ホームカラーとサロンカラーの違いって分かりますか?

その違いが 分からないと、「値段」や「手軽さ」といったポイントだけで決めてしまいがちになります。

それぞれのカラーの特徴とメリット・デメリットを理解することで、 「どういった使い分けをすれば良いのか?」が分かるので、より良いヘアカラーライフを送ることができます。

どういう風な流れでサロンカラーとホームカラーをすれば良いのか、またホームカラーをする際のコツなどをご紹介いたします。



ホームカラーとは?

ホームカラーとは、ドラッグストアなどで売っている市販のヘアカラー剤全般のことを指します。1種類だけではなくいくつかあります。

  • 一般的なカラー剤(アルカリカラー剤)
  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント
  • ヘナ

などがありますが、一般的に「ホームカラー」と言うと、アルカリカラー剤のことが多いので、ここでも主にアルカリカラー剤を例に話を進めていくことにします。

特徴

  • 一般向け仕様(プロ向けではない)
  • サロンカラーと比較して、「安さ」「手軽」「簡単」に染められるがコンセプトのヘアカラー
  • カラー剤の2剤には6%を使用

メリット

  • 自分でカラーリングする(セルフカラーする)ので安くできる。
  • 自宅などで手軽にできる。
  • 用事の合間や空き時間などの好きな時間にできる。
  • 美容室に往復する時間が入らないので、カラーリングに費やすトータルの時間が減らせる。

デメリット

  • 綺麗に仕上げるのには慣れが必要。
  • 染まりが弱い。色落ちが早い。
  • 髪質やダメージに応じてカスタマイズできない。
  • カスタマイズできないので、サロンカラーと比べてダメージしやすい。
  • セルフカラーの場合だと所定の用法を守らないことがある。(一週間に一回染める、放置時間を1時間以上置くなど)
  • 気づかずに危険な使い方をしていることがある。その結果アレルギーを引き起こすこともある。
  • 服、洗面台、お風呂場などにカラー剤が染み付いて汚れることがある。
  • 準備と後片付けが面倒。

サロンカラーとは?

サロンカラーとは、美容室で行うヘアカラー全般のことを指します。

(アルカリカラー剤だけでなく他のカラー剤も含むことが多いですが、ここでは説明を分かりやすくするために、アルカリカラー剤だけで説明することとします。)

アルカリカラー剤だけでもその種類は、ホームカラーよりもたくさんあります。

 

スタジオ・ココでのアルカリカラー剤のメニュー例

特徴

ホームカラーが「一般人向けに簡単手軽で思ったような仕上がりになりやすいように作られている」ことに対して、サロンカラーは「ヘアカラーの仕組みを熟知している美容師が使うことを前提」に作られています

そのためホームカラーに比べるとカスタマイズ性がアップし、髪の状況に合わせてカラー剤を使い分けることができ、ダメージを減らすための対策を取ることができます

ホームカラーは「手軽、使いやすさ」というコンセプトで作られていますが、サロンカラーは様々なコンセプトのもとに作られています。

 

  • オーガニックカラー ・・・ カラー剤の原料の約90%ほどがオーガニックや自然由来のものでできている。
  • 香草カラー・・・漢方やハーブをふんだんに使用しているカラー剤。
  • トリートメントカラー ・・・ 化粧品染料を使用。ジアミンアレルギーの人でも染められる。
  • クリアカラー ・・・ 染料を使用せずに、明るくすることだけに特化している。
  • ノンジアミンカラー ・・・ ジアミン染料を使用しないヘアカラー剤。
  • イチゴカラー ・・・ 2剤を5倍使用することで、計算上ジアミン染料が1/3、ダメージも1/3になる。

