女性のイメージ画像

毛染めの頭皮への影響が気になる際は、地肌につけない白髪染め「ヘアマニキュア」がおすすめ

  • 白髪染めを続けていると、だんだんと髪が細く薄くなってきた気がする。白髪染めって頭皮に影響ないの?
  • 白髪染めする際は頭皮がヒリヒリして痛いんです。こんなことを続けていたら早く薄毛になるような気がする。
  • 白髪染めした後はかゆみが続きます。このままじゃダメだと思うんですけど、どうしたら良いのか分からない。

こういった悩みがある場合は、「白髪染めが頭皮に悪い影響ないのか?」心配になりますよね。

結論からいうと、やはり頭皮に痛みやかゆみといった刺激を感じている場合は、あまり良い状況ではありません。

「自分の体質には合っていないですよ」と体が信号を発してくれているわけですから、それを無視して白髪染めを続けても良いわけがありません。

 

そういった状況を続けていると、例えば、かゆみがだんだんと強くなってきてかぶれたり、アレルギーを発症したりもします。

また頭皮が痛いということは地肌をダメージさせているわけですので、毛髪の成長にはあまり良くありません。

 

抜け毛が増えたり、薄毛が気になる場合には、「頭皮に刺激を与えない白髪染め」に変更することがベストです。

 

そういった際の白髪染めとして最適なのが、今回ご紹介するヘアマニキュアです。

髪のダメージもなく、ジアミンアレルギーの人でも使用できる安全性があり、そして頭皮につけないで使用するものなので、地肌に悪い影響を与えることがありません。

 

ヘアマニキュアで白髪染めすると、上記に挙げたような心配がなくなります。

  • 白髪染めで抜け毛や薄毛を促進させてしまう心配がなくなります。
  • 白髪染めの度に頭皮の痛みを我慢する必要もなくなります。
  • 白髪染めでのアレルギー症状に悩む必要もなくなります。

ヘアマニキュアでの白髪染めなら、毛染めしてる髪なのにダメージもなく、ツヤツヤの美髪になれます。

安全性が高くて地肌に優しいヘアマニキュアに、思い切って変えてみませんか?

1回10分で染まる利尻カラークリーム

利尻カラークリームのイメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

売上日本一のカラートリートメントメーカーからヘアマニキュアが新発売。1回10分で染まり、色持ちもUP。カラートリートメントの弱点「染まりが弱い」をカバーした白髪染め。

  • ヘアマニキュアタイプなのでしっかり染まる。
  • ジアミンアレルギーでも大丈夫。
  • ボリュームが気になる方にハリコシ成分配合。

髪の負担を減らしつつ1回でしっかり染めたい方にピッタリな白髪染め。カラートリートメントでは染まりが物足りないという方や、白髪染めのダメージにお悩みの方に最適なヘアカラー。

新発売キャンペーン【初回¥2,500】詳細はこちら

目次

白髪染めは頭皮に悪い影響あるの? ◇地肌に安全な毛染めならヘアマニキュアがおすすめ

冒頭でも簡単にお伝えしましたが、白髪染めの最中やその後に何かしらの刺激を感じている場合は、頭皮や体に対しては決して良い状況とはいえません。

  • 頭皮がヒリヒリする、痛い、しみる
  • 頭皮にかゆみがある、かぶれる
  • カラー後もかゆみが続く、赤く腫れる、フケがよく出る

特にかゆみ・かぶれ・赤く腫れるなどの症状はアレルギー性のもので、こういった状況でも白髪染めの種類を変更せず続けていると、頭皮への負担が大きくなり、やがて薄毛につながっていくこともあります。

こういった際に使用したい白髪染めとしては、「カラートリートメントヘナヘアマニキュア」があります。

これらは「ジアミン染料&脱色剤不使用のヘアカラー」です。

 

どうしてジアミン染料不使用・脱色剤不使用だと地肌に優しい白髪染めになるのかというと、

  • 頭皮に痛みを感じるほとんどの場合は「脱色剤が原因」であり
  • 頭皮にかゆみを感じる・かぶれたりする場合は「ジアミン染料が原因」だからです。

 

