女性のイメージ画像

  • 妊娠中だけど白髪を放置するなんて嫌!
  • 美容院で長時間座っているのも大変だし、市販で何とかならない?
  • 妊婦でも安心して使える白髪染めを教えて。

妊娠中の白髪染めは何を使えばいいの?

 

普段ならなんでもないことでも、妊娠中には気になりますよね。

白髪染めもそういったことの一つです。

従来の白髪染めは、妊婦さんへはかぶれやアレルギーリスクが高くなりますので、出産を終えるまで使用することができません。

 

妊婦さんになると使える白髪染めがほとんどなくなってしまいますが、そんな中でも安心して使用できるのがノンジアミンカラー白髪染めカラートリートメントです。

これはかぶれやアレルギーを誘発する原因である「ジアミン染料」不使用の白髪染めになります。

白髪染めカラートリートメントだと体や体調が過敏になりやすい妊婦さんでも、かぶれたりアレルギーを発症するリスクが大幅に軽減されます。

 

白髪が目立つと外出することにも億劫になってしまいますし、妊娠中でも写真を撮ることもあると思います。

やはりきれいな状態でいたいですよね。

そんな際は白髪染めカラートリートメントでセルフカラーしておくと、いつもきれいな状態を保つことができるようになります。

 

今回は妊婦さんにとって「安心、便利、染めやすい」白髪染めトリートメントをご紹介します。

この記事は「美容師歴20年以上の現役美容師」が書いています。記事内容は自身の体験、仕事で得た知識や経験、サロンワークでの出来事、お客様の体験談などを元にしています。

【妊娠中の白髪染めに最適】肌に優しい&よく染まる カラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント 「2020年 金賞受賞」

白髪染めしつつヘアケア、スカルプケア、エイジングケアが行え、「髪や頭皮を育むことができるカラートリートメント」

  • 業界唯一、徹底した安全性へのこだわり3つもの皮膚刺激テストを実施
  • 他のカラートリートメントと比較しても「よく染まる」検証済
  • 美容院カラーとの併用OK
  • 「髪痩せ」が気になる時に

妊娠中でも安心できる白髪染め。美容院ヘアカラーの妨げにならないから、合間のセルフケアに使いやすい。妊娠中や産後脱毛による「髪痩せ」をケアできる優れものです。 レビュー / 他と比較

>> 64%オフ 実質1本無料 返金保証 <<
マイナチュレ 公式サイト

目次

妊娠中の白髪染めの安全性、胎児への影響、経皮毒などについて

FAQ、よくある質問のイメージ画像

妊婦さんなら誰もが抱く疑問、「ヘアカラーは胎児への影響は大丈夫なのか?」ということについてですが、

妊娠中にヘアカラーしたからといって、「胎児への発育に影響がある」という風評には科学的根拠がありません。

 

最近では健康や安全性に敏感な方も多くなりましたので、「経皮毒」から「胎児への影響があるのでは?」と心配される方もあるかもしれません。

しかしヘアカラーの経皮毒に関しても、科学的な裏付けがあるものではありません

  • 妊娠に気づかずにヘアカラーしてしまった人も
  • 妊娠中に白髪が我慢できずに染めてしまった人も

その点はご安心ください。

妊婦さんが白髪染めを選ぶ際に意識したいポイント「ジアミン染料不使用」

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

妊娠中は体調が過敏になったり体が動かしにくくもなるので、妊婦さんがセルフカラーする際には、なるべくそういった部分の負担を減らしておきたいものです。

<妊娠中の白髪染め選び POINT>

  • ジアミン染料不使用のカラー剤を選ぶ
  • 塗るのが簡単なものを選ぶ
  • 放置時間が短いものを選ぶ
  • 臭いが少ないカラー剤を選ぶ
  • 頭皮ケアできるものを選ぶ

といったことを意識して白髪染めを選ぶと、カラーリングの負担を減らすことができます。

上に挙げた条件の中で一番気にしておきたいことは、「ジアミン染料不使用の白髪染めを選ぶ」ということです。

その理由としては、ジアミン染料はかぶれやアレルギーといった症状を引き起こしやすいものだからです。またジアミン配合の白髪染めには「妊娠中の使用は避けること」との説明書きもあります。

「塗るのが簡単なものを選ぶ」 塗るのが大変な白髪染め(ヘナやヘアマニキュアなど)は、セルフカラー時の作業の負担が大きい。

「放置時間が短いものを選ぶ」 妊娠中はセルフカラーの負担を減らすことが大切。

「臭いが少ないカラー剤を選ぶ」 妊娠中は臭いにも敏感になりやすい。

「頭皮ケアできるものを選ぶ」 妊娠中や産後は抜け毛が増えやすいので、白髪染めも頭皮への負担がないもの、頭皮ケアできるものを選ぶとより安心。

肌への刺激が少なくて、塗りやすくて、臭いも少なく、染める時間にも融通きくのが「白髪染めカラートリートメント」

白髪染めカラートリートメントの特徴&メリット・デメリット

ヘアカラートリートメントとは、ひとことでいうと「化粧品染料を配合した髪が傷まないトリートメントタイプの毛染め」です。

化粧品染料とは「HC染料」や「塩基性染料」のことで、肌に優しく、かぶれやアレルギーを起こしにくい「ノンジアミン染料」です。

髪や頭皮にダメージを与える脱色剤不使用、アレルギーの原因になるジアミン染料も不使用、「髪やお肌を大切にしたい方にピッタリの白髪染め」です。

髪のダメージもなく、カラー後にはふんわりしなやかに仕上がることから、最近はよく使用されているカラー剤です。

 