メリット

  • 上記例に挙げた通り、いろんな要望に対してカラー剤を選ぶことができる
  • 2剤の組み合わせで幅広い髪質や髪の状態に合わせられる(ダメージを減らせる)
  • セルフカラーするよりも失敗が少ない
  • プロからのカウンセリング・アドバイス・施術が受けられる
  • 適切な判断でカラーリングを行える
  • 自分で染めなくても良いので「楽」
  • 服、洗面台、お風呂場などを汚すことを気にしなくても良い
  • 準備と後片付けをしなくても良い
  • キレイな仕上り

 

またアレルギーに対応可能なカラー剤もあります。

デメリット

  • ホームカラーよりも費用が高くなる
  • ホームカラーよりも時間がかかる(美容室への往復も含めて)
  • 「カラーリングがしたい」と思った時にすぐにできない(予約が取れない)
  • 人と接するのが面倒な場合もある
  • 美容室や担当美容師によって仕上りが変わる(思った通りにならないこともある)
  • どの美容室・美容師を選べば良いのか分かりにくい



ホームカラーとサロンカラーの違い

それぞれの特徴とメリット・デメリットを確認したところで、改めて「何が違うのか」を見てみましょう。

  • カラー剤の仕組み「脱色剤を使用して染料で染める」ということは同じだけれど、要望に対して「どういったカラー剤を使用するのか」選択の幅の違い。
  • 「2剤」を選択できるか、できないかの違い。(ダメージを減らしたい場合は必要)
  • カラーリング技術の違い。(セルフカラー/プロの技術)
  • プロからの適切なアドバイスやカウンセリングがあるかどうかの違い。
  • カラー剤の誤った使用方法を未然に防げるかどうかの違い。(不要なトラブルの回避)
  • 「値段」や「手軽さ」を取るのか、「楽さ」や「完成度の高い仕上り」を取るのかの違い。

ホームカラーとサロンカラーの使い分けのコツ

ホームカラーとサロンカラーの使い分けを考えてみましょう。

どちらもメリット・デメリットがありますので、どちらか一方に決めてしまわずに、状況に応じて併用のが良いと思います。

併用すると良いパターンをご紹介します。

「おしゃれ染めの場合」

おしゃれ染めの場合は、基本的にはホームカラーをしないで、3ヶ月に一回ぐらいのサロンカラーをおすすめします。

最近では「3Dカラー」「バレイヤージュ」といって、陰影をつけてヘアスタイルに立体感を出すスタイルもあります。

根元が伸びてきてのプリン状態になっても、伸びすぎでない状態でしたら、頻繁に染めなくても陰影がある状態で良いと感じますが、どうでしょうか。(3ヶ月ぐらいを目安にしてください)

3ヶ月に1度のカラーリングでしたら、年間4回のサロンカラーで済みますので、それにかかるコストを抑えることができます。

それぐらいの間隔でも根元のプリンが気になる、またはサロンカラーの料金が高いと感じる場合は、サロンカラーの間隔を伸ばして、その合間にホームカラーでプリン状態が目立つ所のみ、リタッチ染めを行います。(頭頂部、フェイスライン、つむじ周りなど)

4ヶ月~半年ぐらいでもいいのでサロンカラーを一度しておいたほうが、他の人からの第一印象に違いが出るので、そのあたりも考慮してください。

「白髪染めの場合」

定期的なサロンカラーで良い髪の状態にしておきます。(白髪の割合によってカラーリングの間隔は違います。少ない人は2~3ヶ月周期。多い人は1ヶ月間隔など。)

次のサロンカラーまでの合間に、ホームカラーで気になる部分のリタッチ染めを行い、白髪が見えない状態を保ちます。

この場合のホームカラーには、今まで説明してきた「アルカリカラー剤ではなく」、「カラートリートメント」や「ヘアマニキュア」を使用します。そうすることで髪にダメージを与えずに済みます

アルカリカラー剤のホームカラーは痛みやすいので、あまりおすすめではありません。

「手軽で便利なので、どうしてもアルカリカラー剤のホームカラーを使いたい」人は今からお伝えする「上手に使うコツ」を参考にしてみてください。

ホームカラー(アルカリカラー剤)を上手に使うコツ!