こういった頭皮に刺激を与える成分不使用で白髪染めできれば、地肌に優しくなるのはご理解いただけるかと思います。

 

しかしこれら「カラートリートメント、ヘナ、ヘアマニキュア」にはデメリットもあります。

  • 脱色剤不使用だと、髪を明るく染めることができません。
  • ジアミン染料不使用だと、染まりや色持ちが悪くなります。(染まりにくくて色落ち早い)

たとえこれらの条件があったとしても、白髪染めで違和感を感じている場合には、髪が薄くなったりアレルギーにならないために「カラートリートメント、ヘナ、ヘアマニキュア」をおすすめします。

【ジアミン不使用】肌に優しい&傷まない白髪染め

【カラートリートメント】・・・ 安全性の高い化粧品染料を使用するトリートメントタイプの白髪染め。肌に優しくジアミンアレルギーでも毛染めでき、髪が傷まない白髪染め。

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

【実質1本無料】お肌に優しい白髪染めカラートリートメント(詳細)

 

【ヘナ】・・・ 植物からの天然色素を利用し、100%天然成分だけで白髪染めできるヘアカラー。髪へのトリートメント効果があり、細毛にはハリ・コシ・ボリュームアップも。

⇒ ヘナカラーする際のおすすめはどれ? ◇高品質ヘナ/使い方/コツ/Q&A

 

【ヘアマニキュア】・・・ 爪のマニキュアのように髪をコーティングしながら染める酸性タイプの白髪染め。短時間で染まり、ツヤのある仕上がりが特徴。

利尻カラークリームのイメージ画像

新発売キャンペーン【初回¥2,500】利尻カラークリーム 詳細はこちら

※上記に挙げた通り、これらの白髪染めは髪を明るく染められませんので、もしどうしても「明るい髪色の方がいい」という場合には、「従来の白髪染めを頭皮に付けないように塗る」ことがベストです。

 

頭皮につけないように塗りやすい 市販の明るい白髪染め

 

今回は「頭皮に悪影響を及ぼさない、地肌に安全な毛染め」という内容で記事を書いていますので、「ジアミン染料&脱色剤抜きの白髪染め」について、もう少し詳しく解説していきます。

 

ジアミン染料&脱色剤不使用の白髪染めには「カラートリートメント、ヘナ、ヘアマニキュア」がありますが、その中で「なぜヘアマニキュアをおすすめするのか?」というと、以下の理由からです。

  • カラートリートメントもヘナも頭皮につけないように塗りにくい。塗れたとしてもムラムラになりやすい。
  • カラートリートメントもヘナもしっかり染めるためには長い待ち時間(1〜2時間)が必要。その分カラーリングの作業が大変になる。
  • カラートリートメントやヘナは地肌に優しい白髪染めですが、それでも頭皮にかゆみやかぶれなどの症状を感じる人もいる。(ということは、頭皮につけないのが一番=ヘアマニキュアがベスト)

※ヘナは一般的には天然100%で地肌には優しい白髪染めとなっていますが、ヘナやインディゴに対してアレルギーがある方もありますので、やはりかゆみやかぶれといった症状を感じる人も一定数あります。

 

ヘアマニキュアはもともと頭皮につけないように塗布する白髪染めなので、上記に挙げた問題も解消しています。

  • カラートリートメントやヘナと比べて、髪への染まりが良く、ムラになりにくい。
  • 髪に吸着しやすいので、短時間でも染まる。(カラーリングが楽)
  • 頭皮につけないので頭皮トラブルを起こしにくい。

ということで、抜け毛や薄毛が気になる際には、ヘアマニキュアで白髪染めするのが一番最善の方法になります。

 

1回10分で染まる利尻カラークリーム

利尻カラークリームのイメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

売上日本一のカラートリートメントメーカーからヘアマニキュアが新発売。1回10分で染まり、色持ちもUP。カラートリートメントの弱点「染まりが弱い」をカバーした白髪染め。