ヘアカラートリートメントは2パターンの使い方ができます

  • 【お風呂で染める方法】 シャンプー後に塗って、5~10分待つだけの手軽な方法。(短時間で良いが薄く染まり、色落ち早い、頻繁に染める必要有)
  • 【乾いた髪に塗る方法】 乾いた髪に塗って、長時間おいて、しっかり染める。(長時間必要だけどしっかり染まる、色持ちする、頻繁に染める必要なし)

自分の都合に合わせて使い分けられるので、便利です。

最近のヘアカラートリートメントは髪のダメージをケアするだけでなく、「頭皮ケアできる成分配合」「育毛成分配合」のものなど、いろんなタイプが発売されています。

 

それでは、まずはヘアカラートリートメントの大まかな特徴をご説明します。

髪が傷まないカラー剤

美髪、しなやか、サラサラのイメージ画像

ヘアカラーで髪が傷む原因は、髪を明るくする時に使用している「脱色剤」です。

ヘアカラートリートメントは脱色剤を使用しないので、カラーリングしても髪が傷みません。

くり返し使ってもダメージしないので、いつまでも健康的な髪をキープできる白髪染めです。

ジアミンアレルギーでも染められる

OKのイメージ画像

従来の白髪染めはジアミン染料を使用しますが、このジアミン染料はカラーアレルギーの大きな要因です。

ヘアカラートリートメントはジアミン染料不使用で、その代わりに化粧品染料を使用します。

この化粧品染料は肌に対する刺激はほとんどなく、アレルギーも起こしにくい安全性が高い染料になります。

頭皮や肌に優しいので「敏感肌でも大丈夫」

  • 刺激の原因となる「脱色剤」不使用
  • アレルギーの原因となる「ジアミン染料」不使用

なので「肌への刺激がほとんどない」と言っていい、優しいヘアカラーです。

頭皮がしみたり、かゆみやかぶれといった症状が出やすい敏感肌の人でも、ほとんどの場合はヘアカラートリートメントならカラーリングできます。

  • カラーリングしても頭皮がヒリヒリしない、痛くない。
  • アレルギーリスクもほとんどなし。

妊婦さんにもおすすめできる白髪染め「妊娠中でも染められる」

脱色剤&ジアミン染料不使用なので肌への刺激がほとんどなく、体調が敏感になりやすい妊婦さんでも、かぶれるリスクを減らしつつ安全に白髪染めすることができます。

またつわりの時期などはニオイにも敏感になりますが、ヘアカラートリートメントは脱色剤特有のツンとした刺激臭がなく、香料も控えめなものが多いので、妊婦さんにもピッタリです。

ヘアカラートリートメントのデメリットは「明るくできない」

NGのイメージ画像

脱色剤を使用しないので髪を明るく染めることができません。

黒髪を明るくしたい場合などには不向きです。

ヘアカラートリートメントができるのは「染めること(着色すること)」です。

頻繁に使用しても髪が傷まない&肌に優しいので「好きな時に好きなだけ染められる」

白髪をすごく気にする方は「週一で染めたい」という話もよく聞きます。

ヘアカラートリートメントならどれだけ頻繁に染めても、アレルギーやかぶれの心配がありません。

頻繁に白髪を染めたい人にはピッタリのヘアカラーです。

もしこれがジアミン染料配合の白髪染めだったら、頻繁に染めるとアレルギーや肌がかぶれるリスクが高まり、超危険です。

 

お肌の安全性を確保しながら白髪染めできるのが、ヘアカラートリートメントです。

白髪染めヘアカラートリートメント「メリット・デメリット」

はい、いいえ、OK、NGのイメージ画像

<メリット>

  • 脱色剤不使用なので、髪が傷まない。
  • ジアミン染料を使用しないので、安全に白髪染めできる。
  • ジアミンアレルギーがある人でも染められる。
  • かゆみやかぶれの心配もほとんどない。
  • 頭皮につけても大丈夫。
  • 頭皮がヒリヒリするなどの刺激がない。
  • 白髪染め時のツンとする刺激臭がない。
  • トリートメント効果でサラッとしたり、しなやかな髪になる。
  • 短時間のカラーリングでOK(お風呂での使用方法の場合)
  • 簡単手軽に染められる。
  • 妊娠中でも白髪染めできる。
  • 美容院ヘアカラーとの相性が良く、併用しやすい。色の変更もやりやすい。(セルフケアに最適)

<デメリット>

白髪染めカラートリートメントはこんな人におすすめ

  • 白髪染めのダメージが気になる。
  • 今までの白髪染めでは肌トラブルがなくならなかった。
  • ジアミンアレルギーを発症して、従来の白髪染めでは染められない。
  • アレルギーが心配。予防したい。
  • 従来の白髪染めでは頭皮がヒリヒリして痛い。しみる。
  • 敏感肌、アトピー体質。
  • 妊娠中だけど、白髪染めしたい。
  • 次の美容室までの合間にセルフカラーでメンテナンスしたい。
  • ヘナの長い待ち時間が苦痛。
  • ヘアマニキュアは塗りにくいと感じている。(頭皮についても大丈夫なものを探している)
  • 抜け毛・薄毛が気になるので、頭皮に優しい白髪染めがしたい。
  • 白髪染めのツンとした刺激臭が苦手。(揮発性の刺激臭なし)