  • 基本は伸びてきた所のリタッチ染めで、毛先へのダメージを与えないようにしましょう。
  • 全体へのカラーリングは髪がとっても痛むので、「黒髪から初めてカラーリングする場合」や「全体をもう少し明るくしたい場合」のみに全体染めすることをおすすめします。
  • できればリタッチ染めも「分け目・フェイスライン・つむじ部分」を1~2回行い、全体のリタッチ染めをその後にする方が、ダメージを減らすことができます。
  • カラーリングで髪の色を変えたい場合は、「おしゃれ染め用のカラートリートメント」を使用すると、髪をダメージさせずに済みます。

たとえば、「おしゃれ染め用のカラートリートメント」とは、こういったものです。

 

 

毛先の退色を抑えたい場合は、「白髪染め用カラートリートメント」がおすすめです。

暗くなりすぎるようでしたら、「シャンプー後に使用する通常トリートメントと混ぜて希釈する」と良いでしょう。(最初は1対1ぐらいから。お好みで希釈倍率を変化させてください。)

 

 

ホームカラーを上手に使うコツ(続き)

  • ホームカラーの説明書の放置時間よりも短いタイムでも良い髪質があるので、髪が染まっているかどうかこまめにチェックし、染まっていそうなら推奨時間よりも早めに終える
  • アルカリカラー剤の使用頻度を控えめにする。(お肌トラブルの回避、アレルギー促進の回避、ダメージの回避)
  • 根元の白髪が気になる場合は「カラートリートメント」を併用する。
  • 放置時間をきちんと測って不要な時間の経過を防ぐ。(TV番組の続きが気になる。用事の途中などで所定時間を守らない人が多くあります。)
  • お肌が荒れている時はカラーリングを中止する。(どうしてもという場合は、カラートリートメントかヘアマニキュアを使用する。)
  • 頭皮や体に違和感があったら、迷わずすぐに中止する。

まとめ

記事が長くなりましたので、最後に要点をまとめます。

ホームカラーにもサロンカラーにもメリット・デメリットがありますので、それぞれの特徴を理解し、使い分けることが大切です。

おしゃれ染めの場合は、3ヶ月間隔でのサロンカラーをおすすめしますが、白髪染めの場合は、カラートリートメントやヘアマニキュアのセルフカラーを合間に入れると、白髪が見えない状態を保てるので良いと思います。

アルカリカラー剤でホームカラーする場合は、上記の「ホームカラーを上手に使うコツ!」を参考にしてみてください。

ホームカラーの場合は、誤った使用方法をしていても注意してくれる人がいない、適切なアドバイスをしてくれる人がいないので、所定の用法を守らないといったことが起こりやすくなります。そうならないように注意しましょう。髪への負担を減らし、アレルギーやカブレといったお肌トラブルを避けることができます。

ホームカラーの使用に関して、いつもの担当美容師さんにアドバイスを聞くことができたら一番いいですね。遠慮せずに一度聞いてみてください。

お客様の美容に関する手助けをするのが美容師や美容室の役目だと思いますので、そのことでもし嫌な思いをしたら、さっさと他のところへいくことをおすすめします。

ではかなり長くなりましたが、以上が「ホームカラーとサロンカラー違いとは?上手に使い分けるコツ」についてでした。

 

 

関連記事です。

明るい白髪染めは染まらない?市販のカラー剤で明るく染める方法を解説!

染まりにくいカラートリートメントが一回で染まるコツ、上手な使い方をご説明!

ヘアマニキュアとは?ジアミンアレルギーでも白髪染めOK!市販のおすすめ、セルフの使い方、コツなど

黒染めした後、茶髪に染まらない? 明るく染める(戻す)方法をご紹介!

黒染め後に明るくするには? 自分でできる「黒染め落とし」の方法

白髪染め失敗!暗い色を落としたいので、落とし方教えて!

 

関連記事