  • ヘアマニキュアタイプなのでしっかり染まる。
  • ジアミンアレルギーでも大丈夫。
  • ボリュームが気になる方にハリコシ成分配合。

髪の負担を減らしつつ1回でしっかり染めたい方にピッタリな白髪染め。カラートリートメントでは染まりが物足りないという方や、白髪染めのダメージにお悩みの方に最適なヘアカラー。

新発売キャンペーン【初回¥2,500】詳細はこちら

ヘアマニキュアは髪が傷まない&ジアミンアレルギーでも白髪染めできる安全性の高いヘアカラー ◇特徴やメリット・デメリット

ヘアマニキュアは脱色剤不使用なので髪のダメージゼロ。くり返しても「髪が傷まない白髪染め」

ヘアマニキュアをアルカリカラー剤の代用として使用すると、カラーリングによる髪のダメージを防ぐことができます。

ヘアマニキュアは髪を脱色しないので、ダメージを与えることがありません。

アルカリカラー剤と違ってヘアマニキュアは何度カラーリングをくり返しても髪が傷まないので、白髪がすぐに気になってしまい、頻繁にカラーリングされている人にはピッタリの白髪染めです。

ヘアマニキュアはノンジアミンカラー、「ジアミンアレルギーがある人に最適な白髪染め」

ヘアマニキュアはアルカリカラー剤に配合されている「ジアミン染料」を使用していないので、ジアミンアレルギーの人でも安心して白髪染めできます。

またカラーリングの際には頭皮につけないように塗布するので、アルカリカラー剤で頭皮がピリピリ痛い・しみるといった刺激を感じていた人もヘアマニキュアなら大丈夫です。

ヘアマニキュアの簡単な特徴

◆ヘアマニキュアは髪を脱色できないので、基本的には白髪染めに使用します。

◆アルカリカラー剤のように髪の内側まで染めるというものではなく、髪の表面をコーティングする感じです。爪のマニキュアをイメージすると分かりやすいですね。

◆アルカリカラー剤は永久染毛剤といって色持ちが良いですが、ヘアマニキュアは半永久染毛剤になり、シャンプーの度に少しずつ色落ちしていきます

じゃあ「白髪の多い髪へは使えないのか?」というとそうでもなく、しっかり塗布することでヘアマニキュアも色持ちするようになります。

※しっかり染めるためのコツに関しては下記参照

 

ちなみにですが、当美容院でヘアマニキュアをされている人は、

  • 白髪の少ない人で2ヶ月~3ヶ月間隔
  • 白髪の多い人で1ヶ月~1.5ヶ月間隔でカラーリングされています。

ほぼ従来の白髪染めと同じ周期で大丈夫です。

(※当美容院でヘアマニキュアした場合です。市販の場合だともう少し期間が短い印象です。)

 

ヘアマニキュア白髪染めのメリット

  • 髪が傷まない白髪染めができる
  • 頭皮への刺激がない
  • 髪をコーティングしてくれるので「ツヤツヤな仕上り」になる
  • 髪のコーティング効果により「ツルッとした手触り」に仕上がる
  • ハリコシ効果が得られるものもある
  • ジアミンアレルギーある人でも白髪染めできる
  • 妊婦さんでも白髪染めできる
  • カラーの施術時間が早い(放置時間が短い)

ヘアマニキュア白髪染めのデメリット

  • 頭皮に直接塗布できないので生え際の1~2mmぐらい、白髪が染められない部分がある(特にもみ上げ・こめかみなどの顔周り)
  • 髪を脱色することができない(明るい白髪染めはできない)
  • シャンプーの度に少しずつ色落ちする
  • 濡れた髪の状態では衣類やタオルなどの色移りに注意が必要(特にヘアマニキュアしたての2~3日間)
  • 顔や地肌についたときはすぐに拭き取らないと、染めた後では落としにくくなる。

ヘアマニキュアをおすすめできる人は?