 

妊婦/妊娠中でも使える白髪染めノンジアミンカラー ◇市販のおすすめ

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

妊婦さんへの負担を考慮したうえで、妊娠中の白髪染めとしておすすめできるのが、これらの白髪染めカラートリートメントになります。

妊婦さんにおすすめ 白髪染めカラートリートメント

  • 安全性が高くしっかり染まり、頭皮ケアもできたりと、トータルバランスで優れているのは「マイナチュレ
  • ダメージが気になる、ハリコシ・ボリュームアップ効果もほしいなら、サロン品質の「デイラルカラー
  • 無添加&美容成分94%で地肌に優しいのに染まる「ルプルプ
  • 妊娠中や産後の抜け毛が気になる、頭皮ケアを強化したいなら育毛成分入りの「グローイングショット

では今からそれぞれの白髪染めカラートリートメントをご説明をします。

 

【敏感肌やアレルギーの方に】よく染まるのに肌への安全性も高い「マイナチュレ」

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

>> 64%オフ 実質1本無料 返金保証 <<
マイナチュレ 公式サイト

解説を見る他と比較する

低刺激性に徹底したこだわりで頭皮に優しい。

敏感肌やアレルギーの方でも安心できるように、3種類ものテストを実施しています。

「パッチテスト」とは、単回使用による皮膚の炎症反応を確認するテストを言います。カラートリートメントをガーゼ等に浸み込ませて皮膚に貼り、24時間後、貼布部位の赤みや腫れなどの反応を観察し判定します。

「アレルギーテスト済み」に関しては、「RIPT試験(累積刺激及び感作試験)」を行い、その結果を表示しています。RIPT試験とは連続使用によるアレルギー症状を確認するテストを言います。カラートリートメントを一定期間連続塗布し、それを数回くり返し、皮膚の反応を検査することで、カラートリートメントを継続使用した時に、アレルギーの症状が出るかどうかを判断します。評価・判定については、日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医が行っています。

「スティンギングテスト済み」に関しては、「スティンギングテスト」を行い、その結果を表示しています。スティンギングテストとは敏感肌の方を対象にした感覚的な刺激を確認するテストを言います。対象者(敏感肌の方)の皮膚にカラートリートメントを塗布し、一過性のかゆみ・ほてり・痛みなどの不快となる感覚刺激を評価します。評価・判定については日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医が行っています。

※ すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないということではございません。

<マイナチュレ ホームページより抜粋>

他のメーカーは「パッチテスト」「アレルギーテスト」の2つの検査のみですが、マイナチュレはそれに加えてもう一つ「スティンギングテスト」をしています。

これは敏感肌の方への皮膚刺激テストですが、肌が敏感な方でもより安心安全に使用してほしいという想いからです。

こういった所にまで配慮がされているのはとても好感が持てますよね。

 

数ある白髪染めヘアカラートリートメントの中でも、頭皮や肌への優しさはピカイチです。

肌トラブルがある人には嬉しいカラー剤となっています。

 

肌に優しいのに「よく染まる」

美容院で仕事している時に度々ヘアカラートリートメントの話になることがありますが、その中で「染まりが悪い」という不満をよく聞きます。

その際にこのマイナチュレを紹介すると、今までのヘアカラートリートメントでは満足いかなかった人も納得される人が多いですよ。

美容師としても「肌に優しくてよく染まるタイプ」はおすすめしやすいです。

【追記】マイナチュレがどれぐらい「よく染まる」のか、他のヘアカラートリートメントと比較してみました

左から順に「マイナチュレ」、真ん中「DHC」、右が「ビゲン」です。

マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0110DHC Q10 プレミアム カラートリートメント 色見本 0105ビゲン カラートリートメント 色見本 0105

(※染色条件:説明書の放置時間、1回染め)

 

最初のマイナチュレが、やっぱり一番よく染まっていますよね。

おすすめの染め方としては、乾いた髪に塗ってから30分放置時間を取る方法です。

そのやり方でも実験してみました。

 

左から順に「マイナチュレ」、真ん中「DHC」、右が「ビゲン」です。

マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0130DHC Q10 プレミアム カラートリートメント 色見本 0130ビゲン カラートリートメント 色見本 0130

(※染色条件:放置時間30分、1回染め)

 

明確に差が出ましたね。

やはり「よく染まる」のはマイナチュレです。

合わせやすい色

自然なブラウン色で、いろんなヘアカラー毛にも合わせやすい色となっています。

ヘアカラートリートメントによくありがちなのは緑色が強く出たり、紫っぽい色に染まったりと、「既染部分との馴染みが悪い」ことです。

このマイナチュレは自然なブラウン色に染まり、色あせる際も他の色が突出して現れるわけではないので、使いやすく仕上がっています。

 

