介

最後に

黒染め後にすぐ黒染め落としをし明るく染めるのは、髪のダメージが大きく、また明るくなってもムラが残ったりと大変なので、本当に必要な場合のみブリーチを使用するようにしてください。就活中でも面接時のみ黒髪にするのであれば「黒染めスプレー」でもいいと思います。

また真っ黒でない暗めの色で良い場合は、

などでも対応できます。

カラートリートメントやヘアマニキュアは暗く染める時に髪を傷めることがありませんし、これらはシャンプーするたびに少しずつ色落ちしていきます。こういったもので対応できる場合は、髪をダメージから守るためにも、優先的に使用するほうがよいと思います。

黒染めは一番最後の選択肢としてとっておいてください。

もしどういうふうに黒染めするといいのか分からない場合は、いつもの行きつけ美容室の担当美容師に聞いてみるのもいいと思います。きっと丁寧なアドバイスをくれると思います。