セルフカラー・ホームカラーのイメージ画像

白髪染めを頻繁に使用してる人いませんか?

 

「染めても染めてもすぐ白髪が気になる。」

「人前に出る仕事だから、こまめに白髪を染めたい。」

「髪をくくることが多いから、顔周りが目立つの。」

 

お客様とこういった会話をすることが非常に多いです。

白髪って多い人でも、たとえちょっとの人でも、一旦気になり始めたら、すごく気になって仕方ないですよね。

わたし自身、白髪が出てきましたので、よく分かります。

 

でも気になったからといって、市販カラーの白髪染めで毎週のように染めていると、エライことになりますよ。

たとえ染めるのが部分的だったとしても、ここまで頻繁に染めていると、お肌がカブレたり、最悪アレルギーを発症して一生通常の白髪染めはできなくなります

これ脅しでもなんでもなくて、こういった人達が当店に本当によくご来店されるからです。

 

ご来店された理由を尋ねてみると、週一ぐらいのハイペースで染めたことによるジアミンアレルギー発症で白髪染めができなくなったとのことです。

自宅でセルフカラーする場合はまわりに誰も注意する人がいないので、こういったことになりやすいです。

一生涯、通常の白髪染めができなくなると超不便なので、しかも危ないので、本当にやめてください。

 

でも、「染めるな、我慢してください」って言ってる訳じゃないんです。

代替策があるので、そちらの方法を取るようにしてください。

他の誰のためでもない、自分の健康のために

 

頻繁にセルフカラーする際は、今からご紹介するいずれかの方法だと、お肌がカブレたり、アレルギーを発症したりといった健康被害のリスクを軽減することができます。

髪型で迷ったらこの記事をチェック

男性女性 それぞれのヘアカタログ

かゆみやかぶれといったアレルギー症状を引き起こす大きな要因

白髪がすごく気になるのはよく分かります。

週一ぐらいで染めたい気持ちもよくわかります。

毎週染めるのも、全然オッケーです。

 

だけど、その際に、一番安易な方法を取らないでください。

 

一般的によく使用される白髪染め「脱色しながら明るくもできる白髪染め」ですね。

白髪染めもいろいろあって、ゴチャゴチャして分かりにくいので、ここではこの脱色しながら明るくもできる白髪染めのことを「アルカリカラー剤の白髪染め」と呼ぶようにします。

⇒ アルカリカラー剤とは?

 

「アルカリカラー剤の白髪染め」は簡単に染められて大変便利です。

カラートリートメントやヘナ、ヘアマニキュアなどと比べるとよく染まり待ち時間も短く、非常に使い勝手が良いものです。

しかし、その代わりにジアミン染料を使用していたり、脱色剤配合なので刺激が強かったりします。

アルカリカラー剤の白髪染めで毎週染めてると、お肌がボロボロになったり、カブレたり、かゆみが出たり、アレルギーを発症するリスクが非常に高くなります。

ジアミンアレルギーを発症してしまうと「一生涯」ジアミンを使用するヘアカラーを使用できなくなります。

そういったことにならないように週一ぐらいのハイペースで染める場合は、自身の健康のためにも、ほんのちょっとの手間を惜しまないでください。

気持ちはよくわかるのですが、簡単に染まるものは刺激も強く、正しい使用方法をしないと危ないものです。

毎週間隔でセルフカラーするのに最適な市販カラー剤

毎週白髪染めしたい場合には、これらのヘアカラーを使用すると健康被害リスクを減らすことができます。

簡単にそれぞれの特徴と使い方を説明します。

3つのヘアカラー 共通の特徴

まず共通の特徴として、

  • 脱色剤を使用しないので、髪を明るく染めることはできません
  • その代わりに、髪のダメージはゼロです。
もし明るい白髪染めがしたい場合は、

アルカリカラー剤の白髪染めを2ヶ月か3ヶ月間隔でしておいて、その合間の白髪染めには、こういった髪のダメージのないものを選んですると良いでしょう。

お肌への刺激も減らすことができます。

白髪染めカラートリートメントの特徴

「髪が傷まない、お手軽、ジアミンアレルギーでも染められる」など、優しさが売りのトリートメントタイプのヘアカラーです。

 

簡単な特徴としては、

■化粧品染料を使用しているので、お肌に優しい。

■トリートメントなので、染め上がりが質感良く仕上がる。

■染める時間が短時間で良い。シャンプーついでに染められる。

■カラーリングの準備が簡単。

■もともと連続使用が前提のヘアカラーで、1回での染まりは薄い。

⇒ 納得する濃さに染まるまで数日間連続で染めて、その後は週一ぐらいのペースで続けていく。

 

基本的な使い方としては、

シャンプー後にタオルで軽く拭いてから、染めたい部分にカラートリートメントを塗布し、5分〜15分ぐらいの放置時間を取って、丁寧に洗い流して終了。

という、簡単で手間暇かからないヘアカラーです。

 

⇒ カラートリートメント1回でしっかりと染めたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

ヘアマニキュアの特徴

髪の表面をコーティングするように染める、酸性タイプのヘアカラーです。

頭皮につけないように塗布するので、お肌へのダメージを心配する必要はありません。

 