美容院のカラーリングの妨げにならないので、次までの合間にリタッチ染めしたい際にも最適なヘアカラートリートメントです。

 

年齢と共に出てくる悩みも一緒にケアできる

「ヘアケア」「白髪ケア」「スカルプケア」「エイジングケア」ができる。

1本で4役兼ねたヘアカラートリートメントなので、年齢を重ねると共に大きな悩みになりやすい

  • 薄毛で頭皮が気になる
  • 地肌に優しい白髪染めがしたい
  • ハリ・コシが欲しい

といったことも染めるついでに一緒にケアできます。

 

スカルプケアできるヘアカラートリートメントなら、カラーリングの時間が「地肌をケアするための時間」に変わります。

 

地肌ケアに有効な天然成分

ゴボウ根、ロースマリー葉、セイヨウキズタ葉、アルテア根、スギナ、ボタン、ガゴメ

アルニカ花、オドリコソウ花、セイヨウオトギリソウ、カミツレ花、セージ葉

年齢を重ねて衰えた頭皮や毛髪の環境を整えて、気になる髪の「うねり」「ぱさつき」「へたり」や頭皮のダメージ、ニオイなどに働きかけます。

多くの方に安心してご愛用いただけるように、髪や頭皮にダメージを与えることのない成分を厳選しています。

<マイナチュレ ホームページより抜粋>

以上の4つがマイナチュレをおすすめする大きなポイントです。

トータルバランスに優れたヘアカラートリートメントなので、多くの人が満足できると思います。

 

マイナチュレが適している方

  • 敏感肌やアトピー体質などで肌が弱い。
  • しっかり染まるカラートリートメントを探している。
  • 「髪痩せ」が気になり始めた。
  • 妊娠中でも白髪染めしたい。

マイナチュレ 最安値 購入先

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

>> 64%オフ 実質1本無料 返金保証 <<
マイナチュレ 公式サイト

解説を見る他と比較する

色は2種類発売されていますが、染まりを重視する人は「ダークブラウン」、明るめなら「ブラウン」がおすすめです。

 

【新発売】ダメージにお悩みなら補修効果が高い「デイラルカラー」

DayRalColor(デイラルカラー)

>> 70%オフ 送料無料 返金保証 <<
デイラルカラー 公式サイト

解説を見る / 他と比較する

美容室でよく使われる補修効果が高い&持続性のある成分を使用しているサロン品質のカラートリートメント。

  • 【エルカラクトン、ナノリペア】 ドライヤーの熱で反応し強固に結合。キューティクルのめくれ上がり、うねり、絡まり、ハリコシなどを改善。​シャンプーしても効果が持続する。
  • 【ペリセア】 髪にすばやく浸透し、内部からダメージを補修。毛髪の強度・太さ・水分量を回復させる。皮膚のダメージも同時に改善。

またエイジングケアとして話題になっている「幹細胞」を4種類配合し、年齢と共に低下する頭皮環境を整え、髪の育成をサポート。

ダメージケア・頭皮ケア・ボリュームケアを強く意識して作られていて、髪の衰えが気になる人には嬉しい処方です。

エイジングケア色の強いカラートリートメントとなっています。

ダメージが気になる、髪痩せしてハリコシ・ボリュームがほしい場合におすすめなのが、「デイラルカラー」

人気美容室オーナーが監修したというだけあってトリートメント性能が高く、仕上がりの質感には満足感があります。

色も濃く染まり、美容室ヘアカラーとの併用にも合わせやすい色味となっています。

 

トリートメント&頭皮ケア成分が贅沢なので、すぐに洗い流すのはもったいなく思ってしまいます。気持ち長めの放置時間をおすすめします。

その方が髪質改善効果もしっかりと感じられます。

 

デイラルカラーが適している方

  • より補修効果の高ものを探している。
  • エイジングケア向けのカラートリートメントを探している。
  • 黒色でしっかり染まるものを探している。
  • 統一感のあるグレイヘアにしたい。(アッシュグレーが有効)

デイラルカラー 最安値 購入先

DayRalColor(デイラルカラー)

>> 70%オフ 送料無料 返金保証 <<
デイラルカラー 公式サイト

解説を見る / 他と比較する

しっかり染めたい、濃く染めたい場合は「ダークブラウン」、明るい白髪染めのリタッチに使用するなら「ブラウン」がおすすめです。

白髪染めラインナップに「アッシュグレー」があり珍しいですが、これはきれいなグレイヘアにしたい場合に効果的です。

メンズなら「ブラック」でしっかり染める、もしくは「アッシュグレー」で白髪をぼかすなどがおすすめです。

 

【新色 染まりUP】美容成分94% 潤いたっぷり「ルプルプ」

ルプルプはガゴメ昆布「フコイダン」が有名ですね。

ネバネバ成分が髪と頭皮に潤いを与えることはもちろん、カラーリングの際は地肌を保護する働きがあります。

またフコイダンの育毛効果(毛乳頭の促進で毛髪を育む力)にも最近は注目が集まっています。(頭皮ケアできるカラートリートメント)

 

商品がリニューアルし、新しい色がラインナップしています。

 

