ヘアカラーにアレルギー反応を起こす方が増えてきているようですね。

スタジオ・ココでは体に優しいヘアカラーやパーマを取り扱っているので、ご来店いただきたお客様からそういった悩みもよく聞きます。



カラーアレルギーになってしまったら・・・

基本的にヘアカラーでアレルギーの反応が出た人は、 その後のヘアカラーの使用を控えた方がいいと思います。

 

一番よくアレルギー反応を起こすのは、アルカリカラー剤です。

ドラッグストアなどで売っているヘアカラー剤のほとんどがこのタイプのカラー剤になります。

最近流行っている「泡カラー」なんかも、このアルカリカラーです。

一番の対策はジアミン染料配合のヘアカラーをしないこと

アルカリカラーには「ジアミン」という染料が含まれています。

そのジアミン染料に対してアレルギー反応を起こす場合がほとんどです。

 

カラーリングするときにお肌や頭皮につかないように気をつけてても、どうしても多少はついてしまうものです。

カラー剤を洗い流す時には、お肌につけないように洗うことはできません。

そうすると、またアレルギー反応を引き起こすことになります。

 

アレルギー反応を避けるためには、花粉症の人が花粉を吸い込まないようにマスクをするのと同じように、アレルギー物質を体に摂取しないことがベストな対策となります。

 

ヘアカラーの場合ではジアミン染料を使用しないことが一番のポイントになりますが、ほとんどのヘアカラーにはジアミン染料が入っていますので「カラーリングできない」といったことになります。

美容院のヘアカラーなら大丈夫なものもある

でも、アルカリカラーが使えないからといってすべてのヘアカラーができないのかというと、そうではないのでご安心ください。

スタジオ・ココではいろんなヘアカラーを取り扱っています。

 

ジアミン染料を使用しないヘアカラー、

もありますし、

などでもカラーリングすることができます。

 

カウンセリング時にご希望を伺いながら、最適なカラーリングを最適な方法で施術することで、体にも髪にもやさしく染めることができます。

おしゃれ染めでも、白髪染めでも、どちらにも対応できます。

セルフカラーする場合は・・・

参考までに、ご自分でヘアカラーをされる場合ですと、

などで染めれば大丈夫です。

それぞれ特徴が全然違うヘアカラーなので、使用する時には説明書には目を通すことをオススメします。

⇒ 敏感肌やアレルギー症状の対策に白髪染めカラートリートメント。使い方・コツ・Q&A・よく染める方法など

 

※ヘナカラーにはケミカルヘナといってジアミン染料を使用するヘナもありますので、購入するときは注意が必要です。

ヘナについてはこちらの記事も参考になります。

⇒ ヘナカラー4つの種類について

 

合わせて読みたい