顔周りなどは、つけないように塗るのは少し難しいかもしれません。

根元(頭皮やお肌)につけて塗らないので1mm〜2mmぐらい染められない部分があります。

しかし、染める時間は10分〜15分程度と短時間で、染まりも1回でも十分に染まったと感じられるレベルです。

ヘアマニキュアの塗布さえできるようになれば、お肌も髪も痛まないしお手軽なので、十分に使えるヘアカラーです。

ヘアマニキュアについての詳しい解説は、上記のリンクをご覧ください。

ヘナの特徴

ヘナは天然100%で、化学的なものを一切使用しない植物性ヘアカラーです。

天然100%で白髪染めができるということが最大のメリットです。

ヘナというハーブの葉っぱを細かくすり潰したものを、お湯で溶いてペースト状にし、カラー剤として使用します。

天然のヘナのみだとオレンジ色にしかなりませんが、最近ではインディゴ(藍色に染められる)他のハーブを混ぜて、ブラウンっぽい暗めの色を作ることもできます。

ヘナカラーの詳細については上記リンクをご覧ください。

 

ヘナのデメリットとしては、

  • 染めるのに時間がかかること
  • 色がほとんど選べないこと
  • 草っぽい匂いがすること
  • パーマがかけられなくなる

といったことがあります。

 

天然100%ゆえの使いづらさもあります。

最大のデメリットとしては、染めるのに時間がかかるということではないでしょうか。

塗布後の放置時間としては最低1時間。

1回でしっかり染めるためには、できれば2時間は置いておきたいところです。

 

その他の注意事項。

少し注意しないといけないのは、へナには他の種類もあって

  • カラートリートメントと同じ化粧品染料を配合しているへナもありますし、
  • 一般的な白髪染めと同じジアミン染料を配合しているヘナもあります。

化粧品染料配合のヘナは頻繁に染めても大丈夫ですが、ジアミン染料配合のヘナは頻繁に染めるとアルカリカラー剤の白髪染めと同じように、カブレやアレルギーの可能性が高くなるのでおすすめできません。

 

⇒ ヘナの種類についてはこちらの記事もご参考ください。

 

「脱色剤抜き」「ジアミン染料抜き」のヘアカラーを選ぶ理由

これらの3つのヘアカラー(カラートリートメント、ヘアマニキュア、へナ)はどのタイミングで染めても、頻繁に染めても大丈夫です。

また、アレルギーやカブレといった心配もジアミン染料を使用している白髪染めよりも大幅に減らすことができます。

(ヘナを使用する場合は、植物アレルギーには注意が必要。)

 

これらの3つのヘアカラーを使って染めることで、

アレルギーの心配もなく、また、髪のダメージもなく白髪をきれいに隠すことができるので、こまめに染めておけばいつも綺麗な状態でいることができます。

「髪のダメージやアレルギーの心配せずに、カラーリングできる」っていうのはいいですよ。

 

セルフカラーは自分で染める面倒くささはありますが、白髪が気になった時にササッと染めてしまえるのは、お出かけする際に気にしないでいいので大変便利です。

 

染める手間暇が面倒に感じる人は、

カラートリートメントの放置時間を短めにしておいて、シャンプーついでにちょこちょこ染めるのが一番楽かもしれません。

最近ではスカルプケアができるカラートリートメントも出ているので、そういったものを使うと、頭皮ケアしつつお肌にも優しくなるのでいいですね。

週一頻度で白髪染めたい場合のポイント「まとめ」

毎週染めているような人は、アルカリカラー剤の白髪染めの使用を月1回もしくは2ヶ月に1回ぐらいの頻度にとどめる。

その合間の白髪染めには、

などを使用するようにしましょう。

そうすることで、お肌がカブレたり、アレルギーを発症するリスクを大きく低減することができます。

 

ジアミンアレルギーは一度発症すると治療が困難になります。

セルフカラーは注意やアドバイスをしてくれる人がまわりにいないので、自分で節度を守った使用を意識する必要があります。

 

あと、明るい白髪染めをしている場合だと、毛先の退色が気になることもあると思います。

そういった際にはカラーリングを行うのではなく、最近では「ムラシャン」と言って色の付くシャンプーがあります。

⇒ ムラシャンについてはこちらをご覧ください。

こういったものを上手に使用しつつ、

なるべくアルカリカラー剤の白髪染めを使用しないようにすることが、髪のダメージを減らすことにもつながり、またお肌や健康被害リスクを避けるためにも有効です。

 

以上、週一ぐらいの頻度で白髪染めたい場合に、市販カラー剤だけでどう対応できるのか考えてみました。

ご参考になれば幸いです。

自分で染めるのは面倒な時は…

今回お伝えしたメニューは当店にもお取り扱いがあります。

天然100% ヘナ&ハーブカラー

香草カラー色葉

ヘアマニキュア

自分で染めるのが面倒な時、全体を綺麗に染めたい場合など、ご利用ください。

頭皮につけないカラーリング方法

また明るい白髪染めをする場合でも、頭皮につけないようにカラーリングすることができます。

セルフカラーでは頭皮につけないように塗布するのはなかなか難しいと思います。

お肌が気になる際はこういった塗り方も承っておりますので、遠慮なくお申し付けください。

 

関連記事