染まりが以前と比べて120%UP

新色「モカブラウン」は赤みを抑え深みがかった色でしっかり染まり、「ベージュブラウン」は明るめ希望の方に最適な色合いです。

両方とも既染部分とも合わせやすい色味で、美容師的には使いやすくていい色合いだと思います。

ルプルプ使う場合はこの2色⇒ 「モカブラウン/ベージュブラウン」

また頭皮への優しさにもこだわっていて「無添加処方」美容成分が94%と、地肌に優しいのに染まるのが「ルプルプ」です。

 

ルプルプが適している方

  • パサツキやすいので、保湿性能が高いものを探している。
  • サラッとした質感が好き。
  • コスパの良いものを探している。
  • ベージュ系カラートリートメントを探してる。
  • 自分好みの髪色に微調整したい。(ラインナップが豊富)

ルプルプ 最安値 購入先

濃いめなら「モカブラウン」明るめなら「ベージュブラウン」。新色の方が自然な色合いに染まるのでおすすめです。

 

薄毛・抜け毛が気になる人は独自の育毛成分を配合した「グローイングショット」

独自に開発した育毛に役立つ成分を配合しているのと、大手スキンケアメーカーならではの美容&ダメージケア成分を配合していることが大きなポイント。

  • 白髪の改善効果が期待される「黒米エキス」
  • 育毛効果が期待される「パウダルコ樹皮エキス」

スキンケアメーカーなので肌に優しいのはもちろんのこと、「年齢による変化」が気になる人には嬉しい処方です。

40代以降の髪の悩みを強く意識したヘアカラートリートメントが「グローイングショット」

放置時間が5分でいい早染めタイプとなっています。

なるべくならもう少し長めに置いた方が、もっとよく染まります。)

 

少し残念なのは、染まり方がやや赤みを感じる色の入り方(ブラウン色の場合)で、既染部分とリタッチ部分との違いが目立ちやすいことです。

赤っぽいブラウン色に染まるのに抵抗がない人であれば、育毛ケア成分を配合しつつカラーリングできて、しかも染まりも良いのでおすすめです。

 

グローイングショットが適している方

  • 育毛成分入りのカラートリートメントを探している。
  • 髪痩せしてボリュームが気になり始めた。
  • 早染めタイプのカラートリートメントを探している。

グローイングショット 購入先

色は「ブラック」と「ブラウン」の2色がありますが、なぜか暗い色のブラックの方が染まりが悪いので、ポーラのグローイングショットを使うならブラウンがおすすめです。

 

白髪染めヘアカラートリートメント「まとめ」

 

白髪染めカラートリートメントの使い方と一回で上手に染める方法

ヒント、コツ、ポイントのイメージ画像

セルフカラーする際の基本的な使い方(お風呂で染める方法)

お風呂で使用します。最初にシャンプーしておいて、タオルで軽く水気を取ります。したたる水分をとる感じです。完全に乾かす必要はありません。

白髪が特に気になる部分から染めていきます。大抵は「頭頂部・分け目・つむじ・顔周り」などです。

気になる部分を塗り終えたら、所定の放置時間をおきます。しっかり染めたい場合は長めの放置時間がおすすめ)

 

流す際は色が出なくなるようになるまでしっかりとすすぎます。シャンプーやコンディショナーをする必要はありません。

タオルで拭いてドライヤーで乾かします。

使用する頻度としては最初の1週間は3日間連続で行い、それ以降は週1~2回間隔でカラーリングするようにします。

市販でも1回でよく染まる「上手な染め方&コツ」(乾いた髪へ染める方法)

1回のカラーリングでしっかりと染めるためには「乾いた髪へ使用」して、以下の3つを意識してみてください。

  • たっぷりと塗布する。
  • 塗布後はラップし、染めた部分が浮かないように上から押さえつける。
  • 置き時間は長いほど良い。

この辺りを意識することが上手に染めるコツです。

 

▼ 濃く染めるやり方 ▼

シャンプーする前の乾いた髪へたっぷり塗布します。

塗布後はラップをします。

ヘアカラートリートメントは染める力が弱いので、塗布した部分が浮いていたりするとほとんど染まりません。

なので塗布した部分とカラー剤が密着するようにラップの上から押さえつけます。

 

放置時間を最低30分。

待てるならもっと時間を置く方がよく染まります。

染まりやすい・染まりにくいは髪質によって変わりますので、その辺りの加減は実際に使用しながら自分にぴったりの放置時間を見つけてください。

 

放置時間終了後は、いつも通りにシャンプー&トリートメントを行います。

「乾いた髪へ染める方法」と「お風呂で染めるやり方」では、これぐらいの差がでます

(※左が乾いた髪、右がお風呂)

マイナチュレ 白髪染めカラートリートメント 色見本 0130カラートリートメント 色見本 0105

さらに詳しい情報はこちらのページをご覧ください。

しっかり染めたい場合のヘアカラートリートメント

マイナチュレ」か「デイラルカラー」のダークブラウンがおすすめです。

 

染まりにくい「もみあげ」はどう染める?