  • 従来の白髪染めで髪のダメージに悩んでいる人
  • 傷まない白髪染めがしたい人
  • 白髪染めの頭皮への影響が心配な人
  • 従来の白髪染めでは頭皮がヒリヒリしみる人
  • 頻繁に白髪染めする人(特にセルフカラーの場合)
  • ジアミンアレルギーで従来の白髪染めができない人
  • 妊娠中でも白髪染めしたい人
  • 短時間で白髪染めしたい人

市販の白髪染め用ヘアマニキュアでおすすめはどれ?

◆【新発売】1回10分で染まる&持続性UP「利尻カラークリーム」

利尻カラークリームのイメージ画像

利尻カラークリーム HPより

売上日本一のカラートリートメントメーカー「Sastty」からヘアマニキュアが新発売。

1回10分で染まる。色の持続性も約1ヵ月と大幅にUP。

Sastty ならではの無添加処方にこだわった「自然派志向のヘアマニキュア」です。

また細毛や髪痩せした方にもボリュームケアができるように「ハリコシ成分配合」となっています。

 

髪の負担を減らしつつ1回でしっかり染めたい方にピッタリな白髪染め。

  • カラートリートメントでは染まりが物足りないという方
  • 他のヘアマニキュアでは物足りないという方
  • 短時間で染めたいという方
  • 白髪染めのダメージにお悩みの方

などに「利尻カラークリーム」はおすすめです。

 

◆5分の早染めタイプ「サロンドプロ」

 

放置時間がたったの5分で染まる早染めタイプのヘアマニキュアです。

染めた後あまり待ちたくない人におすすめです。

しっかりと染めて色持ち良くしたい場合は、放置時間プラス5分~10分ぐらい延長してもいいかもしれませんね。

◆泡タイプで塗りやすい「ブローネ ヘアマニキュア」

 

泡タイプで塗りやすいのが特徴です。

クシの間から泡で出てくるので、ワンタッチでお手軽に塗布できます。

しかし泡タイプはクリームタイプと比較すると「薄染まり」になるので、色落ちが早い傾向があります。

染まりや色持ちを重視するなら、クリームタイプと覚えておきましょう。

(その際は上記の利尻カラークリームがおすすめです。)

 

市販ヘアマニキュアでセルフカラーする際の使い方、上手に染める方法、長持ちさせるコツ

セルフカラーする時にあると便利なグッズ

ヘアカラー道具&毛染め準備グッズ

  • ヘアカラー用のケープ
  • イヤーキャップ
  • ヘアマニキュア対応コーム
  • 手袋
  • 保護クリーム
  • ヘアカラーリムーバー

なかには付属で付いているものもありますが、プロ用の道具の方がはるかにクオリティーが高いです。

必要なものが揃っているかどうかも、合わせてチェックしておきましょう。

ヘアマニキュアはお肌につくと取れにくいので、事前準備をしましょう

  • 顔周りの生え際や汚れが気になる部分に保護クリームを塗ります。
  • 耳にはイヤーキャップをします。(100均で購入できます)無い場合はラップで覆うようにします。
  • 手に付くと取れにくいので、塗布する際は必ず手袋を使います。
  • 服などが汚れないようにカラーリング用のケープがあるといいですね。

顔や地肌についた時は…

  • 濡れたティッシュペーパーで「すぐに」ふき取ります。
  • ヘアカラーリムーバーがあればいいですが、無い場合は石けんや洗顔フォームで代用します。

ヘアマニキュアのやり方

ヘアマニキュアのイメージ画像(カラーリング画像)

白髪の多い部分、気になる部分から塗布します。大抵の場合は「顔周り」「分け目」だと思います。

その際顔につかないように、前から後ろにコームを動かすようにします。(顔の方から後頭部へつむじに向かってコーミングするようにします。)

塗り終わったら髪全体にふんわりとラップをします。(頭皮の温熱効果で先着力アップ、乾燥を防ぎ先着力アップ。)

もし髪が長い場合には、ヘアクリップなどで一旦留めておいて、その上からふんわりラップしてください。(ヘアマニキュアが顔や首筋・服につかないように予防)

放置時間は説明書の所要時間を参考にしてください。(※ヘアマニキュアは長い時間をおいたからといって染まりが良くなるわけではありません。染まりにくい場合など髪質によっては5~10分は可能。)

