ヘアカラー、カラーリングのイメージ画像

ヘアカラーでかぶれやアレルギー反応を起こす方が増えてきているようですね。

スタジオ・ココでは体に優しいヘアカラーやパーマを取り扱っているので、ご来店いただきたお客様からそういった悩みもよく聞きます。

今回はジアミンアレルギー(カラーアレルギー)になってしまった場合にどういった対策方法が取れるのか、

  • 美容室で染める場合
  • 市販カラー剤でセルフカラーする場合

両方のケースで考えてみたいと思います。

髪型で迷ったらこの記事をチェック

男性女性 それぞれのヘアカタログ

もしジアミンアレルギーになってしまったら・・・

基本的にヘアカラーでアレルギーの反応が出た人は、 その後のヘアカラーの使用を控えた方がいいと思います。

アレルギー反応は一度出てしまうと、

  • たとえその症状が治ったとしても、
  • しばらく使用を中止していたとしても、

またジアミン染料配合のヘアカラーをすると同じような症状が出るからです。

同じ症状で済めばいいですが、もっと症状がひどくなる場合も往々にしてありますので、ジアミンアレルギーの人へジアミン染料配合のヘアカラーは、とても危険でおすすめできません。

ジアミン染料配合のヘアカラーとは?

一般的に髪を明るく染められるタイプのヘアカラーは、ほとんど全部といっていいほど、ジアミン染料を配合しています。

これはおしゃれ染めでも白髪染めでもそうです。

注意したいのは、黒染めといった明るくしない場合のヘアカラーにもジアミン染料は配合されていることです。

 

髪を明るく染められるヘアカラー剤全般のことを「アルカリカラー剤」と呼びますが、

ドラッグストアなどで売っているヘアカラーのほとんどがこのタイプのカラー剤になります。

よくかぶれやアレルギー反応を起こすのも、これらのアルカリカラー剤です。

最近流行っている「泡カラー」なんかも、このアルカリカラー剤ですね。

一番の対策はジアミン染料配合のヘアカラーをしないこと

アルカリカラー剤には「ジアミン」という染料が含まれています。

そのジアミン染料に対してアレルギー反応を起こす場合がほとんどです。

 

カラーリングするときにお肌や頭皮につかないように気をつけてても、どうしても多少はついてしまうものです。

カラー剤をシャンプーする時にも、お肌につけないように洗うことはできません。

そうすると、またアレルギー反応を引き起こすことになります。

 

アレルギー反応を避けるためには、「花粉症の人が花粉を吸い込まないようにマスクをする」のと同じように、アレルギー物質を体に摂取しないことがベストな対策となります。

ヘアカラーの場合ではジアミン染料を使用しないことが一番のポイントになりますが、ほとんどのヘアカラーにはジアミン染料が入っていますので「カラーリングできない」といったことになります。

ジアミンアレルギーでも染めたい!⇒ 美容院のヘアカラーなら大丈夫なものもある

でも、アルカリカラーが使えないからといって「すべてのヘアカラーができないのか?」というと、そうではないのでご安心ください。

スタジオ・ココではいろんなヘアカラーを取り扱っています。

 

ジアミン染料を使用しないヘアカラー、

もありますし、

などでもカラーリングすることができます。

カウンセリング時にご希望を伺いながら、最適なカラーリングを最適な方法で施術することで、体にも髪にもやさしく染めることができます。

おしゃれ染めでも、白髪染めでも、どちらにも対応できます。

セルフでも染めたい!市販カラーでの対策方法

参考までに、市販カラー剤でご自分でヘアカラーをされる場合ですと、

などで染めれば大丈夫です。

それぞれ特徴が全然違うヘアカラーなので、使用する時には説明書に目を通すことをオススメします。

 

※ヘナカラーにはケミカルヘナといってジアミン染料を使用するヘナもありますので、購入するときは注意が必要です。

ヘナについてはこちらの記事も参考になります。

⇒ ヘナカラー4つの種類について

 

以上、今回はジアミンアレルギー(カラーアレルギー)になってしまった場合にどういった対策方法が取れるのか、

  • 美容室で染める場合
  • 市販カラー剤でセルフカラーする場合

についてでした。

 

関連記事