美容室でよく質問されるのが「もみあげの白髪が染まりにくい」ということです。

  • もみあげをしっかり染める対策としては、上記のよく染まる方法と同じですが、もみあげにもたっぷりと塗布した後、ラップして、もみあげが浮かないように上から押さえつけます。
  • 放置時間を待っている間はどうしてもまた浮いてきやすいので、度々押さえつけるようにします。

とにかくカラー剤が染めたい部分に付いてないと染まりませんので、そこを意識してください。

 

【まとめ】妊婦/妊娠中の白髪染めにはノンジアミンカラーがおすすめ

まとめのイメージ画像

妊婦さんになると使えるヘアカラーが極端に少なくなってしまいます。

従来のヘアカラーや白髪染めは「妊娠中には使用しない」との注意書きがありますし、特に白髪染めの場合は肌トラブルにもなりやすいので注意が必要です。

そんな際でも使用できるのが「白髪染めカラートリートメント」です。

 

ジアミン染料不使用で安全性が高く、体調が過敏になりやすい妊娠中でも、かぶれたりアレルギーになったりするリスクを大きく減らせます。

またお風呂場で手短に染めたり、体調の良い時は放置時間を長めにおいてしっかり染めたりと、使い方にも融通が効くのが白髪染めカラートリートメントです。

 

そんな便利な白髪染めカラートリートメントですが、最近流行っているということもあり、種類がたくさんあってどれを選べば良いのか困ってしまうこともありますよね。

妊婦さんが製品選びする際に押さえておきたいポイントは以下です。

  • 皮膚刺激性が低いこと
  • よく染まること
  • 頭皮ケア機能付き

これらの機能があることで安心して染められるし、使いやすく、また抜け毛が気になりやすい際には「地肌ケア」も同時に行えるからです。

こういった点を押さえた白髪染めカラートリートメントがこちらになります。

肌に優しい&よく染まる 白髪染めカラートリートメント

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

しっかり染まるのに肌にも優しい「マイナチュレ」 皮膚刺激テストを3つも行い安全性への配慮がピカイチ。植物由来成分たっぷりで染めつつ、スカルプケアも同時にできたりと、トータルバランスが優秀。どれにしようか迷ったらこの1本。

濃いめなら「ダークブラウン」、明るめなら「ブラウン」を。

>> 64%オフ 実質1本無料 返金保証 <<
マイナチュレ 公式サイト

DayRalColor(デイラルカラー)

美容室でよく使う補修効果が高い&持続性のある成分を配合。またエイジングケアとして話題の「幹細胞」を4種も配合してある「サロン品質のカラートリートメント」。髪と頭皮を大切にしたい方にピッタリです。

濃いめは「ブラック、ダークブラウン」、明るめは「ブラウン」、白髪ぼかし、きれいなグレイヘアにするなら「アッシュグレー」を。

>> 70%オフ 送料無料 返金保証 <<
デイラルカラー 公式サイト

ヘアカラートリートメント「ルプルプ」

リニューアルし染色力が更にアップした「ルプルプ」

粘り成分に育毛効果のある「ガゴメ昆布フコイダン」を低分子化し、毛穴の奥にまで届くようにしてあります。また美容成分をたっぷり94%も配合し、髪や頭皮をいたわりつつ染められる白髪染めです。

新色が使い勝手良くておすすめ。濃いめなら「モカブラウン」、明るめなら「ベージュブラウン」

>> 46%オフ 送料無料 <<
ルプルプ 公式サイト

POLA グローイングショット

薄毛や抜け毛が気になり始めたら、POLAオリジナル育毛成分を配合した「グローイングショット」白髪の改善効果が期待される「黒米エキス」も配合してあり、40代以降の髪の悩みを強く意識したカラートリートメントです。

色は「ブラック」と「ブラウン」の2色がありますが、なぜかブラックは染まりにくいので、使うならブラウンがおすすめ。

POLA 公式サイト

 

妊娠中でも外出したり、写真を撮ったりすることもあるかと思います。

そういった際にも自分でセルフカラーできるなら、白髪を気にしなくても心おきなく出かけられるようになります。写真も遠慮なく撮れます。

 

今この時は、人生にたった1度きり。

 

白髪を気にして外出を控えてしまってはもったいないので、そうならないようにセルフカラーでサクッと染めちゃいましょう。

 

白髪染めカラートリートメントに関する「Q & A」

Q&Aのイメージ画像

染まらない・染まりにくい場合の対処法

まずどちらの使い方をするかで、対処法が少し変わります。

  • お風呂で染める方法 ・・・ シャンプー後に塗って、5~10分待つだけの手軽な方法。(短時間で良いが薄く染まり、色落ち早い、頻繁に染める必要有)
  • 乾いた髪に塗る方法 ・・・ 乾いた髪に塗って、長時間おいて、しっかり染める。(長時間必要だけどしっかり染まる、色持ちする、頻繁に染める必要なし)

「たっぷり塗る」「浮かないように髪を密着させる」

どちらの塗り方の場合でも「たっぷり塗る」「頭皮に密着させるように塗る(浮かせない)のが大前提です。

カラートリートメントはその性質上、「従来の白髪染めよりも染まりにくい」です。

なので軽く塗っただけでは、染まりません。

 

髪を傷めず、肌トラブルを起こしにくいヘアカラーなので、頭皮にたっぷりと押し付けるように塗布してください。

染めたい白髪部分にたっぷりとカラートリートメントがついていて、なおかつ白髪が頭皮から浮いていない、カラー剤に白髪が浸されている状態にしておく必要があります。

 