放置時間終了後はヘアマニキュアの色が出なくなるまで充分すすぎ(手袋をしたまま)、いつも通りにシャンプー&コンディショナーで仕上げて終了です。

 

■ サロンドプロの動画が分かりやすいので、初めて使用する際はこちらもチェックしておきましょう。

「白髪が染まらない」「色落ちが早い」と悩まないために、上手に染めるコツをチェック

◆液ダレしない程度で、たっぷりと塗布した方がよく染まります。

◆1回目のカラーリングが終わった後、洗い流す前に白髪が特に気になる部分へ更にもう1度重ね塗り(二度塗り)します。

(二度塗りした場合はプラス5分~10分放置時間をおいてから流します。)

その方が濃く染まり、色持ちも良くなります。

 

塗布後は塗った部分を再チェックし、塗った方向と違う角度からクロスさせるようにもう一度コーミングした方が染めムラが起こりにくくなります。

◆全体を塗り終わって放置時間の間は、ラップをしましょう。

  • 頭皮の地熱で染まりやすくなります。
  • またヘアマニキュアが乾燥すると染まりが悪くなるので、それを予防する効果もあります。
  • 顔や服、まわりを汚さないためにも大切です。

 

◆髪に余計なもの(スタイリング剤や洗い流さないトリートメントなど)がついている場合は先にシャンプーを行います。

余分な汚れを先に落としておいた方がよく染まります。

 

1回10分で染まる利尻カラークリーム

利尻カラークリームのイメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

売上日本一のカラートリートメントメーカーからヘアマニキュアが新発売。1回10分で染まり、色持ちもUP。カラートリートメントの弱点「染まりが弱い」をカバーした白髪染め。

  • ヘアマニキュアタイプなのでしっかり染まる。
  • ジアミンアレルギーでも大丈夫。
  • ボリュームが気になる方にハリコシ成分配合。

髪の負担を減らしつつ1回でしっかり染めたい方にピッタリな白髪染め。カラートリートメントでは染まりが物足りないという方や、白髪染めのダメージにお悩みの方に最適なヘアカラー。

新発売キャンペーン【初回¥2,500】詳細はこちら

ヘアマニキュアに関する「Q&A」

Q&A

Q. ヘアマニキュアとヘアカラーの違いは何?

正確には、ヘアカラーとは「髪を染めるカラー剤全般」のことを指しますが、一般的には「アルカリカラー剤」のことをヘアカラーと呼んでいると思います。

なので「アルカリカラー剤」と「ヘアマニキュア」の違いについて簡単に説明します。

 

◆アルカリカラー剤は脱色剤を使用するので、明るく染めることも、暗くすることもできます。

  • おしゃれ染めも白髪染めもできます。
  • 染料には「ジアミン染料」を使用してますので、一度染まると色落ちしにくく、長持ちします。
  • 配合されているジアミン染料に対して、一定の割合でアレルギー反応を起こす人がいます。

 

◆ヘアマニキュアは脱色剤を使用しないので、明るく染めることができません。

  • 主に白髪染めに使用します。
  • 染料には「酸性染料」を使用していますので、ジアミン染料にアレルギーがある人でも染めることができます。
  • 色持ちはジアミン染料ほどはなく、シャンプーする度に少しずつ色落ちしていきます。

Q. 黒髪用のヘアマニキュアってありますか?

まず、ヘアマニキュアは明るく染めることができません。

黒髪に使用しても明るくならないことを知っておきましょう。

その上での話ですが、少しだけなら色味を感じる様にオレンジ色を塗布することで、日光や光の加減で少し地毛と違った感じを楽しむことができます。

脱色をしたくはない(髪を傷めたくはない)けど、地毛よりほんの少しでもいいから明るく見せたい場合に有効です。

 

※上記製品は美容師向け業務用品なので付属品などは何もありません。コーム、手袋、イヤーキャップなど必要なものは上の項を参考に、揃えてから使用するようにしてください。

※白髪部分へはそのままオレンジ色に染まるので、白髪がチラホラ混じっている場合にはオレンジブラウンなどのブラウン色が配合されているものを選ぶようにしましょう。

Q. ヘアマニキュアで染めた髪色の落とし方、除染方法を教えてください!

  • 重曹
  • シャンプー
  • リムーバー
  • ブリーチ
  • パーマ剤

など色々な方法がネット上で挙げられていますが、ヘアマニキュアを完全にキレイに落とすことはどれを使ってもできません。

ヘアマニキュアはアルカリカラー剤などの染料とは違う染料を使用しているためです。

ヘアマニキュアは色味のチェンジなども難しいため、明るい髪色にしたい際には注意が必要です。(色味のチェンジができない、しずらいから)

少し時間はかかりますが、シャンプーを毎日2回するやり方が一番ダメージがなくて良いと思います。

髪の色を暗くしても良い場合は、ダークブラウンやブラウンなどを重ねて塗って、暗さでごまかすという方法もあります。

Q. ヘアマニキュアの色落ちを防止する方法を教えてください!

ヘアマニキュアはその性質上どうしても色落ちしますが、色落ちをゆっくりにする方法をお教えします。

  • シャンプー後はすぐに髪を乾かす。(濡れている時に色落ちが促進されるため)
  • シャンプーの回数を減らす。(シャンプーで色落ちするため)
  • ヘアカラー用のシャンプーを使用する。
  • リンス、コンディショナー、トリートメントの使用を止める。(これらのものはヘアマニキュアと性質が似ているため、洗い流す時に一緒にヘアマニキュアが落ちやすくなります。)

Q. メンズ用ヘアマニキュアってありますか?

メンズ用ヘアマニキュアもありますが、女性用も男性用も内容は特に変わりはありません。

それよりもヘアマニキュアの機能性(使いやすさ、染色時間、持続力など)で選ぶ方がおすすめです。

メンズが女性用を使用する場合は「ダークブラウン」や「ブラック」などを選べは問題ありません。

Q. ジアミンアレルギーがあります。ヘアマニキュアしても大丈夫ですか?

ヘアマニキュアは「酸性染料」を使用していて「ジアミン染料」を使っていないので、ジアミンアレルギーがある人でも染められます。

Q. ヘアマニキュアではかぶれは起こらないのですか?

頭皮につかない場合は大丈夫ですが、塗る際に頭皮についてしまった場合には、ごくまれにかゆみを感じる方もあります。

それでもジアミンアレルギーになるほどの割合ではないですが、心配な方は頭皮ギリギリを塗るのではなくて、心持ち頭皮から離して塗るようにするのがおすすめです。

Q. ヘアマニキュアしてもよく染まらないのですが…

上記の「よく染めるためのコツ」を参照ください。

 

【まとめ】白髪染めの頭皮への影響が気になる際は、地肌に安全な毛染め「ヘアマニキュア」がおすすめ

  • 抜け毛が増えたり、髪が細くなって薄毛が気になる
  • 白髪染めで頭皮がヒリヒリ痛い
  • 白髪染めした後はかゆみが続く

こういった場合は白髪染めが影響している場合もあります。

頭皮が痛い場合には脱色剤が悪影響を及ぼしていることが多く、かゆみあったりかぶれたりする場合にはジアミン染料が悪影響を及ぼしていることがあります。

こういった白髪染めトラブルを回避するためには、「脱色剤&ジアミン染料不使用の白髪染め」をするのが一番です。

そうすることでこれらの症状をなくすことができるだけでなく、髪のダメージもなくすことができるので、白髪染めをしていてもツヤツヤの美髪でいることができます。

 

【ジアミン不使用】肌に優しい&傷まない白髪染め

【カラートリートメント】・・・ 安全性の高い化粧品染料を使用するトリートメントタイプの白髪染め。肌に優しくジアミンアレルギーでも毛染めでき、髪が傷まない白髪染め。

白髪染めヘアカラートリートメント「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」

【実質1本無料】お肌に優しい白髪染めカラートリートメント(詳細)

 