乾いた髪に染めるケースでは、塗布後にラップして上から押さえ込み、カラー剤と白髪を密着させることが大切です。(カラー剤に白髪を漬け込むイメージ)

お風呂で染める場合でもラップをして押さえつけた方がいいですが、面倒な場合は「白髪が見えないぐらいにカラー剤をのせる」ことがポイントです。

 

置き時間は長めにする

置き時間も大切です。

お風呂で染める場合でも、乾いた髪に染める場合でも、放置時間を長くおけばおくほどしっかり染まり、色持ちも良くなります。

いつもより長めの時間をおくように心がけてみましょう。

 

ここで紹介しているカラートリートメントは、きちんと塗ればちゃんと染まります。

なのに「染まっていない」「薄染まりになる」という状況なのは、

  • 塗ったつもりでも塗れていない
  • 塗布量が少ない
  • 放置時間が少ない

原因はこれしかありません。

 

色持ち良くするためには「長めの放置時間」がベスト

カラートリートメントは従来の白髪染めと違って髪の中まで染めているわけではなく、表面を染めているヘアカラーです。

なので「髪を濡らす度に少しずつ色落ちする」性質があります。

 

カラートリートメントでしっかり染めて色持ちも欲しい場合は、「乾いた髪に塗る方法」をおすすめします。

髪質にもよりますが30分~1時間ほどおけば、一回でしっかり染まり、色持ちもかなり伸ばすことができます。(それでも少しずつ色落ちはします)

 

お風呂で染める方法は手短に染められる分薄染まりになるので、どうしても早く色落ちしてしまいます。

白髪が十分に染まったと感じるまで毎日連続して使用し、その後は1週間に1~2回使用することで白髪の染まりを継続させることができます。

どちらの方法が最適なのかはご自分の状況に合わせて使い分けてみてください。

<POINT> 時間があるときは乾いた髪に塗る方法をして、時間がない時はお風呂で手短に染めるなど、状況に合わせて使い分けると良いのではないでしょうか。

肌に優しい&よく染まる カラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント 「2020年 金賞受賞」

白髪染めしつつヘアケア、スカルプケア、エイジングケアが行え、「髪や頭皮を育むことができるカラートリートメント」

  • 業界唯一、徹底した安全性へのこだわり3つもの皮膚刺激テストを実施
  • 他のカラートリートメントと比較しても「よく染まる」検証済
  • 美容院カラーとの併用OK
  • 髪のボリュームが気になる時に

敏感肌やジアミンアレルギーの方でも安心できる白髪染め。美容院ヘアカラーの妨げにならないから、合間のリタッチ染めに使いやすい。

髪だけでなく頭皮への負担もないので、地肌が気になり始めた方に最適な白髪染め。 レビュー / 他と比較

>> 64%オフ 実質1本無料 返金保証 <<
マイナチュレ 公式サイト

 

すすぎが大変と感じる場合の対処法

お風呂で染める方法だと、カラートリートメント使用後はすすぐだけで、シャンプーもせずに終了することになります。

メーカーとしてはすすぎが甘いとタオルや枕・衣服への色移りがあり、クレームになってしまいます。

そういったクレームを避けるために、「すすぎ水の色落ちが確認できなくなるまでしっかりとすすいでください」と説明しています。

 

シャンプーなしではすすぎ水の色はなかなかなくならないですし、長時間すすぐ行為は「せっかく染めたカラートリートメントをわざわざ落としている」ようなものです。

ある程度すすぎ水に色が残っている状態でも、それぐらいでよしとするか、もしくは多少面倒でも、「乾いた髪に塗る方法」で長めの時間を置いて、洗い流す際は普通にシャンプーとトリートメントをしてください。

一度シャンプーすれば、衣服や周りへの色移りも同時に減らるのでおすすめです。

 

顔周りや頭皮への色残りが気になる場合の対処法

「お風呂で染める方法」だとその後はお湯ですすぐだけなので、地肌や頭皮にカラー剤が残りやすい状態です。

シャンプーしない場合は、しっかり予防しておくことが大切です。

  • 塗る前には、色残りが気になる部分には保護クリームを塗っておく。
  • 塗り終わった際は、カラー剤が余計な部分についてないかチェック。
  • それでも色残りする場合は、石鹸かシャンプーで軽く洗いましょう。

おすすめは「乾いた髪に塗る方法」で少し長めの時間をおいて、シャンプーとトリートメントをすることです。

 

やはり一度シャンプーしてあげた方が、余計なカラー剤をしっかり落とすことができます。

また敏感肌の方は、お肌や頭皮に余計なカラー剤を残さない方が肌トラブルの回避にもなります。

 

低刺激なカラートリートメントでもかゆみが出る・かぶれる場合の対処法

肌に優しいカラートリートメントですが、それでもかゆみが出るケースがあります。

  • 【地肌のカラー剤が落ちていない】 ほとんどの場合はこのケース。お風呂で使用する場合だとすすぐだけなので、カラー剤が地肌に残っているのかもしれません。
  • 【植物成分が合わない】 ここで紹介しているカラートリートメントは植物成分をたっぷり使用しているので、それが合わないのかもしれません。
  • 【化粧品染料が合わない】 化粧品染料はジアミン染料と違って安全性の高い染料ですが、稀にそれに対しても反応している超敏感肌の方もあります。

かゆみが出る場合は、カラー後はすすぐだけではなくて、シャンプーするようにしましょう。案外それだけで、かゆみが収まることも多くあります。

 

その場合は「乾いた髪に塗る方法」が、シャンプーでの色落ちを軽減できるのでおすすめです。

 

どうしても体質に合わない場合は、残念ですがカラートリートメントは諦めて、「頭皮につけないように白髪染めできるヘアマニキュア」で代用しましょう。

頭皮に付けないと、肌トラブルは解消できると思います。

 

カラートリートメントの使用頻度や間隔はどれぐらいがいい?