【ヘナ】・・・ 植物からの天然色素を利用し、100%天然成分だけで白髪染めできるヘアカラー。髪へのトリートメント効果があり、細毛にはハリ・コシ・ボリュームアップも。

⇒ ヘナカラーする際のおすすめはどれ? ◇高品質ヘナ/使い方/コツ/Q&A

 

【ヘアマニキュア】・・・ 爪のマニキュアのように髪をコーティングしながら染める酸性タイプの白髪染め。短時間で染まり、ツヤのある仕上がりが特徴。

利尻カラークリームのイメージ画像

新発売キャンペーン【初回¥2,500】利尻カラークリーム 詳細はこちら

カラートリートメント・ヘナ・ヘアマニキュアの中でも、今回の悩みに一番最適なのは、「頭皮につけないで白髪染めできるヘアマニキュア」です。

その理由としては、

  • カラートリートメントもヘナも頭皮につけないように塗りにくいし、もし塗れたとしてもムラムラになりやすい。
  • カラートリートメントもヘナもしっかり染めるためには長い待ち時間が必要で、カラーリングが大変。

カラートリートメントやヘナは地肌に優しい白髪染めですが、それでも頭皮にかゆみやかぶれなどの症状を感じる方もあるということから、やはり頭皮に付けないように塗るのが一番です。

 

ヘアマニキュアはこういった問題を解決している白髪染めです。

  • カラートリートメントやヘナと比べて染まりが良く、ムラになりにくい。
  • サッと髪に吸着するので短時間でも染まる。

そして頭皮につけないので、頭皮トラブルを起こしにくいということです。

 

一点注意したいのは、ヘアマニキュアは明るい白髪染めができません。

もしどうしても明るい髪色に染めたい場合には、「従来の白髪染めを頭皮につけないように塗布すること」が代替策となります。

頭皮や髪をダメージさせてしまうカラー剤になりますので、注意深くカラーリングするようにしてください。

 

従来の白髪染めで頭皮に付けないように塗りやすいものはこちら

 

以上、地肌に安全な毛染め「ヘアマニキュア」に関する内容でした。

 

⇒ 白髪染め 他の体験談はこちら

⇒ ヘアカラー いろんな体験談

 

 

白髪染めカラーリング中にかゆみ、ヘアカラー翌日に頭皮がかゆい。これってジアミンアレルギー?

市販でかぶれない白髪染めはどれ?ジアミンアレルギーでも使えるカラー剤と美容院の対応ヘアカラー

白髪染めで頭皮がヒリヒリしみる・痛いなど地肌弱い場合のヘアカラー対策方法

 

■ ヘアカラートラブルがある際のセルフカラーには「ノンジアミンカラー」、白髪染めなら「カラートリートメント、ヘナ、ヘアマニキュア」がおすすめ

 

【市販カラーや美容室の白髪染めを長持ちさせる方法】「すぐ落ちる…」と諦める前にヘアカラー用シャンプー、紫シャンプー、洗い流さないトリートメント、紫外線ケアオイルで対策!

ヘアカラーの理想的な間隔・頻度・最低期間の目安は?疑問に一挙回答⇒セルフカラー/白髪染め/おしゃれ染め/ブリーチ/黒染め/リタッチ期間/パーマ/縮毛矯正など

髪や頭皮に優しいシャンプー&トリートメント、その他ホームケア まとめ

1回10分で染まる利尻カラークリーム

利尻カラークリームのイメージ画像

<利尻カラークリーム HPより>

売上日本一のカラートリートメントメーカーからヘアマニキュアが新発売。1回10分で染まり、色持ちもUP。カラートリートメントの弱点「染まりが弱い」をカバーした白髪染め。

  • ヘアマニキュアタイプなのでしっかり染まる。
  • ジアミンアレルギーでも大丈夫。
  • ボリュームが気になる方にハリコシ成分配合。

髪の負担を減らしつつ1回でしっかり染めたい方にピッタリな白髪染め。カラートリートメントでは染まりが物足りないという方や、白髪染めのダメージにお悩みの方に最適なヘアカラー。

新発売キャンペーン【初回¥2,500】詳細はこちら