お風呂で染める場合のケースでご説明します。(乾いた髪に染める方法ではしっかり染まるので、気になったタイミングでOK)

カラートリートメントを初めて使用する際は染まりが弱いので、間隔を詰めて、白髪が染まったと感じるまで毎日行います。(大体3回ぐらいで染まったと感じる人が多い)

 

その後は白髪が気になるタイミングで染めるようにするといいでしょう。

大抵は週1~2回で続ける人が多いです。

週1ペースで染める際は、いつもより気持ち長めに放置時間をとると、よく染まるようになります。

 

カラートリートメントと他のヘアカラーの併用について

基本的にカラートリートメントと他のヘアカラーの併用は大丈夫です。

  • 美容室ヘアカラーとの併用
  • 市販カラー(白髪染め/おしゃれ染め)との併用
  • ヘアマニキュアとの併用
  • ヘナとの併用

どの組み合わせでも大丈夫です。

 

カラートリートメントを2種類混ぜても大丈夫?

同一メーカーでも他メーカーでも、基本的には混ぜて使用できます。

色の作り方は絵の具を混ぜる感じと一緒なので、作りたい色のカラートリートメントさえ持っていれば、簡単に自分好みの色が作れます。

しかし、こういったことはメーカー保証の範囲ではないので、自己責任で行ってください。

 

産後や授乳中の白髪染めはどうする?

産後や授乳中は、どの白髪染めも使用することができます。(ジアミン染料配合のものを含む)

しかし産後はまだまだ体が敏感な時期でもあり、かぶれたり痒みを感じたりしやすい状態です。

また授乳中はヘアカラーの影響が母乳に出ないのか心配されるママさんもいます。

そういった場合には、今回ご紹介した白髪染めヘアカラートリートメントをもう少しだけ継続して使用することをおすすめします。

しかし、「もうプリン状態が気になって仕方がない!」という場合には、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

以上、「妊婦/妊娠中の白髪染めにはカラートリートメントがおすすめ」という内容でした。

 

⇒ 妊娠中のヘアカラー体験談

⇒ 白髪染めに関する他の体験談

⇒ ヘアカラーに関する他の体験談

 

 妊娠中のヘアカラー、胎児への影響などについては こちらの記事

妊娠中にセルフカラーするなら こちらの記事

妊娠中や出産後のデリケートな時期に使いたい「シャンプー&トリートメント」他ヘアケア(まとめ)

 

■  妊娠中の白髪染めには、ジアミン染料不使用のヘアカラーがおすすめ

 

妊娠中や産後に美容室でヘアカラーするなら【こちらのメニュー】

肌に優しい&よく染まる 白髪染めカラートリートメント

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

しっかり染まるのに肌にも優しい「マイナチュレ」 皮膚刺激テストを3つも行い安全性への配慮がピカイチ。植物由来成分たっぷりで染めつつ、スカルプケアも同時にできたりと、トータルバランスが優秀。どれにしようか迷ったらこの1本。

濃いめなら「ダークブラウン」、明るめなら「ブラウン」を。

>> 64%オフ 実質1本無料 返金保証 <<
マイナチュレ 公式サイト

DayRalColor(デイラルカラー)

美容室でよく使う補修効果が高い&持続性のある成分を配合。またエイジングケアとして話題の「幹細胞」を4種も配合してある「サロン品質のカラートリートメント」。髪と頭皮を大切にしたい方にピッタリです。

濃いめは「ブラック、ダークブラウン」、明るめは「ブラウン」、白髪ぼかし、きれいなグレイヘアにするなら「アッシュグレー」を。

>> 70%オフ 送料無料 返金保証 <<
デイラルカラー 公式サイト

ヘアカラートリートメント「ルプルプ」

リニューアルし染色力が更にアップした「ルプルプ」

粘り成分に育毛効果のある「ガゴメ昆布フコイダン」を低分子化し、毛穴の奥にまで届くようにしてあります。また美容成分をたっぷり94%も配合し、髪や頭皮をいたわりつつ染められる白髪染めです。

新色が使い勝手良くておすすめ。濃いめなら「モカブラウン」、明るめなら「ベージュブラウン」

>> 46%オフ 送料無料 <<
ルプルプ 公式サイト

POLA グローイングショット

薄毛や抜け毛が気になり始めたら、POLAオリジナル育毛成分を配合した「グローイングショット」白髪の改善効果が期待される「黒米エキス」も配合してあり、40代以降の髪の悩みを強く意識したカラートリートメントです。

色は「ブラック」と「ブラウン」の2色がありますが、なぜかブラックは染まりにくいので、使うならブラウンがおすすめ。

POLA 公式サイト